« Samurai typhoon rhapsody | トップページ | 奈良の中心あたりで萌を叫ぶ! »

2011年9月 4日 (日)

江「姫の十字架」

関が原前夜、ってことで。

総大将を命じられ弱音のヘタレな秀忠のキャラを演じる向井氏は今が一番旬なだけあっていい味だしてますね。じつは信長に憧れてたってあたりカワイイ。(・∀・)ニヤニヤ

何度も女たちに

「戦はやめて~」

といわせるのはもうお腹いっぱいなんですけどね・・・。

( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー

直江状は華麗にスルーに近い形で(2年前の主役なのに・・・)上杉出陣に行く徳川方。それにあわせて反家康の狼煙をあげる三成。

手始めに会津へいった大名の奥方を人質に。

余談ですがこの記事書きながらN響アワー見てるんですが、レクイエム系の音楽が流れてきてグッタイミング!Kyrieですよ。宗教音楽の基本ですなあ~。

さて、閑話休題。

しかーし、ドメスティックバイオレンス&偏愛狂なだんなの忠興により、ガラシャを男に見せるなと常に軟禁状態だったので、三成方の手に渡るなんてとんでもない!

ということで自害の覚悟をしたガラシャ。

自殺は禁じられているため、家老の小笠原少斎に胸を突かせての殉教でございました。
。・゚・(ノД`)・゚・。

さらに余談ですが、このシーン、実は言い伝えと違うので、史実マンセーな皆さんはぶーたれると思います。

そう、ガラシャを他の男に見せない、という忠興の嫉妬を知っていたガラシャはその最後の瞬間にもついたてをたて、その向こうから自身を突かせた、というのが言い伝えにあるのですよ。まあ分かりづらいからついたてはとっぱらっちゃったんでしょうけど。

無粋な突っ込みでサーセン。

そんな感じで関が原の舞台が整ってきました。次は京極家の大津城防衛戦ですかね?関が原の合戦は本戦より、前哨戦のほうがドラマが多くて。

|

« Samurai typhoon rhapsody | トップページ | 奈良の中心あたりで萌を叫ぶ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/52648041

この記事へのトラックバック一覧です: 江「姫の十字架」:

« Samurai typhoon rhapsody | トップページ | 奈良の中心あたりで萌を叫ぶ! »