« 手紙 | トップページ | 超今更ながらスタイルシート »

2010年8月26日 (木)

生か死か

うちのHDDを整理していたら、このサブタイのときの風林火山の録画がありました。2chで太い眉に両津姫、と呼ばれつつも高貴な姫さま役の柴本幸さんは好演だったなあと思います。

死といえば、夏場は不幸ごとがたいへん多いです。

小学生の頃、ダイの大冒険のポップじゃないですが、すごく「死ぬ」ということが怖くて怖くて夜も眠れないくらいに怖くて。ちょうど親族のおばさんのお葬式に初めて行って「死」というものを知った頃でしょうか。1年くらいそれで眠れなかったような。

それで出した答えがどうせ死ぬなら、生きなければいけない、かなんかだったと思います。今思えば哲学的な考えをガキの頃からする変わった子だったんですね。

よく、心の病な方が、自分なんていないほうがいい、と思うようになると聞きますが、誰にも必要とされないなら、自分のために生きようと思えればいいんじゃないかなと思います。

まあ、まずいなくなっていい人間なんていないと思いますが。

自分がいなくなればいいと思うのは、その「自分がいなくなってからのみんな」はどうかを考える訳で。それが自分がいなくなったらみんなどうするだろうと、自分が人から必要とされたい願望が強い証拠なのかなと思います。それを認めれば、自分のためでもよし、他人のためでもよしと自分の生きる意味もどこかに見出せるのかも知れません。

哲学や倫理学は奥が深いです。

|

« 手紙 | トップページ | 超今更ながらスタイルシート »

コメント

私も、小学生くらいのとき、死ぬのが怖くて怖くて、死んでからどうなっちゃうのか、お父さん、お母さん、弟たち、お友達とは一緒にいられないってどういうことなのか、誰も教えてくれないし(当たり前だけど)、こういうことはあんまりおおっぴらに聞いちゃいけないことなんだってなんだか変な風に大人だったから、1人で悶々としていたときがあったなあ。
正直、今でも死んじゃったらどうなるんだろう?真っ暗なところで1人でいなきゃいけないのかしら??なんて思い始めたら怖くてちょっと眠れないこともあります(子どもか!)
自分がいなくなってから、って私は仕事をやめるときに考えたなぁ。
それまでは『私がいなくちゃ!私がやらなくちゃ!』って思ってたけど、そうでもないんだ・・。って気づく機会があって。
代わりなんてなんとでもなるし、やりたいことがあるなら、方向転換もありなんだ。って思えたので会社を辞めました。
『菊池さんがそれだけ会社のために頑張っても、会社は菊池さんの幸せを保証してはくれないよ。自分中心に考えていいんだよ』って言ってくれた先輩がいたことも大きかったなぁ。
って人の日記にどんだけ自分のこと熱く語ってんねん!私。ごめんやで~。

投稿: マイちん | 2010年8月27日 (金) 09時33分

タイトル見て、何があったんや!?ひさぽん!!!とか思ったけど、そうですか・・・姫しゃまのタイトルでしたか・・・・(覚えてねぇっcoldsweats01

私は死ぬってのが怖いと思った事はなくて、高校生位かなぁ?友達がすっごく怖くて夜も寝られないって言ってたの、思い出しました。
そして今は高齢者相手の仕事してると死について考えるのが非常に身近でして・・・・confident
死は生の反対じゃなくて、日常の一コマなんだよ。昔は家で死ぬのが普通だったから。死を遠ざける(特別に思う)必要はない
。って聞いて、妙に納得したのを覚えてます。
高齢者は自分の死後の事までちゃーんと考えてるからね(うちの仕事相手だけかもしれんが)
それに引っ張られて私も「こんな風に死ねたらなぁ~」と妄想しております。
理想はピンピンコロリですが。
そして家にはジジババが勢ぞろいしておりますので、今後、直面することは多いんでしょうなぁ~・・・・・ふぅ

投稿: うぇた | 2010年8月28日 (土) 05時06分

>マイちん
いやいや、暑いのに熱い語り
歓迎ですよ。笑
「替わりなんて~」とおっしゃった
先輩はなかなか達観されてますね。
自分中心でいいんかなあと思ったことが
ありますが、他人のために、といっても
所詮は自分がそれで満足したいという話を聞いて、人は人の中で自分のために
生きてるんだ、と思って自由になれた気がするなあ。

>うぇた
そうか、日常にある死、医者の友人も
同じようなこと言ってたなあ。
できるだけピンピンコロリは私も
そう思います。
大河ドラマでよくある演出ですが、(笑)
昔ってこういうパターンが本当に多かった
みたいですね。ハイ終わり!って感じで
潔くていいんじゃないかと思います。

投稿: rin2@眠たい | 2010年8月28日 (土) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/49260951

この記事へのトラックバック一覧です: 生か死か:

« 手紙 | トップページ | 超今更ながらスタイルシート »