« Neverending story | トップページ | 山形の旅 »

2010年8月15日 (日)

龍馬伝「亀山社中の大仕事」

長州のために軍艦と銃を買い入れること。

亀山社中のお仕事です。

しかし、グラバーには相手にされず。

そこで奥の手は

薩長同盟のネタばらし!

ヲタ話ですが、かの豊臣秀吉も墨俣一夜城の建設のため、尾張の盗賊蜂須賀小六に協力を依頼しましたが、そのとき、彼の信頼を勝ちとるためにやったのは、城の設計図の情報公開!要は手の内を見せねば相手は信頼してくれない、逆にいえば手の内を明かせば相手も乗ってくるって話ですね。

そんなわけで近藤長次郎の活躍で無事商談も成立し、薩長同盟にまでこぎつけたのでありました。しかし、そんな長次郎には退場フラグが・・・。

でも今週の一番の悲しどころは、

龍馬伝紀行の解説にて

サギで財産失った大浦慶さん・・・。(´・ω・`)ショボーン 

どの時代にでもいるんですな・・・。

|

« Neverending story | トップページ | 山形の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/49155310

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝「亀山社中の大仕事」:

» 龍馬伝 第33回「亀山社中の大仕事」 [あしたまにあーな]
今回は商人坂本龍馬の姿を視聴者の目に焼き付ける内容となりました。前回までで西郷吉之助が長州と手を組むことに対してYESと言い、それを受けて今回は長州側の桂小五郎と高杉晋作が呼応して、どうやったら長州に軍艦と銃を行き渡らせるかが内容のポイントとなったのです。 始めの部分で、桂小五郎はものすごい形相で兵士の育成を行なっていたのですが、龍馬からの手紙が来るやいなや、複雑な表情をしながら高杉を呼びます。高杉は銃や軍艦が手に入ることを素直に喜んでいてわかりやすい反応だったのですが、桂は今回最後まではっきりと嬉... [続きを読む]

受信: 2010年8月15日 (日) 23時19分

« Neverending story | トップページ | 山形の旅 »