« 財源充当中 | トップページ | 頭の回転の速さに感動 »

2010年6月20日 (日)

龍馬伝「寺田屋の母」

マザコン龍馬でした。

京都では蛤御門の変が勃発。薩摩によって長州が撃退され、都から撤退せざるをえなくなります。尊王を信じて行動した長州藩がかわいそうなところですね。

それにしても尊王の中心は元は長州藩ではなく、水戸藩だったりするのですが、安政の大獄や内部でのつぶしあいで人材がいなくなり、明治維新では表に出てこなくなってしまったのですね。水戸藩がつぶしあいなどしなく、維新の中心になっていれば歴史は変わったかもと思いますが。御三家ですし。

さて、長州征伐に意をとなえたおかげで、マユ無し徳川慶喜の怒りにふれ、勝先生もお役御免となってしまい、海軍操練所も閉鎖。龍馬たち脱藩浪士は行き場を失ってしまいます。海軍の夢がつぶれてしまい、苦境にたたされてしまうわけですね。

土佐では絶賛拷問中。痛々しくてしかたありません。苦しむ以蔵を見かねた武市さんは弥太郎に毒饅頭を以蔵に食べさせるよう頼みます。

こちらも長州と同じくお殿様を信じて行動したのに・・・悲しい結末を迎えるわけです。

|

« 財源充当中 | トップページ | 頭の回転の速さに感動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/48679301

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝「寺田屋の母」:

« 財源充当中 | トップページ | 頭の回転の速さに感動 »