« 龍馬伝「土佐の大勝負」 | トップページ | 不動七重の滝 »

2010年11月21日 (日)

龍馬伝「大政奉還」

徳川慶喜役の人がなかなかいい味出してます。眉無し不気味さがステキ。

土佐の山内家から出された大政奉還の建白書は幕府内で物議をかもします。

そりゃ政権を返すという前代未聞のこと。

それを決断するには相当の覚悟がいることですが。

建白書の依頼以後、待つしかない龍馬たちです。

弥太郎は自分のカンパニー設立の夢に向けて着々と商売を重ねていきます。戦こそ商売の時期とみた弥太郎ですが、そこに大政奉還の知らせがあり、ひそかに大政奉還が成すことに賭けていた弥太郎は大政奉還の決定の知らせを聞く前に銃を売りさばいてしまいます。

ま さ に ツンデレ!

そして懐かしい金八先生こと、勝先生再登場。

龍馬の大政奉還を聞きつけ、やってきます。

大政奉還こそが日本のはじまり、そう言った勝先生。のちに徳川家の存続、江戸城無血会場へと続くわけですね。

そしていよいよ次回最終回。

龍馬を邪魔に思う薩摩・長州そして幕府。

龍馬を暗殺するのは誰ですかね。

|

« 龍馬伝「土佐の大勝負」 | トップページ | 不動七重の滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/50094311

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝「大政奉還」:

» 龍馬伝 第47回「大政奉還」 [あしたまにあーな]
龍馬伝最大にして最後の大きな出来事である大政奉還の時がやってきました。山内容堂の建白書を慶喜に提示する後藤象二郎の風貌は怪しさにあふれていて、特にもみ上げ部分については少し手入れをした方がいいんじゃないかと思わず感じてしまい程で、本編と関係ないところで気になってしまいます。 一度出してしまった建白書を慶喜がどのように受け取るかは分からないと落ち着いていた龍馬も、ただ何もしなかった訳ではなく永井玄蕃頭に直談判押してこれが功を奏し永井玄蕃頭から慶喜に対して大政奉還の進言をしてもらう結果となります。 今回... [続きを読む]

受信: 2010年11月21日 (日) 23時14分

» 龍馬伝~第47話「大政奉還」 [事務職員へのこの1冊]
第46話「土佐の大勝負」はこちら。 前回の視聴率は15.7%。最終回近いというの [続きを読む]

受信: 2010年11月23日 (火) 11時50分

» 大河ドラマ「龍馬伝」第47回『大政奉還』 [徒然”腐”日記]
龍馬伝もあと1回今回は歴史的大事件「大政奉還」の話・・・・・なんですが相変わらず緊迫感が今一つ慶喜公の苦悩は役者さんの表現力に頼るのみ永井玄蕃頭と龍馬の会見(全くのフィ... [続きを読む]

受信: 2010年11月24日 (水) 06時36分

« 龍馬伝「土佐の大勝負」 | トップページ | 不動七重の滝 »