« 30代のストリートみゅーじしゃん | トップページ | one week »

2009年12月 6日 (日)

坂の上の雲「青雲」

第一回は亀田vs内藤戦の裏で視聴率17.7%と、思っていたよりはとれなかったんですね。苦笑

大学予備門に入学した子規と真之。

この当時の学生っていいですよね~。まさに青春という感じで。江ノ島への無銭旅行のくだり、まさにそのとおりで、なんとなく自分の大学時代を思い出します。・・・まあ今も大概なことをやっておりますが。

俳句や文学に傾倒していく子規に対して、自分の道が定まらず、結局は海兵学校に入学することを選んだ真之。そして旧松山藩のたっての頼みでフランスに行くことになった好古。

三者三様の選択でそれぞれの道を歩んでいきます。

それにしても。

松山の田園風景を描いた映像がすごくきれいです。稲穂の中を駆けていく絵ってのは日本人としての原風景のような気がして、これだけでもこのドラマみてよかった気がします。「屋根のある橋」はいったいどこなんだろう。

そんなわけでいよいよ日清戦争に突入していきます。

|

« 30代のストリートみゅーじしゃん | トップページ | one week »

コメント

本当にロケがものすごくきれいで、
ちょっとレトロがかった映像が
郷愁を誘いますね。
数年前、同期の研究室友人を
訪ねた際に、一緒に江田島連れて行ってもらいました。あーここが、って思った。
祖父も一応、海軍だったし。

それにしても、大河顔負けな
豪華キャストですね。
しかも、オーケストラの曲がめっちゃ
かっこいい。大好きです。

投稿: なおっぺ | 2009年12月 6日 (日) 22時19分

今回は、ちゃんとオンタイムで見れました。
ほんと、ロケにもキャストにも
お金かかってる感じ(笑)

子供を寝かすのも忘れて最後まで
見ちゃいました。

菅野美穂かわいすぎ~!!

投稿: つぐみ | 2009年12月 6日 (日) 23時46分

舞台が松山なんで、うーさんは喜んでみてます。大学が松山で、私も何回行った事か・・・
ま、時代が違うんで私にはよくわかりませんが・・・・( ̄Д ̄;;
そういや、義実家のおみやげが「坂の上の雲」にちなんだ、なんかやったなぁ。

前大河ドラマよりも人も何もかも豪華で、ちょっと楽しんでます。
うちでは、「謙信(もしくは上田教授)と納棺師がけんかした。」とか、「(西田)局長が・・・」とか、役には関係ない名称で呼んでます。

ところで、桃太郎侍のクレジットがでてたけど、彼はどこに出てたんでしょうか・・・・?

投稿: うぇた | 2009年12月 7日 (月) 13時14分

>なおっぺさん
音楽担当は久石さんじゃないですか!
ジブリ映画の人ですね。
キャストもすごいけど、音楽はじめ、
脚本諮問委員のメンバーなどできる
限りのスタッフを集めたって感じですね。
それにしてもサラ・ブライトマンは
日本で稼ぎますなあ。
コンサート2回も行ってる私ですが。笑

>つぐみさん
見られてよかったね。
お子さんも一緒に見よう。笑
ガキの頃のドラマはわけ分からなくても、意外と覚えてるもんですぜ。
管野美穂いいっすね。着物でダッシュする
姿がイイ!

>うぇたどの
桃太郎=児島源太郎
は上田教授が行ってる陸軍学校の
校長で、ワイン持ってきた人ですよ。
ヒゲでよーわからんかったかも。
松山は、2年前行ったときからすでに
坂の上~盛り上げ雰囲気でした。
3年にわたって放送される分、1年だけの
大河より、観光政策やりやすいやろうな。

最大のまちおこし起爆剤って
実は大河ドラマの誘致だと思うのですよ。

だからどこの自治体もこぞって誘致運動
するのですな。

投稿: rin2@残業開始 | 2009年12月 8日 (火) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/46953422

この記事へのトラックバック一覧です: 坂の上の雲「青雲」:

« 30代のストリートみゅーじしゃん | トップページ | one week »