« 平清盛「もののけの涙」 | トップページ | 平清盛「宿命の再会」 »

2012年3月21日 (水)

日帰り登山@福井

日本百名山のピークハントをはじめて10年目くらいになりますが、今年の1座目は福井県の大野市にある荒島岳です。3月とはいえ、北陸の山間部はまだまだ雪化粧です。

百名山の中では1523mと低いほうなんですが、雪山訓練も兼ねてこの時期にチャレンジしてきました。

登山口の勝原スキー場に到着すると路面凍結してる上に雪・雪・雪。

スキー場のゲレンデを登っていくというコースでした。

これがなかなかハードで、雪に足をとられるわ滑るわでなかなか前に進まないっと。
しかも数日前に別の山に登って筋肉痛が治ってない状態だから踏ん張りがきかずに悪戦苦闘。リフトはもちろん動いてません。っていうか、ここのスキー場つぶれてない?

ゲレンデを汗だくになりながら登りきるとそこはブナ林

Img_buna

春の芽吹きの気配を聞きながら急な登りをゆきます。
トレースがついてたから比較的大丈夫だったのですが、杖もピッケルも持たず、アイゼンも4本爪(これしかもってない。)のみで登るのはかなりハードでした。
途中すれ違いのなぜか富田林を知っている地元民っぽいご夫婦に「軽装ですね、慣れてる方?」と言われましたくらいで。そりゃそうだろうよう。

ブナ林を抜けて稜線に出ると、360度の抜群の展望!
そして雪の照り返しでまぶしい!

かなりの傾斜に体力を消耗させながら3時間ちょいで山頂に到着。

Img_top

・・・雪で完全に埋まっとります。
何かわかんねえ。

Img_0057

しかし景色は絶景ナリ。

さえぎる物が何もない山頂だったので風がふきっさらしです。で、あまりにも寒くて長居できず、手袋も軍手が凍ってしまって使えなくなって手が凍傷の危機にさらされるくらいの寒さ!
てなわけで写真撮ったら早々に下山しました。寒かった、ほんと寒かった!
そして怖いのが下りです。何せ滑落したら命はない、と。
でもこれが雪で滑るのよね。ヒヤヒヤしました。途中狭い急傾斜のとこなんかがありましてどう降りたもんかと苦労しました。半泣きでした。そしてマジ怖かった・・・。
やっぱ杖はいるなあ、ハイ。

なんとか下山できたときは今までと違う感動がありました。

雪山は装備しっかりしないと・・・。反省(←こんなんばっかり)
雪焼けで顔がイタイ・・・。

おまけ

Img_0059

福井のサービスエリアでボルガラーメンってのを食べました。流行りのB級グルメだそうで。とんかつと卵がのった洋風のラーメンでスープはトマトベースです。

なかなかおいしかったです。

|

« 平清盛「もののけの涙」 | トップページ | 平清盛「宿命の再会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/54272655

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り登山@福井:

« 平清盛「もののけの涙」 | トップページ | 平清盛「宿命の再会」 »