« 出前解禁! | トップページ | 平清盛「保元の乱」 »

2012年5月26日 (土)

増税ありに改革なし

消費税の話が二転三転しておりまして、

最近まで震災復興もあるし、消費税率アップは仕方ないなあと思っていたのですが。

よくよく考えたら消費税で税収のどれだけをまかなっているかというと、これが20%ほどとそんなに割合が高いわけでもなく。

国内消費が少ない貯蓄大国で消費税を上げたらさらに消費に慎重になってデフレスパイラルがさらに深刻になったりすんじゃねーかと思います。税収を上げるはずの増税政策が、逆に減収ってこともありえない話ではないと思うのです。

経済ってカネをつかってもらって回るもんですから。

海外、海外と言ってますが内需がありきで経済は発展するものだと思うのですよ。

てな感じでサイフのひもを固くさせずに、もっと他のところで税金をとれないもんですかね

私が提案する一番の経済政策は

「携帯電話・インターネット産業の廃止」

ネットでなんでも買える、簡単に連絡はつくし、音楽、書籍、映画といった文化産業がダウンロードによってなんだもかんでもうまくすれば無料で手に入ってしまうお手軽さ。こんな便利さを覚えたらだれもお金を出してモノを買わない。

そんなんじゃ産業が発展しないですたい!

もうこんな世を止める術はありませんが、もしこれが実現できれば経済は活性化する、断言できますたい!笑

|

« 出前解禁! | トップページ | 平清盛「保元の乱」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/54806149

この記事へのトラックバック一覧です: 増税ありに改革なし:

« 出前解禁! | トップページ | 平清盛「保元の乱」 »