« ホームページをちょっと復活 | トップページ | 梅の香の季節はすぎ »

2012年3月 4日 (日)

平清盛「ふたりのはみだし者」

今様=今でいうRAP

という感じ。

平安末期の大天狗ゴッシーことのちの後白河法皇、雅仁親王の登場です。某嘘つきゲームの映画宣伝のタイミングでGJ!な感じですたい!

どうでもいいですが、この親王がかたつむりの今様を歌っていましたが、今から11年前、その祖父の白河法皇役の伊東四朗さんが、同じく大河ドラマ「北条時宗」で同じ歌を歌っていたというのに気がついた人は全国にどれくらいいたでしょうね・・・。
これを意識しての演出だったらすごいですが。

子供(のちの重盛)も生まれてすっかり落ち着いた清盛。弟ともうまくやっていきますが、それとは逆にまさに骨肉の争いを繰り広げる朝廷。

とうとうデスレコーズの社長得子様が男子を出産し、権力争いに加わります。
女同士の後宮での争いがいよいよ表面化してきます。

一方義朝は苦労していた東国で三浦一族との出会いにより、ようやく地盤固めへの一歩を踏み出します。

清盛と出会った雅仁親王ですが、双六勝負で清盛の息子に手をかけようとします。しかしわが子を守ろうとする清盛に対して自身の境遇と照らし合わせたのか、高笑いをして去っていきます。二人の戦いは始まったのでした。

松田聖子さまと言い、OPといい、”双六”がこのドラマのキーアイテムになりそうですね。色々な伏線が散りばめられてそうで、期待しております。

|

« ホームページをちょっと復活 | トップページ | 梅の香の季節はすぎ »

コメント

>後白河法皇
入道相国同様「若いっ!!」と感動しましたよ。しかしこの時点でいくつくらいなんですかね~まだ若いんですよね。いい年した若人がみづらゆってると全員聖徳太子に見えますが…

>後宮での争い
大奥ですね~

>清盛の息子
今回、番組開始で生まれ三十分たらずで歩くまでに成長した彼に一番驚きました。生き急いでますねbearing

投稿: | 2012年3月10日 (土) 23時41分

↑名前かかず投稿し失礼しました
ラムネです

投稿: らむね | 2012年3月10日 (土) 23時43分

>らむねどの
ごっしーはおじいさんのイメージが
強いですなあ。前のヒラミキさんの
妖怪法皇とか。

>>子
なにげに1年とか平気で経過してますよね
それが大河マジックですたい

投稿: rin2@とみたりん | 2012年3月11日 (日) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/54140876

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛「ふたりのはみだし者」:

« ホームページをちょっと復活 | トップページ | 梅の香の季節はすぎ »