« この一週間 | トップページ | 大人買い。 »

2012年5月13日 (日)

「誕生、後白河帝」「鳥羽院の遺言」

2週分まとめて感想です。

歴史的な流れとしましては

近衛帝の崩御→後白河天皇即位

でした。

実の子ではないと思われ父親にうとまれていたARATA、もとい崇徳上皇。近衛帝の後継ぎをわが子の重仁親王にし、自らはようやく院政をしくことができると思いますが、それまでの恨みの積み重ねに危機を感じた朝廷一同により、後継ぎはなんと雅仁親王に決まってしまいます。親子のわだかまりを解決しようと奔走する清盛ですが、その願いむなしく、後鳥羽院の思いも通じず崇徳上皇の恨みはつのるばかり。

頭文字にうらみ節を込めるというシャレのきいた後白河帝即位の祝いの歌を作るなどなかなかお茶目な方です。

髪の毛だけ白髪を交えて年をとったように見せかけた松田聖子様に泣きついて、生まれたことを悔やんでいた雅仁親王でしたが、わが世が来たことに喜ぶ間もなくそんな兄の恨み節に激昂。対立軸が生まれてしまいます。

一方源氏は源氏で義朝が弟の義賢を息子の義平に討たせます。源氏親子の決別も決定的なものになってしまいました。

平和なのが文字どおりな平氏。時子の妹滋子が登場し、男どもで自分の嫁に?ととりあう始末。老臣家貞さんまで加わる始末。さりげに立候補しようとしていた忠正叔父に密かにワロタ。

鳥羽院が病に倒れてのちを憂う信西たちの画策により、誓紙を武士に出せといいます。
しかし親子仲の修復こそ、平和の道だとあきらめきれない清盛ですが、義朝の一族を守るための決意と自身の立場を思い、鳥羽院に誓紙を出し、最後の見舞に訪れた崇徳上皇を追っ払います。

そこへ信西の策略にはまり、摂関家内で遠ざけられ気味であった藤原頼長が現れます。

崇徳チームの結成が始まります。

あ、唯一の癒しキャラだった藤原家成さんがさり気に退場・・・一番いい人だったなあ。

池禅尼に「平氏を守ってくれ」と言われて忠正叔父のフラグも立ちました。

いよいよ保元の乱です。

|

« この一週間 | トップページ | 大人買い。 »

コメント

>対立軸
メインの崇徳、鳥羽の悲しい話のワキでうっかり法皇様に即位は間違いだったとか言われたキーワード「いらない子」こと後白河帝。彼の立場を思いますとそりゃ対立しちゃいますよ。こっそり火種まいての退場になりましたね。

でも本当に鳥羽院はいい仕事をして下さいました。この人のおかげで朝廷のドロドロが見応え抜群でしたheart01

>信西
なんて充実したセカンドライフhappy02
この時代、源平藤橘以外で成り上がるには並々ならぬ才覚が必要でしょうからすごいですよねcatface

>忠正叔父
滋子を囲んでの一門のやりとりおもしろかったですね。なんかすごくちりとてを彷彿とさせました。せっかくお茶目な面を見せてくれた叔父上、こっからはシリアス一直線ですかね~

投稿: らむね | 2012年5月19日 (土) 00時18分

>らむねどの
鳥羽様、ほんまにエエ仕事でした。
かつてのトレンディ俳優は名優になりましたね。

>>叔父
清盛の子供たちにはいい叔父さん
なんですよね。
ちょっと池禅尼のことを気にしているの
と一門のことを大事に思っているのが
どうしても清盛に対してつらく当たる
ようになっちゃうんですよね。
どういう経緯で崇徳側につくのでしょうか。

>>信西
いちおう藤原の一族だったとは
思いますが、摂関家ではないので
下っ端だったはずなんですが。
成りあがる様が面白いですよね。

投稿: rin2@tomitarin | 2012年5月19日 (土) 22時09分

>藤原の一族
失礼しました
そうなんですね

番組当初の、官位が低い為に軽んじられる頃を思うと何たる大出世
アグレッシブに這い上がってきたことを考えると、清盛に崇徳院の不遇を訴えられてもひたすら受身で過ごしてきた院に対してはあまり同情できなかったでしょうね

投稿: らむね | 2012年5月25日 (金) 18時37分

>らむねどの
そういや、
保元の乱後の崇徳院のエピソード
(陰陽師の出番が必要になりそうな話)
もやるんですかいね。

信西のイメージってイヤミな
おっさんやったんですが、
開始当初の不遇っぷりを見ると
成りあがりの面白さがありますね。

投稿: rin2@tomitarin | 2012年5月25日 (金) 21時16分

>乱後の崇徳院
もちろんLet's白峰heart01だと思ってます
てかその為に西行はチマチマ出てきてるんだと信じています。でも出来れば生きてる内に会わせてあげたい二人です。


で、死後の登場の際はOPのキャストに

 崇徳院(怨霊)

とか書いてほしいです
義経の時の阿部寛のようにcatface

投稿: らむね | 2012年5月26日 (土) 11時29分

>OPキャスト

(怨霊)

ワロタ。

崇徳院の中の人が涼やかな感じなので
ドロドロンがちょっと楽しみな気は
しますね。

投稿: rin2@tomitarin | 2012年5月26日 (土) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/54702608

この記事へのトラックバック一覧です: 「誕生、後白河帝」「鳥羽院の遺言」:

» 平清盛 第19回「鳥羽院の遺言」 [あしたまにあーな]
後白河天皇が突然誕生し、なぜそのような決断をしたのかを明らかにしないまま、鳥羽法皇は心が穏やかではない日々が続きます。物語の中では、信西の陰謀によって完全にコントロールされたらしいことが説明されていましたが、鳥羽院の口からはひたすら謝罪の言葉しか出てきません。視聴者が知りたいのは、なぜ後白河天皇を選んだのかということなのですが、残念ながら今回話がなかったので、次回以降は闇に葬られてしまうことでしょう。 これによって、一躍権力者になった信西ですが、自分で実権を握ったと述べていることから、自覚は思いっき... [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 21時53分

» 平清盛 第19回「鳥羽院の遺言」 [あしたまにあーな]
後白河天皇が突然誕生し、なぜそのような決断をしたのかを明らかにしないまま、鳥羽法皇は心が穏やかではない日々が続きます。物語の中では、信西の陰謀によって完全にコントロールされたらしいことが説明されていましたが、鳥羽院の口からはひたすら謝罪の言葉しか出てきません。視聴者が知りたいのは、なぜ後白河天皇を選んだのかということなのですが、残念ながら今回話がなかったので、次回以降は闇に葬られてしまうことでしょう。 これによって、一躍権力者になった信西ですが、自分で実権を握ったと述べていることから、自覚は思いっき... [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 22時29分

« この一週間 | トップページ | 大人買い。 »