« 朱花の月 | トップページ | Where have all the flowers gone? »

2011年8月14日 (日)

江「秀吉死す」

まるで史実の秀吉の命日に合わせたようなタイミングでした。

朝鮮出兵に秀頼への溺愛っぷりなど、晩年の醜態がどうしてもイメージを悪くしてしまいますが。

一方、ラブコメモードが落ち着いて、江は秀忠との最初の子である千を生みます。

この千がのちの天樹院と呼ばれる母親と同じくらい数奇な運命を辿る姫様になるのですね。
未だ竹橋御殿の乱行説は信じられているのかしらん。

で、親バカ秀忠はちょっとカワイイw

その一方、とうとう秀吉も病に倒れ、死期を悟ったのか秀頼のことを託し、様々な人との別れの言葉を交わします。

意地を張ってた江ですが、やはりそこはツンデレ江ちゃん。

秀吉に数々の恨み節を言うも、

「幸せになってくれ」

との秀吉の言葉を胸に、そのケンカ相手との別れを悲しむのでありました。

秀吉の最後を看取ったのは他の誰でもなく、糟糠の妻である北政所。

やはり最後に一緒にいる人はこの人だったんですね。

こういう演出はけっこう好きです。

てなわけで関が原の合戦です、ちょいちょい脈絡無く顔見せしている細川ガラシャは関が原前夜のあの事件を描く気満々ですね。

まあ姫たちの戦国というサブタイトルがついてるくらいですから、山場を迎えたwktk感を少しは味わいたいものですなあ。

|

« 朱花の月 | トップページ | Where have all the flowers gone? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/52474761

この記事へのトラックバック一覧です: 江「秀吉死す」:

» 江 -姫たちの戦国- 第31回「秀吉死す」 [あしたまにあーな]
前回、命がけで江を守った秀忠ですが、その後の様々な方の感想を見ていると一様に「どうして家臣が率先して秀忠を制止して自分が行かなかったのか」という疑問がわき上がっているのがわかります。ここは、余計な人を一切排除した演出なので、もはや歴史がどうだというのではなく演出としてどうしたら効果的だということが念頭にあると考えて見た方がいいと思います。 江はその事件以来一転して、秀忠のことを慕う気持ちに切り替わっています。この手のひら返しにしばらくついて行けなかったのですが、秀忠としては今まで通り自分たちがやりた... [続きを読む]

受信: 2011年8月14日 (日) 21時56分

« 朱花の月 | トップページ | Where have all the flowers gone? »