« 忘年会だか | トップページ | 謹賀新年2009年 »

2009年12月31日 (木)

Survival dAnce

政治ネタで珍しくなにか書こうと思っていたネタがあったんですが、忘れてしまいました。

BGMにはTRFの懐かしの曲で。

職場で関わる人で、私と同年代の同性の人って実はなかなかいないんですよ。

同期でも顔をあわせる同性はみんな4つ以上年下という。

多少物事に対する考え方にギャップを感じるときはあるというか。あんまり何か変わったことをやりたがらないし、現状に対する不満を持ってても変えようという行動にうつさない。

まあ公務員になろうとしてなった人ってのは正直何かをやろうってことより、生活や雇用の安定を求めたがる人が多く、賢いけどハングリーさに欠ける、なんてことを誰かから聞いて、そりゃあかんわ~と思ったことがあります。

本当は他人のために役に立つ何かをやろうと思う人がなるべき職業だと思うのですがね、公務員って。
「安定」の部分が魅力になって飛びつく人が多く、またそういう人が難化した試験に受かってしまうという皮肉さがあるなあと。そしてそんな人はどうあっても公務員の世界でしか生きられない、他で生きる気もないという。

一番リストラ制度、勧奨退職を導入すべきなのは公務員なんだと思います、ハイ。
ただ、評価する上で難しいのは民間の成果主義ではかれないということ。
民間のモノマネで行政評価などしても、正直効果はあまり期待できないと思うのです。

実は民主党が一番するべきなのは公務員改革ではないかなと思います。

リストラや解雇が民間企業並みに背中にあれば、「やる気ださないと、こりゃかなわん」と思ってみんな少しでも改善していこうとか、前向きな考え方になるかもしれないかなあと。まさに出る杭は打たれる、組織です、未だに。

「クビにならない公務員」

ではなくなれば、日本は変わる、そう年の瀬に思いました。

そうなれば私も生き残れる自信はありませんが。(^^;

タイトルとひっかけてしまってオチがつきましたね。

|

« 忘年会だか | トップページ | 謹賀新年2009年 »

コメント

志の高い人が試験に受かるわけではない皮肉さ・・・よく分かるわぁ・・・。

公務員と言っても、いろいろだから一概には言えないと思うけど。

投稿: しゃる | 2009年12月31日 (木) 10時49分

>しゃるどの
あけましておめでとう!
私の言う公務員ってのは、
教員採用試験とか、市役所とか直接
一般の方々に関わる行政と教育関連の
職種かなあ。
もちろん一概にいえないと思いますが。
でも民間企業とちがってペーパー重視と
マニュアル面接はいい人物評価に
なってないと思う。
市役所の試験なんかまともな面接したこと
ない人が面接するから、マニュアルどおりに答えられればそれでオケーという部分が
強いかなあと思います。
公務員専門学校とか出てる人はまさに
そのマニュアルどおりにやってくるから
受かりやすいみたい。それが仕事になって
できるか、といわれれば疑問符が
ついてしまいます、ハイ。
まあ人によるしこれも一概には言えないけどね。

投稿: rin2@holiday | 2010年1月 1日 (金) 22時07分

公務員ってのは変に団結力強いから、
おそらく「リストラ」なんて言い出したら
団結して抗議運動しまっせcatface

しかし、阿久根市役所みたいな状況もあるしなweep
あ~なったら行政サービス停止するしねgawk

投稿: なると | 2010年1月 3日 (日) 22時29分

>なるとさん
既得権益の確保に対しては
公務員は敏感ですねえ。

阿久根市長・・・
あれはやりすぎですねえ。
いくら市民に対してのアピールといえども。もうすこし、実情をよく見て改革して
ほしいです。

投稿: rin2@holiday | 2010年1月 5日 (火) 07時24分

HINAKAです。

ひさぽん様

遅くなりましたが、明けましておめでとう様です。
風邪という体調不良に悩まされ(昨年始めも同じでしたから、たぶん時節の問題だと思うのですが……)年賀状が書けないまま、年が明けて、松が取れそうです……いや取れるな、確実に!

坂本龍馬、日本史上この人ほど謎に満ちた人物は、いないと思います。
身分制度の厳しい時代、武士とはいえ最下層の位置から、学問や何かに秀でた訳でもなく、何となく大物達と知り合い、何となく信頼され、結果として「大政奉還」や「薩長同盟」など、歴史の大転換に貢献した……。

いかに、京都の商家から信頼され、資金援助とか受けたとは言っても、同列に語られる事の多い、桂小五郎や西郷隆盛に比べれば、まるでスタート・ラインが後方です。
正直、彼が何故まだ身分制度の色濃い時代に、あそこまで多くの人々と知り合え、信頼を得て、活躍できたのか?
誰か、明確な回答を示された方は、いるのでしょうか?そして、案の定33歳で謎の暗殺!

日本史上において、何の地位も権力も後ろ盾も無く、1個人がこれほどの影響力を発揮した事は、後に先にも彼が唯一無二ではないかと思います。

という訳で、竜馬伝はともかくとして、最近特に気になっているのですが、「福祉事業」って何でしょう?という点です。
何だか、官民挙げて「就職難民の為の、福祉事業紹介」を大臣まで現場に乗り出して、説明会などをやっています。
理由はもちろん、「福祉事業」の人手不足と失業者の救済!ですが……。

保育士を目指して、保育科のある大学を受けて(この時点でも今時受験が厳しかったりします)、さらに介護士の資格も取る為に、介護科にも籍を置いている知り合いがいます。
とにかく授業は難しく、教科書や資料も難解で複雑なモノが多く、その上に1にも2にも「人の命と体を預かる使命感」が必要と説かれているのには、当たり前としてもクラクラします。
この辺の、取り組む姿勢や対応力は医師や看護士と、同等のモノが求められると明記されています。

それが、工場で旋盤を回して10数年とか、IT企業で事務処理ばかりとか、全く畑の違う経歴の人達を集めて、2週間の促成栽培で現場に送り出す!?
何だかまるで、戦時中兵員不足を補う為に、学生を徴兵し2週間の特別訓練?の後に、零戦に乗せられる……そんなNHKの特集番組と重なりました。

平時の戦闘機乗りは、エリート中のエリートで、100人が配属時には6人になると言う、厳しい選抜と訓練を受けていたそうです。

どちらも高い志と、厳しくも困難な教育を受けて、初めて現場に出る事を許される、仕事ではないかと思うのですが……。

こっちで人が足りないから、あっちの余った分野から回してくれ……悪しき共産主義社会の伝統的、公平平等回り持ち思想と何ら変わらない、文化大革命時に中国で大勢の文化人が農村へ農作業に従事する為に、強制派遣されました。
ソ連では、第二次大戦時に対独ソ戦で、指揮官は負けると戦死するか、銃殺されて、次々に文部・事務官僚が、指揮官として派遣されたそうです。

何だかそれと、同じに見えて仕方が無いのですが……。
要介護者は、人参や大根では無いのだと言う事を理解して、お役所はやっているのでしょうか?
懸命に、実習や試験に取り組む、知人を見ていると何だか、まったく違う世界のような気がします。

でも、同じ職場何ですよネ?

また、長くなりました!お許し下さい。

投稿: HINAKA | 2010年1月 7日 (木) 03時31分

>HINAKAさん
毎度の熱いコメントありがとうございます!
この時期の風邪は時間に任せて治すのが
肝要、と聞いたことがあります。
お大事に。

坂本龍馬に関しては、どうも司馬先生の
小説による人気の部分が大きいと思います。それまで知名度の低かった人物だった
そうなので、小説の力ってすごいなあと
思いました。
なぜあそこまで活躍できたか?
フリーメーソンメンバー説まででてきましたが、その疑問に対する答えが単純に人間的魅力で人をひきつけた、ということではないかなとも思うのですが。

>>福祉事業
福祉事業の予算付けの仕事をしている
立場としては、財政難のこの時代、そこすら聖域化してはいけない、でも個人的感情とのジレンマが正直ストレスではあります。

ただ、自治体ではまだまだちゃんと訓練を
受けた人でないと福祉の現場には
立たせられないという意識が
(少なくとも私の仕事の範囲では)
ありますので、その人件費の増額で現場と
財政という狭間で苦しんでおります。

現場に少し触れた身としては現場は
猫の手も借りたい、部分はあるそうです。
(現場によると思いますが。)

ただ福祉事業においても様々な仕事が
あって、実際に介護者や障害者に接する
仕事もあれば福祉施設の掃除や訓練器具の
運搬などアルバイトレベルのことも
福祉事業とくくることもできます。

明確に命を扱うことと、それ以外という
切り分けがなされて、プロ(介護福祉士など)とアマの仕事という区別を示して、雇用対策枠には後者を、ということになってればいいのではないかなと思います。

投稿: rin2@holiday | 2010年1月 7日 (木) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/47157999

この記事へのトラックバック一覧です: Survival dAnce:

« 忘年会だか | トップページ | 謹賀新年2009年 »