« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月29日 (木)

連休ですやん

連休です。上司による強制休暇取得命令のため、一週間のお休みになっちゃいます。

でも、何もない予定が、ぽつぽつ予定があるので遠方へは出かけられませんなあ。でもせめてどこか気分転換に出かけようかなあと思います。

とうとうJ課長にまんつーまん事情聴衆を受けてしまいました。職務上とはいえ、組織の幹部級の人が1人を心配してここまでしてくれるのはうちの出稼ぎ先もそうそう捨てたもんじゃねーと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

世の中いろいろ

久々に社会学の本を読みました。

「自殺論」

社会が安定しているほうが、自殺者が増えるという。

現代が安定しているとは思いませんが、戦争がなく、一部を除いて、生きるに精一杯という世情ではありません。

そういう社会のほうが精神的不安をあおるとか。

生きることに精一杯でなくなったら、他に悩みがいってしまうとか。結局人間、何かに必死になってないと、不安定になってしまうんじゃないのかなってことですよね。

「生きてることが辛いなら、くたばる喜びとっておけ」

「ファイト!戦う君の唄を戦わないやつらが笑うだろう

ファイト!冷たい水の中を震えながら登っていけ」

いまさらながらいい詩です。
前も書いたかも知れませんが。

それにしても春の気候が安定しないのは毎年のことながら。

あんだけ働いて、今もいろいろと精神的に肉体的にもしんどいのに、倒れたりしねーのが不思議です。普通の人より病弱に生まれているのにねえ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

草津の大名行列

ふらっと草津に行ってきました。といっても滋賀県でっせ。笑

宿場まつりがあるというので見に行ってみました。

出稼ぎ先とほぼ同規模の自治体のメインイベント、ということで、そんな規模を想定していなかったのですが、なかなかすごいイベントでした。

駅から商店街を抜けてメイン会場の市役所までの道のあちこちにイベントスペースや出店が設けられ、市街地界隈を使った文化祭、という感じです。そしてどれもこれもお金をかけたものではなく、手作り感覚で、まさに市民参加のお祭りという感じです。

立命館大学の草津キャンパスの学生さんたちもスタッフやアカペラ出演者などで多く参加されていたそうです。

行政だけはりきって市民はおいてけぼり、ってな感じではなく、みんなでつくっていくイベントってのはいいですね。

そうそう、以前私が強制動員された出稼ぎ先の古代衣装行列に一般で参加されてたねえちゃんをここのメインイベントの大名行列でも見かけました。なんという偶然!
こういう一般公募の扮装に参加するのが好きな人がいるんですね。
やはり市役所の職員も動員されたのでしょうか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍馬伝「怪物、容堂」

元・悪徳市議会議長の山内の大殿様と海軍訓練生を募る話をしに行く勝と龍馬。

初めて見る、元土佐藩主は底知れない恐ろしさを秘めた相手でございました。

アンタ功名~でその先祖の家来だったでしょ、と武田勝先生にツッコミ入れたくなりましたが。笑

そんなこんなで関西に旅立つこととなった龍馬。

また千葉道場を去る龍馬にお佐那さまはハートブレイクでございました。

一方商売に失敗した弥太郎はあろうことか坂本一家に泣きつくという。
このキャラはサイコーでございまするな。
金貸して!という弥太郎に対する坂本一家の冷たい目線がすばらっしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

いいのか!お役所管理

某公共ホールの貸し館予約にいったときのこと。

ホームページや案内書類では半年前から予約できます、とのこと。

そのルールにのっとり借りたい日の半年前にホールにいったんですよ。ホールの開館時間に。

係の人が

「すみません、あいにく予約が先に入っておりまして」

「ええ!?予約は今日からじゃ?」

「でも県主催等の大きなイベントのときは先に抑えることができるので・・・」

「でも、告知とかされてないですよね。」

「お電話でお問い合わせいただければ、お応えしたのですが」

・・・とんだ無駄足だったわけですよ。

受付のおねえちゃんを責めるワケにもいかず、すごすごと帰りましたが。

お役所施設って最低だと思いました。(`Д´)キーッ

なんか最近文句ばっかりの日記ですね、すみません。
前厄だからかな。

最近ほんといいことないです。とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍馬伝「勝麟太郎」

千葉道場の面々との再会と勝海舟との出会いでした。

みどころは

・江戸っ子武田勝先生

・江戸で勉強どうでしょう?饅頭屋がいた

・家茂公が登場すると、篤姫を探してしまいます。

・里見定吉先生、夏八木春嶽さんと大物俳優のそろい踏み

勝先生と龍馬の掛け合いが面白かったです。大河のテンポではないですね。

そんなこんなで私に会いに来てくれたのと思いきや、目的は勝に会うためだったということにガックシな千葉佐那タンでした。

(´・ω・`)ショボーン

さて、海を数百年ぶりに渡った咸臨丸の話から、幕府も藩もない、日本人として、の考えに目覚めた龍馬でございました。

咸臨丸に乗っていたトータス松本ジョン万次郎、福山龍馬とのミュージシャン競演ですな。

海を渡ってアメリカに向かった咸臨丸の話ですが、さり気にあの福沢諭吉先生も乗っていたことはマメ知識です。たしか、徳川埋蔵金を隠したと言われる奉行、小栗上野介もです。やっぱりじかに先進国を見た人たちは攘夷が無理だとわかって、国力増強を進めていったのですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

日常の中にある真実

コーラスをいっぱい見てきました。

楽しそうに歌ってる人、緊張している人、それぞれの歌がありました。聴いてて思ったのはその晴れの舞台の前にいろいろな苦労があって、そこにみんな立っている、ということです。でもその舞台の一瞬が「よかった」と思えるのであれば、それまでのしんどさやつらさと引き換えにできる価値があるかなと思います。それは上手、下手、出来不出来は関係ありません。

なんとなく登山に似てるなあと、いまさらに思いました。

それにしても、箱もさることながら規模が大きなお祭りでしたね。
地元紙も取材に来るという。

最近、悩んでるのですよ。人に負担を減らすように協力するから、とその言葉をうれしく思い、自分でやったほうが本当は早いのに、その心意気にうたれて仕事をふったら、しんどいのでできませんといわれ、そこをなじると、あげくのはてについていけません、とまで言われ、最後には逆ギレで、自分はダメで結構です、ですってよ。これではちょっと人間不信になりました。巷のゆとり世代ってこんなんですかね。(苦笑)

じゃあ、最初からそんな期待持たせること言うなよ、ってな感じです。どう言ってもできないのはわかってたけど、加えて拒絶されると追い込んだ結果となって、私自身がかなりしんどいですなあ。

何事においても、自分はダメです、を自覚していることを免罪符にして生きていくのは、私との関係以前に社会人としてダメだと思うし、ダメだけど、ダメな自分をなんとかしようと思う、という一言さえも言えず、逃げるだけはしてほしくないなあと思います。少しでも、ゆっくりでもいいので自分の言葉に真を通して、弱いからといってその相手から逃げない人間を目指してくれることを願わずにはおれません。負けたらまた立ち上がればいいのですわ。
群集の中で生きてる人は誰もそんなに勝ち負けにこだわってないと思います。

ま、これが陽明学でいうところの知行合一ですな。

そんな感じで哲学じみてしまいましたが、つかの間の残業がすくない時期ですので、上司による強制休暇取得命令が発動中。有り余る有休をお金で買ってくれるか、ほしい人にあげる制度ないですかね~。結局振り替え休暇も消化しきれずでした。う~ん、できない子だ。

今年こそ海外逃亡できればいいなと思います。英語・・・忘れたなあ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春眠

龍馬伝は諸般の事情で見逃したので土曜日の再放送待ちです、すみません。

所用で小学校に行ってきました。

新学期はじまってすぐなので新しい教科書が積まれてました。新学年の教科書をもらったときってわくわくしますよね。勉強きらいなのに。笑。
でも、置き勉しないいい子だったので全部持って帰るのが毎年重たかったです。しかも、小学校まで片道3キロだったので。

中学以外は全て遠距離通勤・通学だったおかげで鍛えられたような気はします。

う~んそれにしても寝つきと寝起きが悪いので春眠暁を覚えず、がうらやましい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

煮込みおでん

龍馬伝のOPの曲の冒頭、こう聴こえません?(笑)

春とはいえ寒暖の差が大きく、あったかいおでんは全然おっけーですね。

明日は合唱祭。

1000人近く収容の大ホールですが、市内外で活躍されてる音楽家の先生方にまぎれてど素人の私がピアノ弾くのかあ。そんな先生方にピアニストだと思われてるみたいですが、一度も習ったことないのですがね。かなり緊張しますがな。猫ふんじゃったももう、弾けないっての。

大学時代でもあの規模のホールで演奏はしたことないなあ・・・。

今から緊張してきたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

チョコレート戦争

こんなタイトルの児童文学を読んだことを思い出しました。

ラストのオチがなかなかよかった印象ですが、内容をよく思い出せません。

そんな感じで図書館に行ってみました。なんとドラえもんとエスパー魔美まで入荷されているではりませんか。エスパー魔美は今読んでも感動します。つぶれかけた人形劇団の話や、ガリ勉君の話、など希望あふれる話が素敵でした。ぜひぜひ今の子供たちにも読んでほしいマンガです。

それにしても、高畑さんの頭脳がほしいなあと思う今日この頃。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

飲まなきゃやってられません

そんなわけで平日から飲酒。

最近カクテル系に走らなくなったのは年とったからなのかと思ったり。

それにしても同じことをしようということにおいても、みんな考え方やスタンスが違うのは驚きです。そこに妥協点を見つけながらやっていくのが集団行動というものなんだろうなと思ったり。人に気を遣って溜め込んでいくことが必ずしも波風立てないでうまくやっていく方法ではないと思うのですがね。

とりあえず、仕事もたまるし、自分でまいた種とはいえ、半ばにしていろいろと今週は疲れたです。

今日は公会計の講習会に出席しましたが、?でした。難しいですよ、ほんと。固定資産の価値ってどうやって金額にするんだろう・・・耐用年数?

そうそう、井上ひさしさんが亡くなられたとのこと。「吉里吉里人」みたいなとことんふざけつつもそこに強烈な皮肉を込めた小説をかける人ってこの人しかいないですよね。ご冥福を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍馬伝「ふたりの京」

岡田以蔵の人斬り街道まっしぐら!

月9

平和な岩崎さん家

あたりでしたかな。みどころは。

武市さんのためなら邪魔者は殺す、という腐女子が喜びそうな設定で、夏コミには本が並ぶことでしょうよう。
(;´Д`)

土佐勤王党の勢力はピークに達し、尊皇攘夷まっしぐらです。

いっぽう龍馬は以蔵や加尾と再会します。

武市さんとは違う考え方を模索しようという龍馬は、勝海舟の名を聞き、江戸へ行こうと決意します。龍馬オタク武田鉄矢との対面ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

努力せざるもの、何事も成さん

他人にこの理論が通じないのはつらいですな。うん。

やるまえからできません、というのが大嫌いなのですが。

正直、そんな人たちと一緒に何かをやろうという気にならねーです。

努力しないと切られる世界にいたものと、ぬるい世界にいる人間の違いなんでしょう。

うん。

でも、弱肉強食が全てではないのでしょうけど。

とりあえず、怒ってはいませんが、とても悲しくなりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

お片づけ

机を掃除しました。

異動できないはらいせに。笑

出るわ出るわ資料の山。

とにかく資料が全てという仕事をやってますので、シュレッダーしないとすぐにたまるという。

12月補正の資料とか。

社会人なってからまともにきれいな机で仕事したことがありません。

仕事のできない人の机、という典型的な例でございます。

う~ん、せめてブックスタンドでも持ち込むべきですかね。

いい資料の整理のやり方を教えてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

龍馬伝「さらば土佐よ」「お尋ね者龍馬」

二週分です。

吉田東洋の暗殺と、脱藩劇。

吉田を暗殺せよという武市さんの考えには納得できなかった龍馬は、土佐を離れる決意をします。家族にまで影響が及ぶことを分かってながら、龍馬の生き方を後押しする坂本一家。そのみんなそろっての家族愛に感動いたしました。

一方武市はとうとう暗殺を決行。

第一部MVPの暗殺により土佐勤王党が勢力をもちます。

そして第二部はドリーマーからアドベンチャーになってました。

お尋ね者となった龍馬ですが、旅の中で別人のようになった龍馬。相変わらずいいように使われるけれども、なぜか龍馬の暗殺も捕縛もできない弥太郎でした。

さて、幕府では金八@勝海舟が登場。

全然どうでもいいですが、記者といい、弥太郎といい、金八先生といい、功名が辻の出演者がちらほらとかぶってるのは同じ土佐ネタとして創始者とその子孫としてわざとでしょうか。

中岡慎太郎が上川さんだしね~。(笑)

んなわけで。

岡田以蔵の人斬りとしてのはじまりを見て、黒笠のモデル!と思ったアナタはるろ剣ファン♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

こすぷれ。

出稼ぎ先のイベントで古代衣装のコスプレをさせられました。

動員にあたらなくてラッキーと思ってたらなぜか前日に急遽一本釣りで参加させられるという。

どうせ動員なら姿が見えない着ぐるみ希望だったのに・・・!

夜のイベントでめちゃくちゃ寒かったです。
しかもハタチ前後の子供たちに一人三十路で紛れ込まされて・・・。

しかも衣装、なかなかええ感じでしたが、薄いし!

途中に会った某幹部職員のおっさんどもに、

「誰やあれ?」

「ほれ、あの、財政の・・・」

「メガネかけてないと別人やな・・・」

とひそひそ言われてるのが丸聞こえやっちゅーねん!

うう・・・仕事とはいえ、マジつらかったです。

写真は一部の職場の人にのみ公開ですので、載せません、
あしからず。

そうそう、BGMに姫神の「未来の瞳」が使われていましたが、縄文がテーマの曲だろ!と突っ込みを入れたくなりました。雰囲気で古代に使ったんですね。
なかなかがんばったイベントだな、と思いましたが、音楽好きとしてはこういうところにもちゃんといきわたってほしいものです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

年度がわり

年度末の3日連続飲み会ってね。

最初に連れて行ってもらった天理の豚しゃぶのお店がおいしかったです。レタスと豚のしゃぶしゃぶで、ダシにつけて食べるという。このアイデアがよかったです。

新年度になりました。

でも私自身は変わっておりませぬ。新人さんもうちのフロアにはこねーし!しくしく。

年度の切り替えに伴い、ひたすら書類やデータ整理に追われる毎日です。それにしても1年では覚えきれませんでしたな、うちの課の仕事。

夏までちょっとだけ残業が減って、また決算が待っているわけですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »