« A Rainbow in Curved Air | トップページ | 海がみたい~♪ »

2011年6月 5日 (日)

江「豊臣の妻」

映画、「プリンセス・トヨトミ」はちょっと見たいなあと思ってます。

クライマックスの大阪の男が大集合!をどうやったのかが気になるところですね。

そんなわけで一回かけて姉妹喧嘩!の巻。

茶々が秀吉に手篭め(笑)にされたことに対して怒る江。

どうでもいいですが手篭めってステキな響きですね!

(・∀・)ニヤニヤ

しかし、茶々は自分の意志でそうなったと。おまけに秀吉の子を宿したと。

複雑な感情のおねさんも巻き込んで、男女のことだから・・・とのんびりな龍子さん。

セリフまわしが永井路子さんの小説っぽい気がすると。

しかし、おねの複雑な子がいなかったから他の側室にも寛大でいられた・・という女性としての複雑な感情を演じる大竹しのぶさんはいい役者ですな・・・。

そこへ初が登場し、姉と妹の仲裁に。なんか未来の伏線になってますなあ。

色々な感情が織り交ぜながら江は茶々の気持ちを汲み取り、姉を許すことに。

う~ん、まあ歴史を見たいですよ、そろそろ。

|

« A Rainbow in Curved Air | トップページ | 海がみたい~♪ »

コメント

おねさん怖かったです!
大竹しのぶさん演技上手いですよね♪
あの夫婦意外と好きです(笑)

投稿: バスケ☆ | 2011年6月 6日 (月) 12時59分

>大竹しのぶさん
先週あたりからおねさまの表情が怖いっす
色々思うところありな感じが…
京都に行く別れの挨拶のシーンとか、龍子様も交えて軽く修羅場でしたしcoldsweats01

しかし「泥棒猿!」って台詞は真剣に怒っているんだかいないんだかよくわかりませんでした

投稿: | 2011年6月 7日 (火) 01時27分

すいません
名無しコメント失礼しました
らむねです

投稿: らむね | 2011年6月 7日 (火) 01時29分

>バスケ☆さん
昔から名優とよばれてるらしいです。
普段の天然ボケな感じとか
さんまの前の奥さんでネタにされますが。

>らむねどの
そういえば、ドロドロ恋愛モノによくある
「この泥棒猫!」って名言
って前から思ってたんですが、
なんでネコなんすかね?
ネコってそういう修正があるんですかいな。
いや~ふつーのドラマとしてみたら
女の複雑な感情が描かれてていいんですけどね。

投稿: rin2@tomitarin | 2011年6月 7日 (火) 20時12分

○習性
×修正
変換ミス↑

投稿: rin2@tomitarin | 2011年6月 7日 (火) 20時13分

>習性
「泥棒猫」ときくと
おさかなくわえたドラ猫~note
を思いだして
一人納得してます

投稿: らむね | 2011年6月11日 (土) 13時46分

>らむねどの
はだしで駆けてくワケですな。
そういえば森山中がパロってる
某泥棒三姉妹もネコだなと思いました。

投稿: rin2@tomitarin | 2011年6月12日 (日) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/51865098

この記事へのトラックバック一覧です: 江「豊臣の妻」:

» 江 -姫たちの戦国- 第21回「豊臣の妻」 [あしたまにあーな]
前回、やっとの思いで秀吉は茶々の心を手に入れることになり、浮かれ気分に拍車がかかります。茶室で秀吉は家康と一服するのですが、その際にも終始ご満悦な状況に思わず家康と千利休は江のことが心配だとアドバイスします。秀吉に襲撃を加えるのではないかといわれていましたが、実際はさすがにそこまでではないものの、猛烈な嫌悪感を抱くようになります。 たしかに、今まで仇だと思っていた男と自分の姉が結ばれてしまったなんていう現実は、今の世の中でもそうそうあるものではありません。すぐに許せるものでは到底ないので、これから3... [続きを読む]

受信: 2011年6月 5日 (日) 21時40分

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第21回... [徒然”腐”日記]
携帯から簡易感想ですあらすじは公式サイトから江(上野樹里)は、茶々(宮沢りえ)が秀吉(岸谷五朗)と結ばれたことを知り、ショックを受ける。一方、浮かれ気分の秀吉は、帝を聚楽第に招... [続きを読む]

受信: 2011年6月 6日 (月) 15時22分

« A Rainbow in Curved Air | トップページ | 海がみたい~♪ »