« 旅に出るよの来週 | トップページ | 勉強会。 »

2010年9月12日 (日)

龍馬伝「龍馬の妻」

瀕死の状態からお龍さんの看病でなんとか復活した龍馬。
健気な女の人はステキです。大和なでしこです。

無事、桂さんからの同盟に署名も済み、薩長同盟が成立します。

さて、お尋ね者となった今、薩摩へ向かうことを西郷さんから提案された龍馬は、ここで別れたら、二度ともう会えないじゃんよ!お龍さんに、プロポーズ(?)

女性のほうに

「会えなくなってもいいんかい?」

と聞く龍馬、ズルいぞ!Σ(゚∀゚ノ)ノキャ
こうしてお龍を妻にすることにしたのでした。

史実では寺田屋の前あたりに結婚していたみたいですが。
ドラマだとこのほうがドラマチックなのか(^^;

お佐那様かわいそう・・・。(´;ω;`)

一方久々に登場の大殿様&後藤象二郎様

時流を見る目は戦国の時代から山内家は強いなあと。

龍馬の目先にとらわれたらダメとの言葉をそのまま後藤に伝える弥太郎。とうとう覚醒しますた!笑
材木屋から、鉛筆屋への華麗なる転身の一歩ですたい!

さて、長崎でお元さんとお龍さんの火花が散ったりしましたが。

来週の新婚旅行で第3部終了だそうな。

高杉さんもとうとう、吐血・・・

ラストスパートです。
龍馬の暗殺以後の弥太郎の活躍もやってくれるんですかね。最終回の後に正岡子規に転生されますが。時代が近いだけに、年寄りの方は何が何やらわかんないに100ペソ!

|

« 旅に出るよの来週 | トップページ | 勉強会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/49428953

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝「龍馬の妻」:

» 龍馬伝 第37回「龍馬の妻」 [あしたまにあーな]
生死の境をさまよっていた龍馬は、なんとか薩摩藩の助けを受けて命を救うことになります。目を覚ました龍馬のことを何よりも喜んだのがお龍でした。この献身的な看病が、龍馬にお龍と夫婦になろうという決意をさせたのでしょう。今まで様々な女性から好意を寄せられてきた龍馬が行き着いたのはお龍という「龍」つながりなのもなんだか運命的なものを感じます。 目を覚ました龍馬は次第に回復し、薩長の同盟文書にサインをするという重要な仕事を成し遂げます。これで名実共に薩長は手を結ぶことになったのですが、後にその文書を木戸が長州藩... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 22時03分

» 大河ドラマ「龍馬伝」第37回『龍馬の妻』 [徒然”腐”日記]
暑っつぅ~朝涼しかったから油断してたよ今ムシムシしてるぅぅぅさて、先日の高熱の余韻からか頭がぼわわ~~~んとしてるてんぽ~ですえ?それが素だろうって?・・・・そうかも知... [続きを読む]

受信: 2010年9月13日 (月) 15時28分

» 龍馬伝~第37話「龍馬の妻」 [事務職員へのこの1冊]
第36話「寺田屋騒動」はこちら。 前回の視聴率は16.8%。もうちょっといくかと [続きを読む]

受信: 2010年9月13日 (月) 21時06分

» 龍馬伝、一目惚れだったようです!! [函館 Glass Life]
今週のハイライト{/star/}{/star/} 何と言っても後藤象二郎に初めて刃向かった弥太郎{/cat_7/} 下士中の下士弥太郎が目覚めた瞬間です。 後藤象二郎とタッグを組み明治維新へと向かう二人 に注目です{/face_fight/} 政治感覚は抜群、金銭感覚に全く疎かった後藤と真 逆の弥太郎。 この二人も幕末の土佐を支えた傑物だったと言って も過言ではないのです{/kirakira/}{/kirakira/} ところで やはり今週は龍馬とお龍の結婚がメインテーマのよ うですね{/kaer... [続きを読む]

受信: 2010年9月14日 (火) 19時10分

« 旅に出るよの来週 | トップページ | 勉強会。 »