« 限定版らしい・・・ | トップページ | 桜の山道 »

2012年4月15日 (日)

平清盛「家盛決起」「嵐の中の一門」

平氏は一門が仲良かった、ってのが平氏ファンの方の弁。

確かに源氏は一族内での争いが絶えなかったのですよね。

てなわけで、清盛の神輿を射た行動や、父忠盛の思いを知った弟家盛クンです。兄には平氏を任せられない、何より母のため、と後継ぎになるべく決起いたします。

それを後押しするアッー!BLな頼長サマ。(;´Д`)

もう腐女子にターゲットを替えましたか、今年の大河はインテとかビッグサイトあたりで例年よりBL本が多く並びそうな悪寒がします。

とりあえず、変な濡れ場より気まずいシーンですな。笑

どうでもいいですが一応NL推奨サイトなのでここに検索で来られる方、期待しないでね。

清盛もそんな家盛の心変わりに心穏やかではなりません。

そしてBL頼長に唆されてたことを知らされた家盛ですが、ただ、母のため、という言葉を残し、熊野詣の随行途中で病で亡くなってしまいます。

お前が災いを招いた、と言う忠正叔父と、悲しみのあまり家盛の亡きがらに触れさせようともしない母の完子さん。血のつながり、そして忠盛の清盛の実の母舞子への思いなど、様々な思いが交錯して一門の結束はバラバラとなっているのでありました。

そこへ清盛に高野山の塔の再興を名代として命じた忠盛。

高野山で清盛が出会ったのは出家してもモテモテ☆な佐藤義清改め西行法師でありました。旅の中に真実の美を探し求める西行の心に触れながら未だ悲しみの癒えない母を見て一度は高野山の再興をやめそうになりましたが、家盛への思いを断ち切れない清盛は父の制止を振り切り曼荼羅に血を流しながらも筆を入れます。

その清盛の弟への思いを見た母の完子は泣きながら、笑ったのでありました。

このピアノBGMがGJ!

一方朝廷では皇位争いや摂関家の権力争いがぽつぽつと出始め、保元の乱への布石がうたれ始めております。

何気に実写版神谷薫常盤御前も登場。絶世の美女ですか、そうですか。廓御方の設定は通説を採用するのですな。

来週は忠盛パパの退場になりそうですね。。。

|

« 限定版らしい・・・ | トップページ | 桜の山道 »

コメント

>BL
否っ衆道です(笑)一緒にしてはいけない気がします(笑)左大臣様はそういうご趣味だそうですし仕方ないです。倫理・教育的観点?でみても、手篭めにしてたり妾をガンガン作ってるのはOKで男色はNGってのも不思議な話です。ただ、この頃って奥さん何人もいるのに衆道もたしなんでる「おせちもいいけどカレーもね」的な傾向ありますよね。

でも間違いなく気まずいシーンです

寧ろ次の回の忠盛パパを追い詰める左大臣様に大興奮しました。土方さん本当にいい仕事です。

>忠盛パパ
本当に残念です。主人公パパが前半で退場するのは仕方ないのですが、まさかここまで素晴らしい存在感を出してくるとは思わなかったです。

投稿: らむね | 2012年4月15日 (日) 23時16分

>らむねどの
>>しゅどう
失礼いたしました。笑
まあむしろ紳士のたしなみって感覚でしょうが。三上さんとヤマコーさんはいい仕事されてますなあ。朝廷組があんなんだから
平家や源氏がやたらさわやかに見えます。

>>忠盛パパ
存在感抜群でしたね。ミキプルーン。
退場が惜しいですなあ。

投稿: rin2@tomitarin | 2012年4月16日 (月) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/54479287

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛「家盛決起」「嵐の中の一門」:

« 限定版らしい・・・ | トップページ | 桜の山道 »