« 龍馬伝「薩長同盟ぜよ」 | トップページ | 9/3 »

2010年8月31日 (火)

じごくのそうべえ

とある市内の子供ミュージカルのみなさんが演じてらっしゃる題目です。

絵本のベストセラーでもあり、死んで地獄に落とされた軽業師のそうべえが仲間とともに地獄の試練を知恵でかわしていくというお話です。ガキの頃、面白いよ、と勧められて読んだんですが、確かに面白かったです。これ、今更知ったのですがこれ「地獄八景亡者戯」という上方落語が元になっていたのですね。

大人になって読んでも面白いなあと思うのはベースがしっかりしていたからなんですね。

ちなみにこの落語「地獄八景亡者戯」は一時間以上かかる大ネタだとか。

そういえば某落語朝ドラでも取り上げられてましたなあ。

|

« 龍馬伝「薩長同盟ぜよ」 | トップページ | 9/3 »

コメント

知ってる~!
私も好きだった!このお話。面白いよな~happy01
落語も聴いてみたいな~。
そういえば落語朝ドラをやっていたとき、ほんの1ヶ月だけではあったけど、NHKでアルバイトをしていました。
執務室内にTVが置いてあって、お昼休みはおじさんも若者もしっかりちりとてタイムでした。

投稿: マイちん | 2010年9月 1日 (水) 08時46分

>マイちん
とざい~とうざい、のそうべえは
さっちゃんたちにも是非読み聞かせて
あげてください!
NHKでバイトとはうらやましい。
ちりとてはほんと、面白かったな~。
地獄八景~は師匠が最後に演じようと
したネタでしたね。

投稿: rin2@眠たい | 2010年9月 1日 (水) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/49307829

この記事へのトラックバック一覧です: じごくのそうべえ:

« 龍馬伝「薩長同盟ぜよ」 | トップページ | 9/3 »