« 大河ドラマ50周年 | トップページ | 坂の上の雲「子規、逝く」 »

2010年12月 5日 (日)

坂の上の雲「日英同盟」

あのオープニングの謙さんのナレーションを聞くと涙ぐみたくなりますね。

一年置いての第2部のはじまりですよ。

ってか再放送を見てないので内容うろ覚えです。
3年かけたドラマってあまり世界でも類をみない感じですね。

さて、今回は侵略するロシアに対抗するため日英同盟を結ぶまでです。

ロシアとの協商を試みたものの、袖にされた伊藤博文の落胆ぶりがちょっとかわいそう。

そしていよいよロシアとの決戦になるに従い、駐在武官の広瀬さんも帰国することに。

らぶり~姫様アリアズナとの悲しい別れになってしまいますが、これ別にドラマとしての創作じゃないそうですね。

国と国との都合で引き裂かれてしまうのはかわいそうだい!

さて、来週は弥太郎、もとい子規の死期が近づいてきます。

|

« 大河ドラマ50周年 | トップページ | 坂の上の雲「子規、逝く」 »

コメント

再放送も、見てました。
本放送も見てました。
ナレーションも好きだけど、私は
エンディングテーマが好きです。
1部のときの歌詞無も良かったけど、
今回は歌詞がついたんですね。
歌ってみたいなあ・・・。
CD出てたら買おうかな、サントラ…。
ロシア令嬢との悲恋も良かったけど、
あの武官同士の友情も凛々しくって
切なくて、好きでした。

投稿: なおっぺ | 2010年12月 5日 (日) 22時14分

アリアズナって覚えにくい名前だよね~。
毎日再放送を見てました(笑)
ほんとナレーションいいよね、誰って
思ったら謙さんだったわ。
広瀬さん役の方ははじめて見る
役者さんですが、とってもいい感じですね。

投稿: つぐみ | 2010年12月 6日 (月) 00時58分

>なおっぺさん
いちどきいたら頭にのこる曲ですね。
サントラはすでに1部と2部で発売中
みたいです。

>つぐみさん
NHKといえば謙さんですよ!
広瀬さんって昔は武官の鏡として
銅像が江戸にあったくらい
有名な人らしいですね。
あの役者さんの無骨な感じがステキです。

投稿: rin2@眠たい | 2010年12月 9日 (木) 07時07分

武道か何かの選手だったって、
読んだような気がします>広瀬さん役。

荒城の月の場面、
日の出のシーン、
別れのシーン、
皆心に残っています。

投稿: なおっぺ | 2010年12月11日 (土) 21時41分

>なおっぺさん
水泳の選手だったそうですよ。

投稿: rin2@眠たい | 2010年12月18日 (土) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/50220249

この記事へのトラックバック一覧です: 坂の上の雲「日英同盟」:

« 大河ドラマ50周年 | トップページ | 坂の上の雲「子規、逝く」 »