« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

だから実写とか

大雨の中選挙事務でした。ふう。

今月土日がほとんどないぜよ。

部屋の整理のため、マンガを処分。ワイド版うしおととら18冊が360円!で買い叩かれてしまいました。1000円くらい、と思ってましたが恐るべきブック○フ。まあそれぐらいじゃないと利益がないんでしょうがね。まあタダでももらってくれるもんならいいですが。コナンなんか5円だったもんね・・・。

そうそう、こんなのが。
ここのサイト、こんなアンケートばっかりやってまんな。

ルパン三世を演じてほしい俳優

http://cobs.jp/enquete/realranking/2011/07/2_2e.html

冴羽リョウを演じてほしい俳優

http://cobs.jp/enquete/realranking/2011/10/29_2e.html

なぜかこの2作どっちも日曜お昼の再放送ループのせいで関西のほうが知名度が高いという。舞台は東京だというに。そしてどちらも実写化されたという黒歴史が。(笑)

大泉洋さんのルパンはなんとなく納得。冴羽リョウ=セクスィー部長ってのも分かるのですが、なんかもうひとつ足りないと思ってしまう私はリアルタイム世代。
そういえば買い取り待ちの際、エンジェルハートの2ndの1~2巻を読んで涙腺が緩くなってしまいました。基本、話はベタなのにそれでも感動仕立てがうまい北条氏ってもっと評価されていい漫画家なのに、コアな漫画読みにスルーされちゃうのはなんでなのか。

それはともかくとして。
峰不二子と野上冴子のお色気対決とかやってほしいっすね。(←おっさん)
よみうりテレビさ~ん!たのみますよ~!

選挙のせいで見逃したので、江の感想は月曜日以降になります。
大阪城がドッカンとかやめてくださいよ、ホント。(←義経のトラウマ)
これが終われば日本海海戦、もとい坂の上の雲のクライマックスですよ!
2年かけてこれの前フリをしていたという恐るべしNHK!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

Ring them bells

週末もずっと働いてるわたしでございます。

さて、仕事の一環で平和の鐘を鳴らそうという事業をしてきました。

で、鐘をテーマにした名曲といえば

Bob Dylan"Ring Them Bells"

聖書の内容のダブルミーニングが多く、うまく日本語にするには(というかボブ・ディランの歌詞のほとんどが)ちょっと難解な歌詞ですが、綺麗な曲で、平和にもつながるニュアンスもあって色々な人にカバーされています。

中でもこんなコラボは豪華ですよね。

Mary Black & Joan Baez

http://www.youtube.com/watch?v=vPSceIPMp9s

年食ってこういう歌うたいになりたいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

リダクションのかっこよさ

先日、カラオケにいったときに

「time to say good-bye」

に挑戦してみましたが、イタリア語の歌詞についていけず。

これはそこそこ覚えないと歌えないですなあ~。ちょっと練習しよう。
別れの曲ではなく、旅立ちの曲なんですよね。

高校のとき音楽選択でして。

先生が声楽専門だったようで、殆どが歌う授業でした。

で、英語やらイタリア語のミュージカル曲や、歌曲など歌いまして。

原語で歌うかっこよさを知りました。

その原点がバーンスタインの名作のこれ↓

http://www.youtube.com/watch?v=5_QffCZs-bg

ピアノが弾けたらいいなと憧れたのも、実はこの曲。

英語の子音と母音をくっつける発音法を習ったのも実はこの曲なのです。
それに伴いかっこよく英語をしゃべれるようになりたいと思ったのもこのときです。
おもっきり今もジャパニーズイングリッシュなのが悲しいYO!笑

思い起こせば意外なところに原点があるものです。

そんなわけでキャプテンとソフトボールに続く、私の原点シリーズでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

アスレチックな日

先日の仕事でのイベントですが。

子ども向けに公園で色々なブースをやるという内容ですが。

真ん中の赤いヤツにテンションが上がり、↓

111022_111705

写真を撮る、という名目のもと登ってしまいました。

111022_131434 

バカと煙はなんとやら・・・ってことで。
自分で登った場所から見下ろす風景はなんか輝いて見えます。

32歳の秋。

体力は落ちても運動神経はまだ高校生並。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

1001のバイオリン

ブルハの曲を聴きながら、

隣村の新村長さんを見たら、

・・・・

数年前、とある関係で名刺をもらったことある人だった。

びっくり。

流石に私のことは覚えてないでしょうが(笑)、
なかなか地域づくりに熱心だったイメージが。
仕事がらみで会うこともあるかな・・・。

対抗馬と数十票差だったみたいですが、やっぱり70代と50代とでは若い人にやってもらうほうがいいですよね。

ちょっとどうなるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

江「姉妹激突」

豊臣陣営の緊迫感はいいですね。

滅びの美学に向って進むというか。

壇ノ浦までの平家みたいな感じです。

個人的にはすでに来年の大河が楽しみな私です。

ここまで文句しか言ってない(?)江ですが、やはり宮沢りえ様と秀頼役の人がなかなかいい演技をしてくれてます。

ところで、家康の家臣の本多正純役の人は三田村邦彦さんの息子で、今回片桐且元との対面シーンにおいては親子競演だったみたいですね。大河はこういうお遊び好きですね。

で、有名な方広寺鐘銘事件。

もとい、日本史史上、五指に入るべきいいがかり事件ですが。

余談ですが、この「国家安康 君臣豊楽」の銘を作ったお坊さん、責任を感じてのちに自害したとかなんとか。

というわけで主人公サイドが空気、という突っ込みどころがありますが、真田幸村の再登場もあり、大阪冬の陣がはじまりました。

大阪府民の私にとってはこの陣配置がたまらなくテンションが上がります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

晴れろ!てるてる坊主!

仕事の野外イベントだったんですが、天気予報は雨70%。

でも奇跡を信じててるてる坊主をつるしました。

早朝から雨でしたが、なんとか雨は止み、午前中は汗だくになるくらいの晴天に。

午後から曇天になるも、最後まで天気は持ちました。
願いは天にとどきますよね。

ちなみにてるてる坊主は去年のコスモスうたまつりのときに使ったものです。

当時も80%近い降水確率でしたが、藤原宮跡の大合唱の終了まで持ったという奇跡。

なんかこのてるてる坊主、ここぞというときにまたとっておこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

ソンツェン・ガンポとイヴン・ヴァットゥーダ

なんかこれらの名前が頭から離れません。

けっこうカッコよくないですか?

他にも

ヤリツアポキ

とか

ワンヤンアグダ

とか

この辺の名前がやったらインパクトに残っております。

いちお、世界史に出てくる名前なんですが、全部分かる人いるかな?

高校時代、世界史は途中までしか選択せず、近世あたりまでで知識は止まっていたにも関わらず、センター試験は得点調整抜きでまさかの9割近くゲット。

私に学問の神が降りてきた瞬間でしたね。
後にも先にもこれっきりでしたが。(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

今年も無事終了

土曜日、なんとか第4回かしはらコスモスうたまつりを無事に開催できました。

夜開催に加えて悪天候でお客さんが例年より少なかったのがちょっと残念でしたが。

何故か出演してくれる団体、毎年レベルが高いんですよね。

どっちかというと「冷やし中華はじめました(笑)」的な、もっと音楽初心者ですねん、的な方の応募が多いと思ってたのですが、そんなことなく。それぞれの個性的な演奏が鑑賞に耐えうるというか。

それに比べて年々演奏レベルがあがんねえのは私ですね。
もうちょい練習せねば。

とりあえず、出演、お客さん&スタッフの皆さんありがとうございました!

tomitarinsです。
秋だけエセミュージシャンの私でございます。

Tomitarins

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

江「親の心」

いろいろな親子の話、ということで。

竹千代との関係に悩む江。

家康との関係に悩む秀忠。

秀頼と千に悩む淀。

そして、鬼ババ(笑)大姥局の退場がちょっとさびしいですね。

仮病(?)を使ってまで秀忠と家康の間を気にしてた親心にちょっと心打たれました。
血のつながりはなくても家族の絆はある、という北条司氏みたいっすね。

いよいよ来週から大阪の陣に突入していくみたいですが。

関ヶ原時に登場した真田幸村と秀忠の因縁も描かれそうな感じですね。

つっこみどころ・・・・

う~ん。

北大路御大は大物だということがよくわかりました。笑

福のお伊勢参りと偽って駿府の家康のところへいったというエピソードですが、あれ、ほんとなんでしょうかね???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

大雨ですね

これから明日の準備しますっていうね。
プログラム作ったくらいです。

仕事関係でバタバタしててそれどころじゃなかったというのが実情ですが。(苦笑)

明日は大雨らしいです。
雨に夜でお客さんの入りがどうかなーと思うのですが。

お近くの方は是非おこしください!
http://www002.upp.so-net.ne.jp/hisapon/music/

いや、だから準備はね・・・。
これからします・・・。(ノД`)

・・・髪の毛切るヒマなかったから今年もスナフキンスタイルかなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

江「運命の対面」

淀の徳川への怒りがうなぎのぼり!

視聴率もうなぎのぼ・・・(ごふん、ごふん)

う~ん平均20%超えはキツいなと思われます。まあ、震災もあったことですし、今年は色々と仕方がないかと。

ただ、篤姫の二匹目のドジョウ狙い、というのは分かってたのですが、篤姫がヒットした要因ってのは宮崎あおい嬢の好演と朝ドライメージをそのまま膨らませたことが大きいと思いますが、他に

・主人公とその周辺が知名度の比較的低い人物だったので創作部分があまり気にならない。

・原作があって、かつ「江戸城無血開城」という最大の見せ場に向ってのストーリー付けが一本化できた。

あたりと思うんですよね。

篤姫と同じ脚本家でも江はどうしても知名度はそこそこあるし、(幕末より戦国時代好きの人のほうが多い)周囲の人物もみんな知ってて固定イメージのある三傑周辺とからむにはどうしても江という人物像がぼやけてしまう上、歴史における誰もが知ってる見せ場、というのが実はないんですよね。いや、人生自体は波乱万丈なんですが。
まだ姉の初や淀のほうが山場を造りやすいというか。

ってなトーシロー分析でした。

初のダンナが退場してしまい、姉と妹を結びつけよ、との母の遺言を守るため、これからが上記のように初の見せ場です。

平和の使者とまで呼ばれた初の活躍を期待しましょう。

家康と秀頼の対面ですが、終盤にきてやたら時間の経過が早くなってません?
前回から5~6年は経過しておりますよ。はやっ!

知らぬ間におばあちゃんになってた淀に、次男(のちの忠長)に和子も生まれた江。

あっちゅーまです。あと7回ですべてカタをつけるというのか!

すみません感想になってないですね。

あ、秀頼の対面に望んでの堂々とした態度がよかったですね。
けっこういい役者さんでんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

声優さんってすごい

いや~ルパンの声優交代ですか~銭形のとっつぁんがもう大分しんどかったみたいなのでしゃーないですね。で、替わりは山ちゃんってのがまた。ルパンと次元は続投、と。
ドラえもんみたいな総とっかえはせず、サザエさん方式の交代ですね。

声優といえば、今日、声優さんを生で見てきました。

クリリンとあたると香ちゃんと金田一少年の中の人たちです。

大阪芸大と朝日新聞の主催で「声優学概論」というシンポジウムをたまたま見かけ、あまりの(世代的に)豪華な面子に応募したら運よく招待券が当たったという。
しかし、どうしても外せない用事が遠方であったので、結局最後の声優さんたちのパネルディスカッションだけしか聴けなかったという。(ノД`)

いやーそれでも行ってよかったです。クリリンやルフィー(個人的にはパズーかワタルw)のベテランおばちゃんの田中真弓さん、ダンディなしゃべりが素敵なあたる役の古川登志夫さん、雰囲気が香ちゃんとだぶるかわいい感じの伊倉一恵さん(個人的には虎王w)に、金田一少年の松野太紀さん、あと、ふしぎ発見のナレーションの真地勇志さんと、あたりまえですが、テレビそのまんまの声でした。やはりエエ声です。

見所は古川さん(北斗の拳のシンの役)による、ケンシロウの物真似(?)オーディションでケンシロウ役で最後まで残ったそうですが、神谷明さんに負けたそうです。その神谷さんの演技が当時すごくて(そりゃあの奇声はすごいでんな・・・)負けた、と思ったそうです。で、それを今回マネて演じてらっしゃいましたがなかなかイケてました。笑

あとは、伊倉さんのお父さんの「オーディションの落選は次の当たり役のためだからがんばれ」、という言葉にはげまされてめげずにがんばって当たり役を得た話とか、田中さん&伊倉さんのワタルコンビ(←これ、世代がモロバレですなw)が大事なことはメールの文字でなく、声(感情)で伝えることが大事だ、などなど声で仕事をしてる人のプロ意識の高さにちょっと心ひかれるものがありました。

感動したのは即興でCMのナレーションを5人で演じられたのですが、いきなり渡された台本を見てすぐに演技するのはさすがプロ!だと思いました。芝居ってすげえと思いましたよ。

それにしてもやはり周囲見回すとどう見てもアニヲタな人が多かったですがね。(^^;
人気なのはやっぱりワンピースのルフィーの田中さんでしょうか(個人的にはパz(略))、声優志望っぽい女子高生だか女子大生ズが感激して帰っていくのが聞こえました。

ミーハー気分で行ってきましたが、なかなか話もよかったし、面白かったです。
しかし、間に合うために1km全速力で走ってしんどかったなりよ・・・。ちなみに今日は予定がトリプルヘッダーだったという。。。時間を無駄にしない人生ですたい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

10月~11月の土日予定

9日:私用

10日:仕事

15日:私用

22日:仕事

23日:仕事

29日:仕事

30日:仕事(予定)

~11月~

5日:私用的仕事

6日:仕事

12~13日:私用

20日:仕事

22~27日:私用

殆ど仕事で埋まってるので、遊んでくれる人は平日にお声がけ願います。

(ノД`)

ちなみに12月もこんな感じ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

【10月15日】第4回かしはらコスモスうたまつり

さて、10月に入ると毎年準備の追い込みです。

今年は8組に出演いただける、ということで。
詳細はリンク先をご参照下さい。

バンドやらピアノセッション、声楽に合唱とか盛りだくさんです。プログラムの組み方で悩むのは毎年のことなんですが、スケジュールがタイトなので、今年は輪をかけて頭が痛いです。できるだけ出演者の希望をくもうとするのもあるんですが。(苦笑)

オリジナル曲の多かった去年の出演者に比べて、今年は耳なじみの曲を演奏してくれる団体が多い上、全天候型の(去年は苦労した。。。)ホールですので、お気軽に来場くださいね~♪

それにしても仕事も秋はイベントだらけでどっちがどっちやら分からんようになってきてますねん。4つのイベントの準備を同時進行してるというややこしさよ。(詠嘆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

神無月に初雪とは・・・!

いやーここ数日寒くて、秋どころか冬の到来を感じましたよ。

で、神無月といえば、木根さんのこのソロ曲。

ttp://www.youtube.com/watch?v=jqYySs9AnmA

朋ちゃんのコーラスが泣かせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

コスプレといえば!

仕事と個人的なのとかでイベントのチラシと宣伝ばっかり作ってます。

しまいにはどっちがどっちかわからんよーになってしまってます。イベントで古代衣装のコスプレまたやることになんのかな~(仕事です!)ってな感じですよ、奥さん。

で、コスプレといえば!

先日友人と梅田に遊びに行ったのですが待ち合わせ前に時間があったので久方ぶりにオタクの総本山(笑)まんだらけに行ってみました。

昔、学生時代に冷やかしで連れ立って何度か行ったのですが、あいも変わらずあのマニアックな雰囲気が素敵です。店員さんもコスプレでした。コスプレすると時給が高いみたいですね。そいや、入り口で手荷物をロッカーに預ける制度はなくなったみたいでした。

昔の雑誌でちょっとほしいものがあったので探しているところ迷い込んだのが、BL本の棚。腐女子たちが○○と××のカップリングがねーと話しながら物色されておりましたが、最近のマンガはさっぱりわかんねーのですが、リアル腐女子の会話をかいまみましたよ。(笑)私はBLには全く興味がないです。まだ、NLのほうがマシです。いや、まあ基本どうでもいいですが。

某WJの腐女子人気No1の某再生マンガは棚が独立されてて同人誌が溢れかえってました。知人の出した本が並んでないかちょっと気になりましたが、あまりにも膨大なため、探すのをあきらめましたよ。

まあ、昔の雑誌とかグッズとか色々貴重なものもあって行くだけでも楽しいですので、よければどうぞ。店がある東通り商店街って新宿の歌舞伎町がちょっと廃れた感じのアングラ感がとてもステキです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

江「最強の乳母」

久しぶりにギター触ったんで指が痛いです。
弾かないと指も元に戻ってしまうもんですね。
弦を張り替えようかどうか迷ってますねん。

春日局キタ━(゚∀゚)━!

とゆーか、赤ずきんちゃんの中の人

キタ━(゚∀゚)━!

やっと産まれた男の子ですが、早々に登場した乳母に連れて行かれてしまいます。その乳母は明智光秀の家臣、斉藤利三の娘、福だったと。

どーでもいいですが、「毛利元就(1997年)」で元就の奥さん役だった富田さんに、その侍女役だった加賀さんとゆー組み合わせが今回はどちらかというと逆の立場になってるのが面白い。往年の大河ファンの人はおんなじこと思ったんじゃないですかね。

富田さんはガンヲタをカミングアウトしたということで有名な(笑)女優ですが、この人が、ふつーのヒロイン役してるのって元就の奥さんくらいしかイメージがないです。あとはサイコかイっちゃってる感じの役。で、今回はどうかと思えば、江との確執説をとって、豊臣に対する怨恨を持っているがゆえに竹千代(家光)の乳母になったという。また怖い人役なんですね~。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

さて、家康ですが、徳川の天下PRのため、秀忠に将軍職を譲るといいます。
豊臣へ天下を返す気のない家康の考えを読み、一旦は断った秀忠ですが、江の、もとい近年の大河ヒロインの伝家の宝刀「泰平の世に(笑)」のお言葉を受け、湯当たりするまで女性ファンにサービス入浴シーンまで見せてくれちゃった中、将軍となることを決心いたします。

一方それを知った淀ですが、豊臣に天下を返上する気のない徳川に怒りマーク!やっぱりこういう路線になるのね。。。
徳川との対決をも辞さない覚悟を決めます。

さて、大阪の陣までのカウントダウンと、江と福のドロドロ対決が同時進行です。

初たち京極家が癒しになってますね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

上高地&滋賀県弾丸ツアー

夏休みです。

てなわけで予定がないのに無理やり出かけました。

週末の天気がどうもよくないとのことで、唯一晴れてそうな琉球への旅を画策したのですが、飛行機のチケットがとれず、断念。

こうなれば、意地でもどっか行ってやる~ということで、木曜日はまだ天気が持ちそうだったのでどっか観光地に出かけることに。1日=24時間あるじゃん!ってことで上高地に行ってきました。お金がもったいないから下道で行こうとしましたが、仮眠をとって起きたのが2時前、ということでちょっと無理!仕方なく高速で行きました。名古屋から上高地行きのバスが出てる平湯温泉までは下道だったんですが、平日の明け方にも関わらず結構混むは、信号にことごとくひっかかるわで大幅なタイムロスでした。ううう~。

結局平湯温泉についたのは10時半で、そっからバス(マイカー規制)で上高地に着いたのは11時になってました。

さて、河童橋と大正池はなんども見たので、することはひとーつ!

登山(笑)

11時から登って最終バスの5時までに戻ってこれる山、といえば

焼岳

いちお、往復6時間半、という下調べのもと、快晴の空の下登ってまいりました。

活火山でもあるので山頂付近は石の塊の急登であり、火山の煙が立ち込めていました。
日帰りで降りる気マンマンだったので結構軽装だったのですが、なかなかしんどかったです。最初は結構緩やかな登りで楽勝モードだったんですが、焼岳小屋を通過してからの登りが大変でした。ほとんど寝ずに運転して、1月前の縦走による足の疲労も完全にはとれてないのも影響してますが。しかも快晴の下、まぶしい太陽光に目がやられちゃいました。

いやーそれでも晴れの山の景色は絶景なり。

110929_123410

Yama 

Dscf1074

河童橋付近はNZのミルフォードトラックを思い出します。

前回の山行きは天気が悪かったんで、今回は景色をしっかり堪能できました。それだけでも無理やり来た価値があります。

で、なんとか4時半には下山でき、平湯温泉で汗を流して帰路に。

しかし、疲労満杯なのはどうしようもなく、途中何度か仮眠をとりながら、名古屋まで。
で、夜明けに名古屋についたら、朝の名古屋といえばモーニング!なので名古屋駅近くの喫茶店でモーニングを食すのでありました。

で、少し元気を取り戻し、せっかく遠出したのだからと、旅行好きな虫が出て、彦根城(春に行きそびれた)と近江八幡に寄ってきました。予報どおり天気が崩れて、そのせいか、近江八幡の水郷は行くのに結構迷いました。。。

Dscf1079

世界遺産暫定リスト入りの名城。
琵琶湖の眺めがいいですよ~
残念ながらひこにゃんには会えず。(ノД`)

Dscf1103

伝統的建造物群保存地区の近江八幡市の水郷地区。
時代劇のロケなどで使われてます。

Dscf1105

景観か安全かで問題になった船の橋。

110930_135807

昼食の赤の他人丼。赤いのは名産の赤こんにゃくです。
おいしかった~。

結局帰りは下道で帰ったので夕方になり、相当疲れましたが、弾丸な割には色々見たいところにいけてよかったです。観光地はやはり平日に限ります!どこも空いててゆっくり見ることができました。

おまけ。登山途中のはしご。

Dscf1067

すれ違いのにいちゃんたちが怖がってました。
なかなかハードな登山コースでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「ブレーメンⅡ」読了

昔は音楽、マンガや小説、映画にドラマなど色々レビュー書いてたんですが、今から読み返すと文章的にもイマイチなので、それこそリメイクで別サイトでも作ろうかなとも思いますが、学生時代と比べると、大して読んでも見てもないからなあ・・・。悩みどころです。

職場の同期から借りた表題のマンガですが、思ってたより面白くて濃かったです。
マニア人気の川原泉氏による輸送船ブレーメンⅡの旅を描いた話です。ブレーメンといえば音楽隊、そう、船長以外の乗組員はみんな喋る動物という設定。

この輸送船が立ち寄る星々で様々な事件が起こる、というものですが、なかなか人間化(?)動物に対する偏見や、宗教的な世界、労働環境問題など、その着眼点がしっかりしてます。その割には飄々としたキラ船長とそれをサポートする動物クルーの面々が軽いタッチで重苦しさを緩和させる役割をもっています。重たいテーマを重苦しく描かずに、それでいてそれなりに印象に残させる、ってのは結構難しいと思うんですよね。
優れたSF作品に送られる星雲賞のマンガ部門で受賞してたんですね、知らんかったけど。

なかなか読むのに時間がかかりましたが、秋の読書におすすめでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »