« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月28日 (火)

タイムリーな・・・

るろ剣実写映画化・・・

http://natalie.mu/comic/news/52057

数年前、いっときガセで流れましたけど、こんどはホントみたいっすね。

・・・

で、メガホンをとる龍馬伝の大友監督、いつのまにかNHKをやめてたとは。NHKらしからぬアーティスティックな演出方法はNHKだから際立ってよかったんですが。脚本がちょっと、と思いましたが白州次郎の映像はよかったですなあ。

これ基本はバトルものだから実写って大変だと思うんですが。九頭龍閃とかどうやんだろ・・・。CG・・・?ただの殺陣にかえるんなら、幕末~明治版ハードボイルドな雰囲気はいいかもしれませんが。いかんせん登場人物の格好がキテレツ(←友人談)なのは再現されるもんなんでしょうかね。つか同じ殺陣バトルなら無限の住人のほうがリアルっぽいんですけど。主人公の不死身設定以外は。

私前後の世代が好きだった漫画がやったらリメイクされたり映像化されたりするってのはそれだけ面白かったり記憶に残るってことなんでしょうかね。

まあ平泉とは違って(苦笑)生暖かい目で見守ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

平泉世界遺産登録!

出稼ぎ先よりも(笑)絶対に世界遺産になってほしい、世界に認めてもらいたい、と切に願っていた平泉が登録決定でうれしいですよ。登録に関しては震災の同情票は感じられますが、東北が大変な今、過去の人々が築いたものが残されていくものであるという価値が世界に認められて喜ばしいことかなとは思います。

世界遺産登録による観光のツールとしての可否、という側面は以前書いたようにあるんですが、それを抜きにして、私が初めて一人旅をしたのが東北=平泉だったわけです。雪の残るこの静かな、そしてどこかに粛々とした雰囲気の中、雪国の中で生きてきた人の浄土への思いが遺跡にこもっているようで、建物はなくとも、ここにある当時の日本とは違う独立国家的な芯の強い地域の存在の気配を感じたことを思い出します。まだ若い学生で未知の地だったせいもありますが、当時感じた感覚は今でも覚えております。

要はかつての中央から離れた地の栄華を感じる独特の雰囲気がよかったんですよね。

お、なんかルポライターっぽい文章ですね。(っぽい)

ま、この旅の続きで白神の雪山で遭難し、2年前の夏の富山山中で道に迷っての遭難と併せて私の人生夏冬2大遭難事件というシャレにならない事件が起きますが。(笑)

これからの平泉、どういう風になっていくのか見守っていきたいです。
某所のように安易な観光地化だけは避けてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

江「利休切腹」

大和郡山城が登場したぜい!

奈良出稼ぎ人としては是非皆様訪れてくださいネ!

ってなわけで。

秀次が亡くなってしまいました。結構いいキャラだったのに。っていうか袴田さん久しぶりに見ましたYO!いっときよくドラマに出てたのにね。

さて利休と秀吉の確執ですが、

秀吉の自らを太陽になぞらえる傲慢さに自由都市堺の利休はがまんがならず、

秀吉の下では茶を点てたくはない、と。

なら、切腹を、

ということに。

秀次の遺言も忘れられてしまい、豊臣政権の脆弱性を生み出すことに。

そこへ主人公の江がなんかからむみたいですが。
(゚∀゚)

ま、史実は曲げられないので、とりあえずエグザイルな人とラブコメでもやっててくださいってなかんじですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年6月25日 (土)

夏のごはん

春先に九州(喜界島&鹿児島)を放浪してきましたが、帰りに立ち寄った宮崎で、郷土料理の冷汁を食べてきたのがこれ。↓

Hiya

味噌と魚のすり身をといてきゅうりを浮かせた冷たい汁を麦ご飯にかけて食べるという夏の定番料理だそうです。ちなみに隣は鳥南蛮。

いや、これがけっこうおいしかったです。

家でためしてみましたが、魚が無いので鶏肉で代用して鳥とそのダシを味噌でとくという。
いやなかなかこれが冷汁に近くておいしかったです。宮崎の人には邪道とおこられそうですが。

いや、この暑さで食がすすまないってもんですよ。
なんとか食べれるものを、と考えていきたいですねっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

BRAND NEW TOMORROW

今日は夏至ですよ!

ってな感じで。

それにしちゃあ熱くて蒸しましたなあ~。

職場への道のりが遠いですよ。

車通勤への誘惑に負けるこの頃。

職場で

「オオトリケイスケって知ってる?」

と聞かれて

「幕末の人ですか?」

と答えてしまった私。

すみませんちょっと歴史マニアな話です。

そういえば最近歴女ブームの影響なのか歴史番組多いですね。

ちょっとライトな感じの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東北応援大河?!

再来年の大河ドラマが決定しましたってよ。

新島八重って・・・名前とダンナと看護婦

ってキーワードしか出てこないっす。

私が無知なのか・・・?

朝ドラ向けの人物じゃないですかね・・・?

しかも主演は綾瀬はるか・・・ってJINはこのための予行演習ですか?

まあ東北への元気づけのために大河ドラマもからませるってのはなんとなく分かるんですが。ちょっと篤姫以上にマイナー人物ではないかい?まあ大河ドラマは地域おこしのキラーコンテンツだってことがみんな分かってるのでこういった復興支援もありかなと思います。東北のヒーロー、伊達政宗に藤原三代はやったし、他にピンとくる人物があまりいないのでこういうのもアリなんでしょうが。

会津藩主ってことで保科正之とかではダメだったんでしょうか・・・。推してる団体があったはず・・・。う~ん、でもマイナー度合いではそんなに変わんないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

ラブコメ殺人マンガ(笑)72巻

まだまだ買い続けております。

コナン72巻です。以下ネタバレ

まだ終わらんのかい!

とおもいつつ。とうとう新一の姿で蘭ちゃんに告白してしまったと!

キタ━(゚∀゚)━!

・・・正直このマンガの主役カップルは鉄板なのでどうでもいいです!(苦笑)

どちらかというとツンデレの蘭ママのほうが個人的にはgdgdしてほっしいっす。

でもすぐコナンに戻ってしまったんですが。

作者の青山さんはサンデー作家らしくラブコメ志向ですよなあ・・・。

黒の組織の気配はこの巻では無かったっす。
なんだかんだいいつつ黒の組織からみの話は面白くなるんですけどね。

そういえば連続ドラマ化されるんですってね。
金田一少年みたいにドラマがマンガを超えられるかは微妙ですが。

初代新一は小栗旬だったそうですが、溝畑くんではどうでるか?
(ドラマ版は見たこと無い)

いい年して買うのが恥ずかしいけど、10年以上も買い続けてると途中で止められません。

どうでもいいけど去年あたりにやったルパンとのコラボアニメみたいんすけど。
こないだ久々にアニメ見たら、おっちゃんの声が替わって悲しかったです。。。
神谷さ~ん(´Д⊂ヽ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

江「人質秀忠」

ラブコメの常套パターンは

出会いは最悪!

ですね。

さてそんなわけで旭さんがお亡くなりに。

しかし、旭の代わりに母、なかに秀忠の元服をしてもらう秀吉。

それは政治的な思惑だと冷めた目でみる秀忠。

さすがに妹を亡くした秀吉にそこまではという江。

どうやら二人の意見は食い違っております。

そんな互いに印象が悪く、二度と会わないだろうといってるそばから小田原で再会するという。ま、小田原の戦いは、大概その大河の主役は史実になくても登場するのが大河ドラマクオリティ!もう気にならなくなりましたYO!

しかし秀忠の江に会ったときの

「あなたはどこにでも顔を出しますね。」

はワロタm9(^Д^)

何気に視聴者の言葉を代弁してくれていてGJ!!

一方利休に対して疑念をもつ三成。徐々に秀吉との間に溝ができていきます。

それにしても石坂兵ちゃんと欣也さんが同じ画面におさまっているのはなかなかいいですね。歴代大河の大物俳優同士、画面に重みがあります。

今回は秀忠の江に対するつっこみだけで十分ですたい!

これで半分か・・・話がやっと動いてきたような。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

作業中BGM

ちょっと作業中なのでBGMはようつべで。

スパニッシュ(ラテンアメリカ系)の名曲をアカペラコーラスで。

ttp://www.youtube.com/watch?v=ChPiUJHrGFw

音質イマイチだけどこれはカッコイイ!

歌詞がすごくよいです。

'pan de esperanza'

希望のパンという言葉づかいがステキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のワイン

こんなタイトルで書くとワイン通っぽいですが、

んなこたぁないっす。

まあ酒はなんでも好きなんで飲みますが。(そんなに強くないけど。)

最近スーパーで売ってる安いワインはほっとんど酸化防止剤入りになってまして。天才料理人で敏感な味覚を持つ私(笑)にはそれが分かるわけで。

なんか防止剤入ってると独特のニオイがワインの芳香にまじってうまさを半減させてるような気がするんですよね・・・。

長持ちさせるためとはいえ、これはできるだけなんとかなんないもんですかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

TMと天と地と合戦

レボリューション!って言われてしまうご時勢に悲しくなります。
いや、西川氏は大好きですよ。

元祖TMといえばタイーホされたこの人ですが・・・。

ttp://www.youtube.com/watch?v=Iy5P9bEkP54&feature=related

なんとオリコン1位とってたんすね・・・。

ttp://www.youtube.com/watch?v=DsCoIlR3KX4

他に↑これも。覚えている方いらっしゃいます?(笑)
思いっきりバブルの時代の映画だなあ・・・。
カナダで川中島の合戦のロケっすよ。
しかしNHKもスイーツ(笑)大河やるくらいならこれぐらいの合戦シーンをやってほっしいっすよ!戦国時代なのに合戦シーンのない大河ドラマなんて。(゚Д゚)
いや、別に戦いが見たいわけではないんですが。(^^;

まあ戦国もネタがつきてきたので「壬申の乱」とか「承久の乱」をあつかってくんないかな。ドラマ的にも面白いと思うのですが。特に壬申の乱はいろいろ人間関係も複雑でやりがいあると思うけどなあ。

壬申の乱をやるならうちの出稼ぎ先が舞台となりますし、いい地域おこしだと思いますが。

ま、妄想はここら辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

るろ剣再アニメ化!?

といふ噂が・・・。

まあやるなら、人誅編の最後までやってほしいな・・・。

って見るのか?(笑)

ジャンプマンガでアニメが原作の最後までやったのってドラゴンボールとアラレちゃんくらいしか記憶にないのですが・・・。

いや、出稼ぎ先に剣心と宗次郎の中の人がやってきたそうなんで。

そういえばドラゴンボール改ってのが朝にやってるんですね。

昔のドラゴンボールのリメイク(?)的に・・・。

なんか、ホントリバイバルばっかでござるなあ。

ってかもう15年にもなるのがすごい。二重の極みをマネした人は多いハズ!

薫死んだくだり(実は生きていた)あたりはかなり衝撃でしたが、人誅編やるんならそのへんも是非。学生時代、みんなでこのあたりの展開にわーわー言ってたころがナツイっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

江「父母の肖像」

とりあえず、今からTRICKの映画見るので適当に感想書きます。

DVD買ったけどね!(完全ヲタ・・・)

こういうボケとつっこみのお笑い男女コンビ(年の差ならなお可)は大好きです!

・・・紀伊半多・・・

仲間嬢&阿部ちゃんをキャスティングした人すごいよ・・・。

2chの実況スレみたくなのでやめます。。。(´∀`)

さて、生まれました鶴松。
(のちに悲しいことになりますが)
そして淀の方と呼ばれる茶々。

おね様と龍子さんが相変わらずいい味出してます。
この大河にはもったいねえ!役者の無駄遣いの極み。(笑)

実は秀吉の子ではないという風評に容赦ない秀吉。

子供に関しての秀吉の溺愛っぷりからくるブラック秀吉が芽を出してきました。

浅井の法要を・・・と秀吉に願う茶々もそののちへの風格をあらわしてゆきます。

で、やっと北条一族がまたベタな悪役チックに登場して大体の時系列が把握できてきましたよ。この分かりやすい感は安心のスイーツ(笑)大河!

そこでとうとう登場は朝ドラからスライド出演の向井理@秀忠。

テコ入れ

キタ━(゚∀゚)━!

童顔なせいで幼少時代がぴったりきますな。
まだ10代前半のハズ・・・。

まあそんなわけで将来のネタバレ鈴木保奈美様ナレ。

どうでもいいですが番宣用の「龍子の部屋」って番組がやってんですね。
本編より面白いです。

今回はのちの展開への含み回でしたね、
ようやく話が動いてくれてきた感じです。

さあTRICKみるべ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

海がみたい~♪

ひ~とを~あ~いした~い♪

BGMは怪獣のバラードです。

この曲、大好きなんですよ。
砂漠から出て行く怪獣の旅をビートなノリで描いた歌で。

てなかんじで土砂降りの中、何故か和歌山まで海を見に行ってきました。

いや、元々図書館にいくつもりが休館だったので、なんかヤケになりまして。
下道で。

110610_164701

天気予報どおり、じゃじゃ降りの雨でしたが。

磯の香りを感じたので満足です!

山屋さんですが、海も大好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

江「豊臣の妻」

映画、「プリンセス・トヨトミ」はちょっと見たいなあと思ってます。

クライマックスの大阪の男が大集合!をどうやったのかが気になるところですね。

そんなわけで一回かけて姉妹喧嘩!の巻。

茶々が秀吉に手篭め(笑)にされたことに対して怒る江。

どうでもいいですが手篭めってステキな響きですね!

(・∀・)ニヤニヤ

しかし、茶々は自分の意志でそうなったと。おまけに秀吉の子を宿したと。

複雑な感情のおねさんも巻き込んで、男女のことだから・・・とのんびりな龍子さん。

セリフまわしが永井路子さんの小説っぽい気がすると。

しかし、おねの複雑な子がいなかったから他の側室にも寛大でいられた・・という女性としての複雑な感情を演じる大竹しのぶさんはいい役者ですな・・・。

そこへ初が登場し、姉と妹の仲裁に。なんか未来の伏線になってますなあ。

色々な感情が織り交ぜながら江は茶々の気持ちを汲み取り、姉を許すことに。

う~ん、まあ歴史を見たいですよ、そろそろ。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »