« 登山者へ100の質問 | トップページ | フランス語がさっぱりです。 »

2011年12月11日 (日)

坂の上の雲「二〇三高地」

ぷらいべーとらあん

ぷらいべーとらいあん

ぷらいべーとらいあん

・・・

以上が大まかな感想です。

あ、BSのフライング放送で見ました。

いままで

「にいまるさん」

と思ってたんですが

「にひゃくさん」

と呼ばれてたのですね。

主人公はほとんど出ず、ひたすら砲撃と後半は肉弾戦。金かかってるな~と思いますが、食事時に見るもんじゃないですね。。。

203高地の攻略に苦戦する乃木軍。犠牲が積み重なり、児玉源太郎が指揮官交代に。
高橋御大が熱い!かっこいい!

多くの犠牲をはらい、ようやく制圧し、旅順を攻略することができたのでした。

まったく女性が出てこなかったな・・・。

さて、いよいよバルチック艦隊との決戦が近づいてきております。

|

« 登山者へ100の質問 | トップページ | フランス語がさっぱりです。 »

コメント

私も食事時に見るものではないなと思いつつ見ていた人です。
その後はトンイ。
私も児玉源太郎、めっちゃ熱くて
かっこいい!って思いました。

投稿: naoppe | 2011年12月11日 (日) 22時51分

>なおっぺさん
あの頃の日本は本気で国のこと考えてた
人がたくさんいたなあと思います。

投稿: rin2@tomitarin | 2011年12月12日 (月) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/53459346

この記事へのトラックバック一覧です: 坂の上の雲「二〇三高地」:

« 登山者へ100の質問 | トップページ | フランス語がさっぱりです。 »