« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

気が付いたら11月

あっというまに年の瀬でございます。

龍馬伝、録画でなんとか2週分見たので、明日以降3週分まとめて感想書きます。

来月いっぱいで終わるのがさみしいわ~。

及川ミッチーが大久保利通とは!このミュージシャン勢ぞろいなキャストはアーティスティックなこのドラマならではでございますな。

それにしてもうたまつりの事後処理会計に追われててなかなか早く帰れません。

ところで藤原宮跡にてわたしにプレゼントくださった方はどなたでしょう?

マジで分からないんですが。(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

コスモス畑とせんとくん

うたまつりは一応終わりましたが、来月からいよいよ始まる予算編成。

締め切りが近いので一日中電話鳴りっぱなしでした。

システム操作や提出書類の説明に終われ、一日中しゃべってた気がしてしんどかったです。普段無口なんですけどね。でもこれが終われば今度はヒアリングという一日中人の話を聞く仕事になります。うへえ。いつ私はゆっくりできるんだろうか。。。

あ、出演者の方が提供くださった写真等、コスモス畑とせんとくんの写真をのっけます。

せんとくんの中の人、30分近く着ていて大変だったでしょうね。

介添えの人(?)がせんとくん、いつ倒れるかとたいそう心配して早々に連れ帰ったそうな。(苦笑)

Pa240017

畝傍山が正面。

Pa240023

せんとくんの哀愁ただよう後姿。

Cos

そしてこれがコスモス畑。
アカペラグループ・わらしべちょうじゃのMさんありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

無事終了

第3回かしはらコスモスうたまつり、無事なんとか終了しました。

参加&来場くださった皆さん、ありがとうございます。

裏側を申し上げますと、恐ろしくバタバタでした。

日ごろの仕事の合間に準備をしていたので、そう簡単に仕事を休む訳にもいかず、1週間前になると、あれもない、これも準備してないと、ほとんど寝てない状況でした。副委員長2人、よくどっちも疲労で倒れなかったなあという感じです。

メインイベントの藤原宮跡のコスモス畑での大合唱ですが、当日の降水確率が50%となっていた前日の時点で会場を体育館に変更しよういう流れでしたが、ミルフォードトラックで3日ピーカンだった私のここぞというときだけの晴れ女(普段は軽い雨女)パワーに賭けて、雨判断を12時に延期して、あとは運を天に・・・の格好になりました。

当日、曇り空になってきた12時の時点で相当迷いましたが、飛鳥方面のまだ残る青空に賭けて、予定通り実施の判断をして準備にとりかかりました。

そして、なんとか奇跡的に天気は終了まで持ちました。

ここぞというときのギャンブルには強いぞ!私。

いやー空の下の音楽って原点に戻る形でいいですね。
コスモスが一番の見ごろだったので、それをバックに理想どおりの形で演奏することができました。

さて、終わるには終わりましたが人事に報告書提出、反省、残務処理とあと一週間は落ち着きそうにありません。

来月北海道行くまでには終わるといいなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

かしはらコスモスうたまつり開幕!

てなわけで今日から2日間、奈良の橿原で音楽祭やります。

奈良新聞さんありがとうございます!とうとう実名が新聞記事にさらされてしまいました。

えんえんと料理作ってたっていうね。眠たいです。ぐうぐう。

お近くの方で時間があれば是非。

何故か私も歌います。

カントリーロードとか。(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

あと数日。

コスモスうたまつりの準備と来年度予算で、マターリとは程遠い日々となっております。

今週金曜日、奈良テレビの夕方の某情報番組でお知らせをしてもらえるみたいです。
どこから情報が回った分かりませんが。
加えて地元紙にも取材を受けました。
ひょっとしたら記事が載るかもしれません。

つーか、大阪府民だからテレビも新聞も見れませんですってよ。

数日前になって配置とかも決まってないってどういうことやねんという感じですが。

しかし、話が大きくなりましたなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

重要伝統的建造物群保存地区の本島

国内の主要な観光地はほとんど周ってしまった今、次なる国内の旅は標記の場所を巡ること。

まあ、いの一番は地元と出稼ぎ先の日本を代表する寺内町でございますが。

てなわけで、行ってきました塩飽本島の笠島地区。

どこ?といわれそそうなその場所は香川県丸亀市内になる瀬戸大橋の近くの小さな島です。

瀬戸内海の交易の拠点だった場所で、古い町並みが残っている知る人ぞ知るような島。

島へむかう途中の船で、地元のおじさんにさえ

「本島知ってるなんて、珍しいね」

と言われましたもん。

それでもかつては一つ、大きなリゾート施設があったそうですが。

てなわけで町並みを歩いてまいりました。レンタサイクルで行こうとしたら、あいにく貸し出しで(さすがだよ・・・)歩くことになっちゃいました。

「ええ運動になるで~」ですってよ!

101010_1327171_3

101010_1331231

101010_1304241

町並みでアート展などもやってまして、なかなかよかったです。ガラス細工のオブジェなど、見ごたえありました。

老齢化で人口減少の中、なんとか島を活性化したいという地元の願いで、市から補助金をもらって、かつて咸臨丸の乗組員がいたことを題材に、街おこしイベントをするそうです。

仕事柄、こういう取り組みはうまくいってほしいなと思います。

しかし忙しいのに強行軍で出かけるから風邪ひくんですよね。

明日はリハだというに・・・苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍馬伝「さらば高杉晋作」

土曜日の再放送でお送りします。

「心・配・ご・無・用!」

・・・香川@弥太郎にやらせるあたり、NHKのセンスを感じますな。

海援隊が発足し、さっそく亀山社中のツケの始末をつけさせられる弥太郎。

さすがです。

さて、死期が近づく高杉晋作。

そして龍馬の大政奉還に同意し、木戸さんに訴える晋作。熱い漢です。

海で龍馬とふたり、夢を託す姿に泣けました。

一方龍馬と結んだ後藤は元ARBな長崎奉行に龍馬について問いただされますが、毅然とカステラをほおばってかわします。このシーンでNG出したら大変だろうなとしょーもないことを思いましたが・・・。
(^^;

そして撮影スケジュールの調整の都合か、思い出したように(笑)土佐の初代藩主、もとい中岡慎太郎さん再登場。
彼は武力倒幕を説きますが、平和的な倒幕を目指す龍馬と、道は違えども、改革への道を目指すことで結託。

いよいよラストに向けて話が動いていきます。

そして奇兵隊の人々とともに最後の花見を終えた晋作はその生涯を終えてしまいます。

「人が死ぬのはなぜだろう・・・・」

「その役割が終わったとき、でもその役割が人に継がれていくから、はじまりでもあるのです。」

龍馬とお龍さんの会話になんとなくこの話の核が見えたような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

SPECとカリオストロ

大河以外、まったくドラマをみなくなったんですが、「ケイゾク2!」(仮)の情報につられて見てしまいました。(笑)ドラマ、SPEC。

竜雷太さんが引き続き出演してますが、基本はケイゾクとは別物。未詳事件というよう分からん内容の事件を取り扱う係の事件簿です。

TRICKとケイゾクを足して2で割ったような感じでした。一瞬カツラの矢部ちゃんが警視庁に!

インチキ霊能力を暴いていく、というのではなく、逆に超能力を持ってる人間がいる、という設定なのはかなり新鮮かもしれません。

主役の変人刑事の戸田嬢と無表情の刑事加瀬さんコンビはあまりなじみのないイメージですが、意外と面白かったです。

主題歌がなかなかかっこいい。

ちなみに裏ではカリオストロの城がやってました。

いやーいいですね、何度見ても。
カリオストロ伯爵のいかにも悪役に悪役!って感じがステキです。
ラピュタのムスカと並ぶ宮崎駿映画悪役ツートップです。
なぜかヒロインをさらうロリコン(?)なところも共通してステキ。

でも一番この映画の主役はとっつぁんですたい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

龍馬伝「清風亭の対決」

18分間の長まわしで撮影されたそうな。

後藤象二郎と坂本龍馬の初会談。

薩長に近づけという土佐のお殿様の命のもと、後藤も長崎に。

龍馬の存在の大きさを改めて知らされた後藤はその存在を利用すべく、龍馬に会おうとします。後藤の命で龍馬を探す弥太郎。なかなか見つからずお元さんのところでふて飲み(?)しているところへなんと龍馬が登場・・・。

Σ(゚Д゚;)アラマッ

ってな感じ。

後藤という男と話がしてみたいと、弥太郎の心配ツンデレをよそに、龍馬は後藤に会うことに。

ふすまの向こうに控えた部下たちの中、大政奉還の野望を後藤に説く龍馬。

その大きな野望と土佐藩が国を動かすことを目指した後藤は、龍馬と手を組むことを決意したのでした。

草々さん、なかなか迫力満点で、今までみたいことない悪そうな後藤象二郎の存在感がステキです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

せんとくんと音楽祭と近況

更新頻度が落ちてます。原因はいわずもがな・・・。

うたまつりはやっとステージ出演者の調整がついて、あとは機材と会場調整でございます。

地元の高校のボランティア部が協力してくれることになり、当日の人手についてはこれで一安心です。

あ、せんとくんもやってきます。

多分会場を歩いていることでしょうよう。あんまりアクロバティックな動きは予算の都合で期待しないで下さい。苦笑

仕事も来年度予算の準備の話になってきて、マレーシアから帰ってきたら担当部署が決まってたというね。でも案とのうわさですが・・・。

そんな職場の話ですが、国際交流の一環でインドネシアから中学生がやってきて、上司2人の家にホームステイすることに。

英語が不安との上司ですが、まあ、大丈夫、ボディーランゲージは世界共通です!

ところで、外国の方が来るたびに、周囲の人は私は英語がペラペラと思われてるみたいですが、んなこたなあい!(><)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

龍馬伝「霧島の誓い」「馬関の奇跡」

みどころ。

・福山龍馬の温泉サービスショット。
・・・お龍さんのほうがいいけどなあ。

でもあの露天風呂いいですね。川沿いの。

・ハリボテの鉾。えくすがりばー?
SE効果が余計に安っぽいよ!(><)

・池内蔵太さん・・・遭難・・・(´Д⊂ヽ

・子役の無理やりな方言演技がカワイイ。

・・・

まあこんな感じですが、馬関戦争のみどころは、みなさんのご期待通りにやってくれました、高杉晋作!

まさに狙ってやってるとか思えませんよ。

キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!

ですよ。

キタ━━━━━';・(゚Д´(〇=(゚∀゚)=〇)`Д゚)・;'━━━━━ッ!!!!

ですよ。

三味線を弾きながら颯爽と銃弾の中を行く晋作先生!

銃弾の中、酒を飲む数年前のGACKT上杉謙信を思い出しました。

この演出の監修は原哲夫先生ジャマイカ?

と思うこの頃でした。

まあそんなわけで第四部の最終章!大政奉還に向かって動き出します。

そしていよいよ、後藤象二郎が覚醒しだしました。

龍馬とどうやって手を組んでいくのかが楽しみでござる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »