« ぱとらっしゅ | トップページ | 人生いろいろ »

2009年12月14日 (月)

坂の上の雲「国家鳴動」

これでもかというように、続々と

「大河ドラマのクレジットでトメになる」

大物豪華キャストが登場されてきます。

そして大トリはやはり渡大門団長@東郷平八郎でございました。

日本は日清戦争に突入していきます。

そんな中、正岡子規は喀血。病との闘いがはじまります。文字通り血のにじむ中で俳句を生み出していく子規。

そして秋山兄弟を見守る父が静かに亡くなりました。飄々としながらも子供たちを見習ういい親父でしたね。

そしてフランスから帰り、とうとう(笑)佐久間のお嬢さんと結婚した好古。野蛮人!とかののしってたお嬢さんはもっちろんツンデレの方向でしたということで。

3人の主人公の成長と経過の中、国家は列強を目指すべく、朝鮮半島での反乱に乗じて、大陸へと進行していきます。国益、という言葉が「とにかく強い国」としての存在感を示すことだった当時、戦争という手段が不可避だったわけですね。

さて、色々言われております豪華キャストネタですが、やったら義経と独眼流竜政宗のキャストが多いことに今書いてて気がつきました。さて、何人がかぶっているでしょうか。分かる人は大河通。(笑)

|

« ぱとらっしゅ | トップページ | 人生いろいろ »

コメント

ほんとに、大河のメンバーオンパレードですね。

このドラマに呼ばれてない人は実力ないのかも。。。って思ってしまうくらい(笑)

投稿: つぐみ | 2009年12月15日 (火) 00時12分

私の会社でその方々の末裔が、別部署の長をしてらっしゃいますが、
目つき鋭い
超強気
策略家
怖い

人です・・。

投稿: TAKE | 2009年12月15日 (火) 07時07分

ドモホルンリンクルの声・・・・

投稿: うぇた | 2009年12月15日 (火) 18時32分

>つぐみさん
>>実力ない
確かに。笑
本屋でガイドブックを見ましたが、
まだまだ大物俳優さんが登場します。
ただ、原作が男性だらけのおかげで
女優陣はあまり数が登場できないのが
ちょっとさびしいですね。

>ぎゃああーーーTAKEさーん
へえ~。末裔とは!
騎馬兵と海軍の作戦家だったわけですから
策略家ってのはよく分かりますね。
血は正直ですな。

>うぇたどの
ドモホ・・・
さてはお昼のワイドショーをよく見ているな。笑
(これのCM多い時間帯)

投稿: rin2@めずらしく早く帰れた | 2009年12月16日 (水) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/47022927

この記事へのトラックバック一覧です: 坂の上の雲「国家鳴動」:

« ぱとらっしゅ | トップページ | 人生いろいろ »