« 気が付いたら11月 | トップページ | 龍馬伝「龍馬の休日」 »

2010年11月 1日 (月)

龍馬伝「いろは丸事件」「船中八策」「雨の逃亡者」

三週分まとめて感想でござる。

みどころ。

・中尾巻で登場の長崎勘定奉行様

・激熱リーチばりの船中八策読み上げ中岡

・及川ミッチーがもう40代だということにオドロキ

・お元さんとの永遠の別れになるであろうイギリスへの旅立ち

・SPであることをほのめかすガンマンお龍さん

・万国公法。

・弥太郎の真っ直ぐな自分の夢だけに突き進む身勝手さが爽快!

・パックンのアーネスト・サトウ。マックンはどこだろう。

・ユニバーサルインシュアランスの社長(だっけ?)時代のダークさがステキな長崎奉行様。

・大政奉還の平和的解決を目指している土佐に対し、薩摩・長州の武力倒幕派の水面下での対立構造。

こんなところでしょうか。

中尾巻はどー考えても狙ってるなと思います、ハイ。

|

« 気が付いたら11月 | トップページ | 龍馬伝「龍馬の休日」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/49908227

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝「いろは丸事件」「船中八策」「雨の逃亡者」:

« 気が付いたら11月 | トップページ | 龍馬伝「龍馬の休日」 »