« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月29日 (日)

平清盛「殿上の闇討ち」

さっそく検索でどうも腐女子の方々が参られているようですがw

ここにはそんなものありません。・゚・(ノД`)・゚・。

なんかアンソロ本とか夏のコミケで出てそうですよね。
私はそっちの趣味は一切ござんせん!すみません!

ってここまでのネタが何のことか分からないそこのアナタは幸せモノ!

んなネタはほっといて感想いきましょ~。

北面の武士デビューしてちょっと小奇麗になった清盛。

女子会な歌会で意見を求められ、KYな歌の感想をするあたりまだまだ不慣れでございます。何気に百人一首の歌が出ております。

で、父の忠盛が殿上人に出世します。しかし宴会で貴族にからかわれてもひたすら耐える父の姿を見て清盛は王家の犬呼ばわり。ところで「王家」の呼称がちょっとネットで話題になってますが、まあそこはマニアックになるので放置させてください。

そして平家への嫉妬と源氏再興の野心に燃える源為義は藤原忠実に唆され、暗殺を試みます。しかし帯刀禁止の殿中で忠盛は抜刀し、暗殺をあきらめざるを得ないことに。

この計画を大河ドラマクオリティで偶然にも知ってしまった(笑)それぞれの息子、清盛と義朝。現場にかけつけ状況を見守ります。

そこで互いの父の野心を知った二人でした。

貴族や上皇に取り入ってでも出世を目指す忠盛は実は朝廷に武士を認めさせるため牙を研いでいるだけのこと。

オヤジ、かっこよい!(゚∀゚)

清盛の父に対する誤解が解けた瞬間でした。一方不甲斐ないと罵った父が息子の出世ために手を汚そうとしていることを知った義朝もその父を守り共に上を目指していくことを誓うのでありました。しかし、この台詞がのちのち効いてくるんすね。
そう、のちの保元の乱です。。・゚・(ノД`)・゚・。

源氏と平氏のライバル二人の父のどちらも野心と子を思う対比が熱い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

アイヌ語のネイティブがいないという。

たまにタイトルをアイヌ語にしてたとおり、アイヌ文化に興味がありまして。大昔に北海道に旅行に行ったとき、行った旭川のアイヌ博物館(3月で吹雪いていたというに暖房が入っていなかった!)で何かを洗脳されたような気がします。笑

日本人って単一民族だとよく誤解されていますが、実は雑多な人種の集まりなんですよね。

で、独自の文化を持ってて日本にいた「他の」民族として有名なのがアイヌの人たちです。

文字がなく、口伝えで文化を継承してきたアイヌの人々ですが本土の侵略と共にその文化はほぼ絶滅し、今ではアイヌ語を自然に話せる人は皆無だそうです。

言葉っていうのは民族の最大の文化だと思いますので、なんて惜しいことをしたんだ、と思います。2000年代に入ってようやくアイヌ民族を先住民族として認める議決が国会で通ったそうです。また、最近アイヌの人による政治政党もできたようですが。

国が声高に、形あるもの―世界遺産登録や文化財保護の保全に勤めていますが、もっと何千、何百年も受け継がれてきた民族や無形の伝統文化を守るほうにも力を入れていくべきなんじゃないかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

牡蠣に

あたりました。キタ━(゚∀゚)━!

的中率95%!

ほとんど当たるからこりゃもうアレルギーです。

フライだけがダメと思ってましたが、今回は焼き牡蠣。調理に関係なくだめになっちゃったのかしらって感じですよ。

蕎麦に加えて食べられないものが増えました・・・。

。・゚・(ノД`)・゚・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

平清盛「源平の御曹司」

BSでフライングしちゃいました。

OPの色彩感覚とオケの音楽に合わせた映像がとてもステキです。

なんとなく古きよき少年漫画のテイストですね。

海賊退治に出張っていた清盛ですが、賊と勘違いされて検非違使に逮捕されてしまいます。

しかし平家の御曹司ということでいとも簡単に釈放されます。

そして北面の武士へと取り立てられる話になりますが、宮仕えなんて!とダダをこねます。一方源氏のほうもその嫡男義朝が清盛をライバルとみなし対抗心を燃やしますが、清盛は相手にせず。

しかし、実は1人で生きているつもりが平家に守られている存在であることを思い知らされた清盛は同じ御曹司の義朝に勝負(馬のチキンレース?)を挑みます。

が、落馬して自分の無力さを知った清盛ですが、義朝の強い武士へなるという決意を聞かされ、北面の武士として朝廷に仕えることになるのです。

じゃんじゃん!

なんかこうライバルがいるといいですね。そしてわめく清盛を背に馬で走っていく義朝が表情で語っているのがGJ!なんでもセリフで語らないあたりが(゚∀゚)イイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

センター試験とワンニャン時空伝

なんかいつもよりつっこまれておりますね。

社会の扱いが年々ぞんざいな気がしてきて、一応教免所持者としては、ききずてならない事態ですたい!

日本史Bをやってみました。

回答時間15分強で82点でした。

近代史がすっぽ抜けてるのが痛いです。
でも近代のほうが3点問題多く、配点が高いですよね。
全く勉強してないとこんな程度です・・・。

それにしてもセンター試験をいい加減2次試験への資格試験にして、次で勝負させてあげたらどうかなといつも思うのですが。こんな数十万人が受けて教科選択可能な試験で公平な問題を作るなんてムチャを30年くらい続けているのはすごいとは思いますが。

さて、病床にあり、あまりにもテレビがつまんなくて大昔に録画してた

「ドラえもんのび太のワンニャン時空伝」

を鑑賞しました。途中、帰ってきた親父に「お前いくつだよ!」と苦い顔されましたがw

これ、旧声優陣出演の最後の映画で、テレビ放送されたときにCMの前に声優さんたちの一言メッセージがあるという超保存映像です。DVDに落としてヤフオクあたりに出したら高値がつくんじゃねーかと思ってるのですが。(笑)

最後の作品なので、それまでよりはプロットがしっかりしててよかったと今更ながら思います。ここまでは映画館にも見に行ってたんですよ。いやー恥ずかしい。当時東京でやってた大人のためのドラえもんオールナイトに何度行きたかったことか!大阪でもやってほしかった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

平清盛「無頼の高平太」

画面にケチつける兵庫県知事のコメントも分からんでもないですが。今までの時代劇がキレイ過ぎだっただけで、映像技術の進歩によってリアリティを出してきているのですよ。
年寄りにはこういう画面は見にくいと写ってしまうんでしょうね。

でも当時は実際舗装されてない土の道だったわけで、土ぼこりとかすごかったと思います。

で、元服して清盛こと松ケン本格的登場。

のっけからベラ様がドSな雰囲気でいいですね。←すっかりベラファンw

漁を禁ずるモノノケな法王とご対面し、ここで感動の親子対面とならないのが今年の大河クオリティ?

この実の父との対面を機に清盛は自分らしく生きてやることを誓うわけですよ。

そして惜しまれつつ(笑)白河法皇が退場してしまいます。
いやーもうちょっと見ていたかったのですが。伊東法皇様を。

変わりにイってる皇室パートは三上@鳥羽上皇に交代していくわけですね。
ちょっとイヤンなシーンで女性問題が浮き彫りになっておりますがwこれが表面化していくわけでございます。

のちのネタバレをしますとこの鳥羽上皇が保元の乱のきっかけとなっていくわけで。

それにしても今年は江をいいと思ってた人と視聴者層がかぶらなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙人か!

木曜日あたりからなんか調子悪かったんですが、

土曜日の朝になって体調が悪く、ハラは痛いわ、ゲロゲロするわと最悪でした。

丸1日寝てました。

特に緑色の液体を吐いたときにゃとうとう宇宙人に変態するのかと思いましたYO!

胆汁だったみたいですね。何も食べてないから胃液も出ねえ、じゃあ胆汁って感じで。

この時点で大分マシにはなってますが、月曜日に振り替え休暇をとっといてよかったと思っております。ううう~。

こんな感じでウィルスにやられてしまった上に発熱もして完全にノックアウトでございますよ。熱は下がったようですが。

皆様もお気をつけくださいね。すでに2kg痩せたのは喜ぶべきことか?(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

そういえば。。。

何故か年度末ではなく1月1日に

・昇給

・有休カウントリセット

になります。

40日も有休取得が可能なわけですが、いつ使うねん!って感じですよね。

で、4年9ヶ月にして職名が変わりました。「事務員」っつーいかにもペーペー的な呼ばれ方が30歳過ぎてどうよって感じだったのでこれはいいかも。「主事」になるそうです。その次が主査で次が係長、となるようですがどうも職名の意味が分からん。公務員ってどこもこんな感じだそうですが。ラスパイレスやら人事院勧告でまだ給料もカットされそうだし、昇給したほうがカット率が上がって収入減になる可能性もなきにしもあらず。

30過ぎて手取り20万ないのに公務員が高給とりなんてどこのマスコミの妄想だよって感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

成人式。

自分のときは行ってなかったのですが。

仕事で行ってきました。

いやー、やんちゃなガキどものいることいること。

成人式はてめーらにはあと20年早え-YO!

と叫びたくなりましたが。そこはぐっとこらえて。(笑)

いやいや女の子はみんな華やかでおっちゃんたちには目の保養でしたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

平清盛「ふたりの父」

え・・・Σ(゚Д゚)

なんか

なんか

フ ツ ー に 面 白 か っ た ん で す け ど!

大河ドラマの第1回目ってこんなんだったよねってなことを思い出しましたYO!

のっけから壇ノ浦で平家滅亡の知らせが鎌倉に来るところからはじまります。

あれ、

ベラ様?

妖怪人間?

・・・あれって日テレぢゃ?

などとゆーつっこみは置いといて・・・。
(撮影はベラ様のほうがあとっぽいけど。)

で、第一回は中井貴一劇場でした。独眼竜政宗の初期の北大路御大の大活躍を思い出しましたYO!主人公の父親って結構重要ですね。

陰陽師の言葉により、忌み子として殺される運命だった白河法皇の子を引き取ることになった平忠盛です。

虚仮にされてる武士と貴族の上下関係が描かれてていいですね。

赤子を忠盛りに託し矢がむっちゃ刺さって絶命してしまったフッキー。

それを冷たい目で見る格付けマスターこと伊東白河法皇。

もう悪そうでいやらしい感じがGJ!ですよ。(゚∀゚)

そこへ侍るわ、聖子様。赤いスイトピーでも歌ってくれるのwktkしてます。なんか金麦の人といい、妙齢の美女に囲まれて役得ですよね伊東のお父さん。

で、数年後、パイレーツオブカリビアンな強い父を見て憧れ、父のように強くなることを目標にする平太くんでした。しかし、和久井母ちゃんの実子に対する態度と自分に対する態度の差に何かを感じ飛び出した街中で自身の出生を知ります。

そして父から真実を利かされた平太くん。

「強くなれ!」

との父の言葉が重くのしかかってくるのでした。

なんか往年のジャンプ漫画みたいな熱い親子関係ですよね。

スタパで中井さんが「大河らしい大河」とおっしゃっておりましたが、確かに。雰囲気だけでも去年のスイーツを超えておりました。男っぽい雰囲気なんですけど、実は脚本家は女性で、あの名作朝ドラ「ちりとてちん」の作者なんですよね。しかも今回原作小説なしで挑むとは、なかなかチャレンジな感じですが、わくわくしますね~。

それにしてもNHKで平清盛落胤説を採用するとは、時代も替わったもんですね。昔は天皇ですら役で登場させるのも恐れ多かったようなので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

岳・・・。

昨年オーストリアに行ったときですが、とにかく飛行機に乗ってる時間が長かったもので、映画を5本くらい見てしまいました。あんまり寝付けなかったのもあるんですが。

で、うち「岳」を見ました。山ヤの私としては、実は気になってたので。

で、見たら思ってたよりもよかったです。小栗旬と長澤まさみという組み合わせでいかにも狙った感がなんだかなあと思ってたのですが、山の怖さとか、遭難者への対処など、かなり非情な面も含めてうまく描かれているなあと思いました。

今、冬山の季節なのですが、一度冬の白神で道に迷って遭難して冬山の怖さを知った身としてはどうもチャレンジする気にならなかったのですが、こんなん見たら、すごく危険だけど、冬の北アルプスにも行ってみたいなあという気になっちゃいますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

あー仕事だよ、やだよお~

なんてつぶやいてる日本中のみなさんが大勢いらっしゃることかしらんとか思う今日この頃。

最後の休日、マターリとテレビみながらギターの弦を張り替えてみたら、全然音が違います。やっぱり楽器はメンテナンスが大事ですね。長いこと弾いてないから指が痛いです。弾くほうも慣れとかないとダメですねえ。

まあ3日行ったらまた3連休、ということですが、成人式終わるまではなんだかなんだかです。

今の職の5年目が過ぎようとしてますが、そろそろこーむいんも飽きてきたなあ~とぶつくさ言ってたら、おかんに、

「今の時代、働き口あるだけでもありがたいと思いなさい!」

と至極全うなことを言われて二の句が告げない私でございました。

それにしても今年の就職活動も厳しそうですねえ~。ほんっとに若者に希望のない世の中だよ、ったく~という感じでぼやいておりました。

あ、誕生日メッセージ下さった方々、ありがとうございます~。

どーでもいいトリビアですが私はロボット三原則で有名なアイザック・アシモフと同じ誕生日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年2012

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

そしてもうすぐ33歳になっちまいます。(苦笑)

今年は完璧に寝正月ですが、のんびりしたい欲望には勝てず(?)

公務員は悲しいかな4日から仕事で、連休は仕事なんですよね・・・。

そんなわけでマターリ正月です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »