« 平清盛「家盛決起」「嵐の中の一門」 | トップページ | 地方分権と幕藩体制 »

2012年4月16日 (月)

桜の山道

春の天気の悪さに桜はあっちゅーまに散るのが惜しいですが。

今日、久々に二上山のふもとを通って職場まで車で行くと、まだ遅咲きの桜が満開でした。平地はだいぶん散ってしまいましたが、まだ残っている満開の桜を見ることができました。山間部のせいでしょうね。よそ見してると事故っちゃうのであんまりじっくり見ることができませんでしたが、やっぱり満開の桜に風流を感じずにはおれません。日本の心です。

「願わくば花の下にて」

西行法師は素晴らしい歌を残したなあと思います。

ところで作者不詳の童謡

「さくら」

あの物悲しいメロディーはどういう経緯でつくられたのか、謎です。
散るのが悲しい、というのは分かるのですが。

|

« 平清盛「家盛決起」「嵐の中の一門」 | トップページ | 地方分権と幕藩体制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/54488553

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の山道:

« 平清盛「家盛決起」「嵐の中の一門」 | トップページ | 地方分権と幕藩体制 »