« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月29日 (火)

ふらっと西へ

西へ西へと行ってきました。唐突にふらりと放浪したくなるのです。

Tiran

知覧の武家屋敷群。伝統的建造物群保存地区。
特攻会館では涙を誘われましたよ。

このあと鹿児島からフェリーで喜界島へと渡りました。
奄美大島の隣に位置する小さな島です。
隠岐に続く流刑地ツアー第2弾!

Kikai1

喜界島 スギラビーチでの夜明け
なんともいえない荘厳な夜明けでございました。
フェリーが朝の5時半についてしまったもんで。

Kikai2_2

ガジュマルの木。
とにかくでかい!

Kikai3

Kikai4

上は展望台から海を臨むの図。
下はサンゴの石垣。ハブのいない島だからこそ残ったとか。

自転車で島を一周半してきました。一周は32kmだとか。

自然に触れるというのはいいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

江「猿の人質」

母と義父を失い、秀吉に引き取られた三姉妹。

一方お市は亡霊となり、この世にファンタジックにナレーターとしての役割を全うすべく、とどまります。さすが義経に続くファンタジー大河!

猿への憎しみはあれど、おねの懐の深さに触れた三姉妹。

母の思い出を胸に三姉妹で片寄せあい生きていく決意をします。

しかし、織田信孝が自害し、着実に信長の跡を継ぎそうなものを始末していく秀吉。

それに危機感を感じた織田信雄は徳川家康に近づきますが、当の家康は慎重派。だってお父さんなんですからって。

薬吹き出しはコントでしょうか。

さて、そのような秀吉の動きに釘をさすため三姉妹は秀吉に詰め寄りますが、秀吉は茶々に市の影を見出します。

こりゃまずい!と思った江は姉を守る覚悟を決めることに・・・。

なんかキャストが色々と他のドラマでもかぶっててデジャヴ感があるのは何故でしょうか。

ただ、大竹しのぶさんだけはなんとなく異彩を放った存在感です。
そういえばこの人の出てるドラマをまともに見るのは初めてだったり。
大内りく役で登場の元禄繚乱は見てないので・・・。
大昔は於大の方(家康のママ)役だったそうな・・・

そうそう今回の登場の京極龍子(=松の丸)さんですが、初にとってはキーパーソンでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月26日 (土)

また異動

昨日、内示がでて、また異動ですってよ!

一度も動いていない同期もいる中、5年目で3箇所目。

いいかげんにしてくれ!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

教育委員会の社会教育課らしいです。

職場も変わります。

まあ元々行きたかった所なので業務内容としては、財政に行かされたときよりはいいのですが、覚えてきた矢先の2年ごとに異動させられてたまったもんじゃないぜよ。
仕事と環境が変わるだけでストレスになるのに・・・。

まあ余計なことしまくってJ課に嫌われてるからしゃーないですけどね・・・・。

転職の構想を着々と練ります。苦笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

PIECE OF MY WISH

なつかしJPOP特集かなんかの番組で表題の曲が出てきましたが。

当時、「平和は私の願い」だと思ってました。英語がようわからんかったので。

正しくは「願いのかけら」だったわけですが、どっちでもいいような内容の曲です。

今更ですが。

寒が戻っている気候ですが、職場ももう年度末ムード。
春からの人事異動や機構改革が気になるところですが。
その準備でちょこっとまた忙しくなってまいりました。
取り扱い注意文書が回ってきましたが、こういう秘密主義はあんまり好かないのう。

で、それまでちょっとだけ時間ができたので数ヶ月ぶりの有休をとって数日また放浪してきました。西のほうの流刑地中心です。

mixiやtwitterでもつぶやいてますが、地震でなんやかんやととにかく自粛モード。
どこの自治体も軒並みイベントや祭りは中止に縮小と、昭和天皇崩御のときを思い出しました。たしかに被災者の心情を思いやるとそんな気分にもなれないかもしれませんが、今を生きてる私たちは日常のありがたさを再確認して、追悼の意を忘れずに粛々と日常を過ごすことこそ、募金よりも一番できることではないのかなと思います。

そしてシンディ!日本で歌ったあなたはcoolだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

江「わかれ」

一週遅れで放送再開。

坂の上の雲との放送スケジュールの兼ね合いから、最終回は2時間スペシャルとかになるんかなあ。

義父勝家、そして母・市との涙の別れです。

・・・次回からナレーションは誰かに交代するんでしょうかね?

二度の落城を目の当たりにした三姉妹、これから波乱の人生がはじまるわけです。

鈴木保奈美さん、昔のフジのトレンディードラマ(死語だな・・・)全盛期女優のイメージが強かったんですが久々に復帰作ということで、堂々とした母親としてのいい芝居するようになりましたね。女性は強いなあ。

市と、三姉妹との別れはついつい涙を誘われました。特に初とのやりとりが、この後の歴史を知っているだけに・・・・・。

そんな感じで。

秀吉が悪いなあ。。。
でもなんか憎めないのは岸谷さんだからでしょうか。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2011年3月13日 (日)

日本が称賛

あんだけの災害なのに被災地で略奪や暴動が起きない、それが日本人の「和」なのだと某海外ニュースでほめられておりますが。

確かに海外では災害に乗じていろいろとありますが、日本ではほとんどなく、みんなが助け合っていると。

古くからの惣組織や結といった日本人独特の互助の精神がまだ根付いているんだなとちょっと感動しました。

さてさて、明日から関東では計画停電ということですが、関西は特に何もなく、出稼ぎ先はどうするんだろうなと思いますが。トップの判断ですかね。
防災関連の職場でもないし、通常業務、といったところでしょうか。

ボランティアなんか今は正直受け入れる状況じゃないだろうし。

何かしてあげたいというのであれば、とりあえず、募金が一番いいかなと思いますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

放送延期

地震により13日の江は放送延期だそうです。

そりゃ、そうですよね。テレビ番組がBSも含めて全て地震関連。

津波の被害をリアルタイムで見てしまったのですが、自然の脅威を改めて知りました。

天変地異が世界中で起こってるのは何かの前触れですかね。

とにかく被害者ができるだけ少ないことを祈ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

ドラえもん映画。

鉄人兵団の

「ザンダクロス、信号を止めろ!」

このせりふに緊張感がすごかったですよ子供心に。

旧作を改めて読み返すと宗教戦争や人間社会に対する皮肉も込められていたり。

もう15年くらい経ちますが、手塚治虫氏といい、藤子F氏といい天才が早く亡くなられるのは残念でございます。

リメイク版の出来が気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この目を閉じる前に

私がこの目を閉じたなら

二度と開けることはないだろう

小さな墓石に私の名が刻まれ

時を経て緑の苔を纏うだろう

たったひとつ望む事は

"寂しい"と悲しんでほしい

ヒーローにはなれなかった

だけど私はここにいたから

私の体は花に包まれて

棺の中に眠るだろう

名誉はいらない富も必要ない

だけどわたしはここにいたから

たったひとつ望む事は

"寂しい"と悲しんでほしい

ヒーローにはなれなかった

だけど私はここにいたから

人は大事な人を失くしても

失くした自分に悲しみ泣く

だから私も悲しんでほしい

だって私はここにいたから

------------

全くどういう心境だったんでしょうか。大昔詩作するのが趣味だったのですが。おそらく何かの哲学書かなんかに影響されて作ったもんだと思います。生死について考えた第二段階の時期で、出した答えがこんな感じなんでしょうね。
あえて解説するのもどうやねんという感じなのですが、自分が死ぬとき、せめて誰か1人でも悲しんでくれる人がいたらなあと、そういうエゴを隠さない人間であれと思ったんでしょう。
こういうことするからさり気にイタい人だったなと(今でもか?)。自戒も込めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

江「義父の涙」

勝家義理パパと秀吉との決戦へ!

ってな感じです。

スイーツ大河特有の女性陣のキメ科白

「戦は厭にございまする」

ですな。

まあ本心はいつの時代でもそうでしょうが。

戦国時代に嫌戦モード全開にされてもなあというのが大河オールドファンのぶーたれ。

それにしても

男のプライドを守るため仕方なく勝家を送り出すことに決めた三姉妹と市ですが、お守りにと手作り袋を作って渡す江(主人公)。

ベタですね。

まあ戦国ファミリードラマですからこれに突っ込むのも野暮というものということにしてくだされい。

ところで包丁で指を切ってしまい(ToT)
キーボードが打ちづらいので今週はここまででご勘弁を。
次回の落城がが1stクールのクライマックス、というところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年3月 4日 (金)

偽計業務妨害?で逮捕

巷のネットへの入試問題投稿騒動ですが。

逮捕される、というのもなんともはや。

業務妨害、という意味では確かに犯罪なんでしょうけど。

某掲示板でありましたが、不正(?)に情報漏洩し、業務(公務?)妨害、ということで尖閣諸島の漁船衝突映像流出者は逮捕されず、大学入試問題をネットに流出したら逮捕、しかも未成年・・・という点ではどーいう基準やねんという感じですね。

まあ試験監督のザルさが露呈されたという点では騒ぎ立て過ぎで、こういうカンニングの方法はこの予備校生以外でも誰かがやってんじゃないかなと思います。科挙の時代からカンニングってのはあったのでありますし。

怖いなと思ったのが、予備校生のネットの共有性の高さや汎用性に関する認識不足です。京大やら早稲田を受験するくらいの学力なら簡単に足がつくことくらい考えつかなかったのがどうなんだろうかと。勉強はできるけれど常識は・・・、という典型的な例ではないかなと危惧するわけですよ。

でもこの事件、ちょっと大げさだな、と思うのは私だけではないはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »