« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火)

器が小さくて。

仕事で、研修会の案内を送り、参加者にはFAXしてもらうようにしたのですが。

参加する人のみFAXすればいいと考えて名前を書くだけでいいようにしたのでが。

研修会の後の懇親会みたいなものは参加・不参加のどちらかに○をする、と。

でけっこう参加申し込みが来て、申し込んだのですが、実際何人かは当日不参加だったとのこと。どうもFAXを間違えて、懇親会の不参加を全体の不参加と間違えてのFAXだった模様です。

ちゃんと読んでくれ、って考えだったのですが、この件を別の人に話すと、

「わざわざ不参加のを返事くれたことを責めるわけにはいかないですしね。」

と言われました。

う~ん、正直相手のミスばかりに気をとられてしまった自分の器の小ささを知りました。
もうちょっとおおらかに構えないとダメですね。
まだまだひよっこです、はい。(><)

人にやさしくされたとき~自分の小ささ知りました~♪
ですわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

平清盛「宋銭と内大臣」

少年漫画を見ているような気になる今年の大河ドラマです。

今回は平氏の繁栄は密貿易ナリ!

って感じです。

宋との商いに触れ貿易に興味を抱く清盛。

清盛の貿易や海外に対する夢に関して、義経でも語られていましたね~。かなり先ですが、貿易港神戸の始まりを築くのは清盛なんですよね。

さて、朝廷パートでは

土方歳三、さて、のちに朝廷の争いの種になる、藤原頼長が登場!今日もBSで見てるんですが、ヤマコーさんがこの後番組の時代劇の主役なもんで、あまりのギャップにびっくりですよ。(笑)この人、若手俳優では時代劇映えする貴重な役者さんだと思います。大昔は自閉症の車いすの少年だったのに。
(↑これが分かる人は20代後半以降)

都で舶来品を売りさばく、清盛を問いただしますが、悪びれず、朝廷を非難する様に粛清を告げます。そして相手のスキのなさに清盛は言い返すこともせず、未来への野望を秘めていくのでありました。

さて、他にどうでもいいつっこみと気がついた点を

・ツンデレのなっちゃん(ギャグ要員?)

・オウムの声はぐっさん?(ヤマコーさんだけに)

・BL展開?の佐藤義清と崇徳帝(←実際説がある。だから出家したとか。)

・菊酒ってあんなん?(←数年前、某地域づくり教室で飲んだ。)

・忠盛の食べてたきんちゃく袋みたいなお菓子は「清浄歓喜団」というそうです。
小麦粉を油で揚げたものだそうな。舶来のお菓子です。
これは昨年、仕事がらみで昔のお菓子を調べることがあって、事務局ボランティアの方が調べてくれたもの。ちゃんと当時の菓子を出してるNHKの風俗考証は流石。

・ワイルドな義朝(BGMはTM NETWORKでお願いしますw)

・今日も阿部サダヲ劇場

さて、次回は史上最強の大天狗の登場ですねっ!
中の人からして、騙し合いをするにはもってこいだ!
+(0゚・∀・) + テカテカ +

BGMのあまりのかっこよさにタルカスのCD(東京オペラシティーのライブ音源)を買ってしまいました。オケのかっこよさを十分に引き出していると思います。

この勢いだとサントラも買いそうな気が・・・。

++++++++++++

ところで、ブログのアクセスがもうすぐ10万人です。
みなさまご来訪ありがとうございます!
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

競争社会

「ロボットに植え付けた競争本能が悪かったか」

「他人より少しでもすぐれたものになろうという心だよ」

「みんなが競い合えばそれにつれて社会も発展していく。ただしひとつ間違えると自分の利益のために他人をおしのけてもという・・・」

ドラえもんの大長編「のび太と鉄人兵団」のクライマックスに出てくるセリフです。

子供向けアニメの枠を超えてるなあと大人になって思うことしかりなんですが。
87年当時、ガンダムに代表されるロボットアニメ全盛期!サンライズの時代でした。
そんな時代背景があって作られた人間をどれいにしようとやってきたロボットとの戦いを描いたこの作品。
ラストの「天使になったリルル」で涙腺を刺激されること間違いなし!
親になったみなさん、「声が違う!」とは言わずにぜひこれはお子様に見せてください。

競争することで社会が発展する、という考え方は決して否定してはいけないと思うのですよね。資本主義の根本はそこにあるのですから。

いかにフェアな競争をするか、ということがモラルとして求められるものだと思いますが。

横並びでいいことなんて人権・民族・性別以外にはないと思うのですよ。個性を育てるはずのゆとり教育が誤算だったのは、「競争したくない」考え方を植え付けてしまったことなんだと思うわけです。
個性=差
であるはずなので。

切磋琢磨という言葉がありますが、戦後の日本の発展も競争から生まれていったのは間違いないはずです。

何がいいたいのかというと、競争なくして発展・進歩はなし、てなことです。

フェアプレーでの勝負が行われる社会って前向きでステキだとは思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

平清盛「光らない君」

BSで7時半から9時まで「BS日本のうた」という番組がやってまして。

それを親父が見たいがために8時から大河が見れないという。私にはテレビのチャンネル権がないんすよ・・・(泣)テレビ買ったの私なんですがね!

てなわけで今日もBSフライング視聴です。

松ケンが数年前に主演した「セクシーボイスアンドロボ」というドラマが好きで見てまして。黒田硫黄氏のマンガが原作だったかな?視聴率的にそんなによくなくて話題にも上りませんでしたが、これでコメディーイメージが結構強いのですよね。

てなわけで前回の少年漫画とはうって変わってコメディータッチな清盛の縁談話です。

それがNHKクオリティ(笑)な偶然助けて出会った明子さんに一目ぼれした清盛は、その父の願いもあって彼女に猛然とアタック!佐藤義清に歌を代筆してもらってまでw
平安って歌のやりとりがラブレターなんですね。

「瀬をはやみ岩にせかるる滝川の~」という崇徳院の歌がすぐにピンときたそこのアナタはCHマニア!(笑)@泥棒勝負

んなどうでもいいネタは置いといて。

平家と身分違いの縁談に平家一族は反対しますが、清盛が自分と似て自ら道を切り開こうとする明子を嫁にもらいたいという熱意に負け、縁談を認めることになりました。

こっちのさわやかラブコメとは逆に朝廷パートはドロドロ。産んだ子が女の子だったこと、それを悪意なく祝う金麦の人に対しての嫉妬心メラメラの得子サマでございましたよ。
あなたの男子を産みたい!と堂々と上皇に迫る得子サマ。
微妙にこれって濡れ場ですか、そうですか。(*´д`*)
横山めぐみさん@真珠夫人がいらっしゃる上、こういう大河でのドロドロを見ると中島丈博御大の脚本かとおもいましたYO!
あ、藤木直人といえば元禄繚乱・・・。
すみません、この辺のネタは大河マニアの人だけ分かってください。

そうそう鱸丸が養子として盛国に変身!小綺麗になりました。

あとは浮世離れしたドリーム女子深キョンはあて書きしてんのかと思うほどハマってますなあ。のちの平家のゴッドマザーの片鱗が全くない(笑)
そういえば主役と正ヒロインが同じ事務所って大河では珍しいですね。大概はずしてくるのに。

さらにOPのタイトルバックで「東映アニメーション」ってすっごい気になったんですけど。
前からありましたっけ?

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2012年2月18日 (土)

ピリカ・ヌプリ

寒波の中、雪中登山です。

いやー銀世界は美しいですね。

山頂で食べたカップヌードルがうま~い!

Kongo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

ロマンシングヤード

いやー寒いですね。またも寒波到来。タイトルはオチということで。

職場が3月に引越しになるようで。

3階から4階になるだけですが。めんどくせえ。

毎年毎年機構改革とかいって部署名変えたり再編成の繰り返しをしているわけですが。

ジョジョ的に言わせてもらうと

ありのままはなすぜ、5年前と一緒!

と過去の資料をみて思ったり。

組織を細分化しては統合し、細分化しては統合の繰り返しなんですよね。

名前や場所がコロコロ変わって市民の人には分かりにくいことこの上ない。ホントに市民のための行政かよと思うのですよね。

役所の部署は

土木・福祉・税・教育・政策管理・市民生活

これぐらいに分けるだけでいいんじゃないのと思うのです。部門が幅広いからセクショナリズムに陥らずに分野内での横の連携が取れやすいと思うのですがいかがでしょう?

ポストの数と照らし合わせるような機構改革なんていりません。

え?ちょっと毒づいてる?(苦笑)

心殴りつけはじまるってわけですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

仕事を辞めるには

自分で食ってける職業に就くしかないってことで。

漫画家か作家を目指そうという話をしてて、作家が一番楽だろうということで作家を目指します!

で、今日同期とどんな話が売れるだろうという話をしてまして

・ヒロインはさらわれても自力で脱出

・ヒロインを助けに行った味方が捕まってしまう悲しきすれ違い

・奈良を舞台にして、出稼ぎ先のPR!

・30代負け犬OLが魔女になって人助け!蛙に変身!

・大仏がしゃべりだす

以上の条件を満たしたアクションアドベンキャーコメディーを執筆して印税で儲けることを目標にがんばります!

さあ、みなさん、読みたくなったでしょ?

でしょ?

でも売れるお話って結局ベタな部分ってありますよね。そこを的確に構成できればいいのかしらん。←ホントに書く気か?(一応文学部卒)

・・・小説なんてかいたことねーぞ、アタクシ(゚Д゚)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

平清盛「西海の海賊王」

今日もBSフライングです。

前回でワンピみたいとか言ってたら

あちゃー(´Д`)

「海賊王に俺はなる!」

ニュースでも言われてましたがこの台詞言っちゃいましたよ。

キタ━(゚∀゚)━!

って感じです。

でもワンピというよりかは

パイレーツオブカリビアンですね。

海賊の皆さんはジャックスパロウ風味の衣装かと。
まあそんな分かってやってるんだろう的なところはつっこまないでおきましょう。
(突っ込んでるけどね)

海賊一味に囚われた清盛たちを助けるために平家一同総攻撃。
霧の中から颯爽と現れた一軍のかっこよさったら!
兄のために、快く思っていなくても清盛を助けに戦う忠正叔父もイイヤツダ!

いやもうどこの映画かというこの画面の造りこみっぷりがすごいですよ。
やれば出来る子、
それがNHKクオリティ。

父の敵と平氏を恨む兎丸(元まえだまえだ)が登場!
彼の登場により、自分の出生の秘密と今までの父と血への苦悩を吐き出す清盛。

いやー熱い!熱い!熱い!

朝廷で成り上がろうとする武士としての清盛の思いが海賊一味を仲間へと取り込みます。

こういう+(0゚・∀・) + ワクテカ +

な感じがステキ。

なかなか面白いです、ハイ。

女性陣がチラホラ登場してきてますが、平時子って深キョンだったんすか!

なんとなく流行のツンデレで行く気か!?と。

朝廷パートはドロドロしてきましたね。うひ。
微妙にサヨな思想が気になったりもしますが、

兵庫県知事の勘違いな発言やゲンダイのどーでもいい煽りに負けずにこのクオリティで続いてほっしいです。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2012年2月11日 (土)

実写化にもほどがあるわい

韓国で実写化されたシティーハンターが地上波で今月から放送されてるようで。

関東のみみたいですが。
あらすじみて吹いたのでござるよ。
国家地図通信網チームでソウルってなんやねん。

http://www.fujitv.co.jp/hanryu/cityhunter/introduction.html

主役がジャングル育ちで拳銃もってるとこくらいしか全く共通点が見当たらん!

リョウさんは自称ハタチのツンデレ三十路変態おっさん
でないといやだーい!。・゚・(ノД`)・゚・。
ロングヘアの香ちゃんなんかいやだーい。・゚・(ノД`)・゚・。
海坊主の出てこない(以下略

タイトルだけで釣るアジア諸国の逆輸入悪徳商法はなんとかなんないんですかいね。
コンテンツ産業栄えなり、といってもほどがあるわい!

同じ実写化でもぶつくさ言ってたるろ剣のほうが遥かにマシだと思いましたYO↓

http://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin/

原作リスペクトな気配はします、いい意味で。
ってかちょっとこの脇のおっさん陣の豪華キャストにちょっと見てみたいと思ってしまいました。CCO様は出てこないようですが。←mixiで叫んでましたが、大ファン。

で、何がいいたいかといいますと!

30代ホイホイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

時代に乗って

iphoneにしてみました。

なんとなく、家電量販店で、

「入荷!」

と書いていたので、つい。

日本全国津々浦々旅に出ることが多いので

地図としての使い道が一番かもしれません。

あと2年くらいすればスマホユーザーが8割くらいになるでしょうが。

2Gの携帯電話の仕事してたのが丁度10年前で、あの億単位のデカいサーバくんたちはどうなったのだろうか、ふと某駅を通ると思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

平清盛「海賊討伐」

「海賊王にオレはなる!」

というセリフがなんとなく聞こえてきそうなBSフライング組。

なにげにワンピースブームにちょっと乗ってるんじゃないの?とかも思っちゃいますが。ここ数年のマスコミのワンピースフィーバーはなんでしょうね。初版で400万部というとんでもない売り上げで累計では少年漫画のキング、ドラゴンボールをとうに越してしまっております。でも、これターゲットにすべき子どもより20代の大人のほうにウケてるというのはいいんかいな、と思います。本来子どもにウケるべきマンガだと思うのですが。

んなマンガ時報は置いといて、海賊討伐を命じられた平家一行です。
わが事しか考えられない貴族連中のイヤミっぷりったら!
海賊退治に向う平家内で叔父の忠正と清盛の確執が見え隠れするのですが、これも保元の乱の伏線となっていくのでありますね。

で、朝廷パートの鳥羽上皇周辺がドロドロ。某ゴシップ記事に視聴率上昇のために濡れ場を!なんつー煽りがありましたが・・・。(笑)新たに得子様が宮仕えとなり、鳥羽上皇の弱みに付け込んでいくのでございますね。妃の不貞とわが子として生まれたその子の存在を妬む鳥羽上皇は新手のツンデレとみた!(゚∀゚)

ま、基本歴史の影に女ありってな感じがありありと表現されております。
三上さんの神経質そうな上皇のはまりっぷりがステキ。
どうでもいいけど松ケンと松雪さんって某デスメタルマンガの映画の社長とクラウザーさんではないですか。(笑)対面したら笑ってしまいそうですYO!

一方その対比で血のつながりのない清盛を育てるにいたる決意を語る清盛の母宗子さんの大きさを弟クンは知るのでした。

さてさて海賊との悪魔の実をめぐっての戦いは来週~!
毎回思うのですが、サブタイトルが一話ずつ内容とズレてる気がするのは私だけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

ベートーベンだねRock'n'roll

この曲が分かる人は私と同世代の藤子Fファン。

たまに職員研修というものがありまして。変り種の研修がいろいろあって、先日はゴスペル歌手の方のコンサート形式の人権研修だったり、去年は漫才師の方とか、結構J事課も色々頭をひねってくれているみたいです。

で、今日は説得力向上研修というものでありました。例のごとく研修会場は後ろから席が埋まっていくものですが。

私が参加した回は人が少ないためか、

「はーい、人が少ないので前にお座りくださーい!」

ということで一番前のど真ん中に移動させられるハメに。

気が抜けねえ。

おかげで講師の方にマイク向けられてしまいましたYO!

「まだウォーミングアップですから!上司の方はいませんから!どうぞ遠慮なく言ってください~」(←やけに楽しそうな先生)

・・・こういうことってよくありません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

粉雪な2月ですか。

はじめてフルコーラスを聴いてみました。

レミオロメン活動休止のニュースを聞いて。

いやもう寒かったですよ、ホント。

そうそう、先日仕事がらみでこの人のミニライブを聴いたのですが、期待せずに聴いてたら、なかなか良かったですね。売れればいいなあ。

Yohei Nakamuraさん

http://www.youtube.com/watch?v=QH1VE_EGZyY

男性ボーカルに多い、わざとフラット入った歌い方があんまり好かんので、こういうボーカルが個人的好みなんですな。

ちなみに私が男性ボーカルで声が一番好きなのは根本要氏だったりします。

え?意外ですか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »