« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月23日 (木)

1万回だめでも10001回目は?

がんばってもどうしようもないときってありますよね。

本当の意思を伝えられないとか、永遠に理解してもらえないんじゃないか、とかへたれてしまうときもあるかもしれない、でもそこであきらめたらそこで終わってしまう、あきらめるかどうかですねんね、とどのつまり。

とまあこんな感じで、仕事に追われてしまっております。

差し入れに頂きました金ちゃんラーメンを毎夜のごとく食べておりまして、不健康生活この上ありませんねえ。体重計にのるのがこわいなりよ。

さて、先日、某所にてフルマラソンに挑戦してきました。忙しくて疲れてるのにそれに輪をかけて疲れさせてみました。おかげで仕事もたまるし、土日祝日ありません。

マラソンにはほとんど興味なくてやんない人なんですが、友達に誘われて、まあ自分からやることないもんだし、一回くらいは、ということで出場。本番一月前あたりからちょこっと走ってはいましたがそれも二週間くらいのことで、仕事がたてこんできてそれどころではなくなりました。11月の金沢マラソンが唯一の練習らしい練習でした。ほとんどぶっつけ本番。

いや~

しんどかった・・・。

42.195km

長かった。20kmあたりで膝が痛くなって走れない状態に。収容車に乗せてもらおうとヘタレてしまいましたが、なんと救急車以外でかえる方法はないとのこと!

・・・

走って帰るしかないんですよ。

大分歩きましたが5時間50分かけて帰り着きました。

ふらふらで歩けなかったんですが、沿道のハイテンションな方々の応援のおかげでなんとか帰れました。

帰ってきてもしばらく歩けませんでしたが、最近やっとまともな生活ができるようになりましたとさ。

まあでもゴールしたときは登山でいうところの山頂についたような達成感はありました。

いい経験だったと思います。まだまだがんばれる自分に出会えましたYO!

もう一回走れ、といわれたら当分遠慮しますが。苦笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

坂の上の雲「子規、逝く」

見逃したので再放送で。

正岡子規の淡々とした死でした。

死に臨んだとき、残りの命を知りながらもせいいっぱい生きるというのがステキですね。

いずれ自分も死んでしまうとき、そういう臨みかたをしたいものでございます。

そして兄の世話から開放された律さんは自分の人生を歩み始めます。

ツッコミとしては子規と見舞いに来た真之の様子が一部の○女子狙いの演出かと思いましたYO!

あとは令嬢さんたちのコスプレパーティー(?)で石原さとみん登場の前に義経と静御前の演目があったのはネタですかね。

話は乃木中将の登場に、一部で登場した軍人たちの再登場と、ロシア戦に向けて役者が揃ってまいりました。

そうそう、エンディングの背景の山、どこか気になって調べてみたら長野県の小蓮華という山だそうです。薬師岳あたりかと思いましたが。ハズレでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

坂の上の雲「日英同盟」

あのオープニングの謙さんのナレーションを聞くと涙ぐみたくなりますね。

一年置いての第2部のはじまりですよ。

ってか再放送を見てないので内容うろ覚えです。
3年かけたドラマってあまり世界でも類をみない感じですね。

さて、今回は侵略するロシアに対抗するため日英同盟を結ぶまでです。

ロシアとの協商を試みたものの、袖にされた伊藤博文の落胆ぶりがちょっとかわいそう。

そしていよいよロシアとの決戦になるに従い、駐在武官の広瀬さんも帰国することに。

らぶり~姫様アリアズナとの悲しい別れになってしまいますが、これ別にドラマとしての創作じゃないそうですね。

国と国との都合で引き裂かれてしまうのはかわいそうだい!

さて、来週は弥太郎、もとい子規の死期が近づいてきます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

大河ドラマ50周年

正月2日にこんな番組が

大河ドラマ50作すべて見せます

http://www9.nhk.or.jp/taiga/

BS hiですってよ。

必見!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »