« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

現地集合

人とどこか遠出するとき、現地集合派です。先日そんな話をしてまして。
それぞれ違う場所に住んでるメンバーがひとつのところに集まるってのがなんか楽しいです。友人・知人との待ち合わせで一番面白かったのが

「ウェリントンの船着き場の噴水前」

でした。

他、

「青森駅の改札出たところに22時半」

もなかなか通な現地集合だったような。

だから「方向音痴だから集合場所まで一緒に行って!」と言われるのがどうも苦手ですたい。なんのための現地集合だ!ってなわけですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

飲茶食べ放題

神戸で飲茶パーティー?

どんだけ頼むねんって感じで中華やらデザートやら。

Img_0188

80分で頼み放題だったんですが、飲茶にしてはメニューがけっこうあったのでぱくぱくと食べまくっておりました。手前の水餃子がデカくてびっくり。

Img_0190

おまけに寄った神戸市役所の展望ホールからの眺めです。
天気がそこそこなので神戸を一望。夜景もきれいでしょうね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

平清盛「見果てぬ夢」

ラ・マンチャの男、というミュージカルがありますが、

「The Impossible Dream」という曲が劇中に流れます。

直訳すると今回のサブタイトルですが、まさにこの曲の歌詞が信西が宋への夢を語るシーンにぴったりな感じですたい。これを原詩で歌えるとさらにかっこよし。

んなミュージカルな話は置いといて。

由良御前の退場です。なっちゃんの誇らしげな様子、が泣けます。

初期のツンデレ?的な
「・・・と父が申しておりました。」でその生涯を閉じます。
その意思は息子の頼朝に受け継がれるわけですが。

その頼朝が清盛と初めて対面します。
うっかり清盛に注ぐお酒をこぼしてしまった頼朝ですが、そのときの清盛の言葉「一番強いのが平氏だ」は若いころの清盛と父の義朝の比べ馬の話からつながってたのです。
お互いをライバルだと認め合って嬉がるという、過去と今。
いやー話のつながりが半端なく上手い。なんか泣けた。
ハリウッド映画の全米No1並みに泣けます。
。゚(゚´Д`゚)゚。

ついでに回想の過去の清盛、確かにかなり汚いと今と比べて納得。(笑)

さて、ダンスで後白河上皇に気に入られてる藤原信頼ですが、信西が気に食わず。
他の天皇方の反対勢力とともに彼を除こうと画策。
義朝をその仲間に引き入れようとします。

一旦は断る義朝ですが、頼朝に清盛とはどういう存在かを尋ねられて答えることで、強い源氏をつくる悲願を遂げるため立ち上がる決心をします。

何度も言いますがほんと伏線回収が素晴らしい。
だから、ながら見には適さないのも視聴率低い一因なんでしょうね。
言いかえれば「渡鬼」好きな層には絶対ウケないw

さあ、平治の乱のはじまりです。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2012年6月23日 (土)

またしても。

もう八ヶ岳から一週間、ということで月日の経つのは早いもので。

ところで、下山して電車で帰ってくるハメになったとは前述のとおりですが、山梨県の清里でも

道を尋ねられました・・・。

どうみても登山のカッコで地元民にはみえないだろうよおおお~。

「地元のモノじゃないんでわかりませんが、そこに案内看板があるからそれをご覧くだせえ。」

と答えましたが。

わざわざ車を止めてまで。

今しがた道を間違えてこんなところに来てしまった私にそれは酷なもんだろうってばよ!

Img_0173 

日本で2番目に標高の高い小梅線の清里駅です。

ちなみに隣の駅の野辺山~清里間は日本鉄道最高点があるそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

最近の出来事

ツイッターやfacebookの内容から。

・足の筋肉痛がひでえです。

・今年の大阪マラソンに当選しました。外れた人の分も背負って完走目指すので皆さんの生温かい声援をお願いします。ちなみに去年秋の金沢マラソン以来、7カ月ほど全く走ってません。夏場は登山で訓練、ということに・・・。また、9月に小倉競馬場を走る予定です。

・某出版社より本を出す話を頂きましたが、どうも自費出版のリスクが怖いのでお断りしました。希少ジャンルの二次創作のオフセ本をインテあたりで売ったほうがまだ元が取れると思ってしまうチキン野郎です。

・仕事がなんとか落ち着いてきて谷間です。でもまたすぐに色々な調整とか事業とか入りそうです。とりあえず、推薦書書けるほどおいらはエラくありません(><)

・ピザポテトを一袋完食すると、口の中に血マメがかなりの確率でできます。あんまり食べるなってことですかね。最近も血マメつぶして口の中が血まみれになりました。

・初めてスピード違反で警察のご厄介になってしまい、罰金25000円、耳をそろえて国庫へ支出いたしました。ああさよなら、ゴールド免許。ちなみに現場は名神高速の滋賀県内で覆面パトにご指名をうけてしまいましたYO!トラックの列が前方を走っていて追い抜こうとした途端でした。一斉検挙なのか、私が解放されたあと、また餌食の車が見えました。
。゚(゚´Д`゚)゚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

平清盛「叔父を斬る」「清盛の大一番」

どちらも親族をその手で処刑するよう命を受けた清盛と義朝。

忠正叔父の潔さ、為義の全てを悟ったかの様子。
どちらもおっさんかっこいいっす。
。゚(゚´Д`゚)゚。
どうでもいいですが、「妹よ」ってドラマで豊原さんはヒロインの和久井さんに意地悪するイヤミな男の役のイメージが強かったんですが、いい仕事でした。

そしてどちらも処刑に臨みますが、泣き叫びながら親族を斬った清盛と、結局は斬ることができなかった義朝。この差がのちの平治の乱、しいては源平合戦へと続いていくわけです。

叔父を斬り、信西と託生することで、清盛は目指す武士の世の実現のため邁進する覚悟を決めます。父の所業に疑問を持つ息子の重盛ですが、そんな重盛を一括(というかひと投げ?)した清盛。モーニング娘。との婚姻で藤原成親と姻戚になります。目的のためなら手段を選んでいられないそんな大きな存在となっていたのでありました。

まずは税の徴収に赴いた大宰府でその交易品に目をつけ、相撲節会の膳で宋伝来の料理をふるまいます。この清盛の行動を気に入った後白河天皇は鶴の一声で清盛を上の位につけてしまいます。

一方父を死なせてしまった罪悪感にさいなまれる義朝は清盛に出世で差をつけられ、そしてそのバックにいる信西に対する不信感をあらわにします。

また後白河も譲位を決め、こうして平治の乱への序章が始まるわけですが、まずは藤原信頼(ドランクドラゴン塚地)と義朝がどう接近するかが気になるところですたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

梅雨の晴れ間の八ヶ岳

大阪ではえらい雨だったそうですが、なぜか甲信地方は晴れ。

というわけで夏のシーズンに向けてのトレーニングのため、八ヶ岳まで行ってきました。

今回ちょっと病み上がりかつ、仮眠をとりつつも夜通し運転して行ったせいもあり、2899mはキツかったっす!(><)
なんか他のアルプスと比べて楽なイメージを勝手に持ってたんですが、これが以外としんどかったという。

Kaidan

2500mを超えたあたりから息苦しさと軽い頭痛が・・・これは空気が薄いのに加えて軽い高山病の悪寒。ここ10年なってなかったのですが、そのときの体調如何で急になっちゃうそうです。

一度、御嶽山(3000m級)に登った際、ひでえ頭痛になりました。

Top1

Top

てなわけで山頂の山小屋に泊まろうと思ってたのですが、帰りも運転することを考え、下山することに。

しかし急がば回れをせず、これがまたうっかりなことを・・・。

長野県側から登ったのですが、山梨県側へ降りてしまっちゃいました。Σ(゚д゚lll)ガーン

しかも鎖場に梯子連続の急なコース。おまけに残雪つき。
後で調べるとあまりメジャーな道ではないので、下山するまで誰にも会いませんでした。時間帯も遅かったです。14時半に山頂ってのは普通は山小屋1泊コースですしねえ。
県界尾根と呼ばれ、長野と山梨の県境がちょうどルートになってるそうです。

しかし、これなんとか早く降りないと、駅まであるはずのバスに乗れなくなっちまうってことですねん。

熊の足跡や爪跡を発見して恐怖にうちふるえたり、

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

すぐ横を走り去ったカモシカ?らしき動物と目があったり。
単独でマイナーコースだとこれがあるから危険なんですよね・・・。

まあそれでもなんとか5時頃には無事下山。最終バスに間に遭い、電車を乗り継いで長野県まで戻ります。しかし、長野から駐車した登山口までのバスはとっくに最終が行ってしまい、仕方なくバスが出ている長野の茅野で泊まることに。

しかも翌日は平日でバス便は少なく、10時25分までないという。

てなわけで観光マップを手に入れぶらぶら散歩してまわりました。ここは寒天の里らしいです。

それで時間をつぶしてようやくバスに乗り、登山口にまで戻ることができました。

うーん、かーなり遠回りな下山でした。八ヶ岳みたいな大きな山は登山道がたくさんありますしね。
お金もほとんど持たずに登ってたので、バス代が足りるかヒヤヒヤでした。
地図をちゃんと持って行ったのに下山時に確認しなかったのがどうにも・・・。

登山時間は登り4時間ちょい、下り2時間半ちょいと長くはなかったんですが、精神的に疲れました。苦笑

Sakura

おまけ、諏訪SAで食べた名物さくら丼。
馬刺しのどんぶりで、トッピングは紫蘇と林檎です。
おいしかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

しつこくクーラーネタ

あまりにも私が寒いとワガママゆーので。

クーラーを切って

火事のときの排煙用天窓開けてみるか、ということになりまして。

これが結構いい風が入ってくる!

(´∀`)

てなわけで今日は結構暑い日でしたのに、職場はクーラーを一度もつけず。

体のダルさもないってもんですYO!

ちなみに私のクーラー嫌いは、大昔、クーラーがんがんに入れた電磁波だらけの部屋に何度も一晩中いたことが原因かと。今より若かったからそのときはなんともなかったものの、今になってどうやらそのときのダメージがきているような気がしてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

う~ん。

大河は録画でまだ見れてないので、感想うぷできませんね~。今週中にできるかな。

それにしても職場のクーラーの闘いは続いています。
私の耐熱性も異常だとは思いますが。
あんまり暑さを感じないったら。

自分よりちょっと年上のクーラー大好きな女性に向かって

「もうちょい痩せれば涼しくなりますよ。」

「そんなに暑いなら半袖着たらどうですか。」

なんてぜってー言えねえのがツライところ。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

クーラーに頼る前に
ちょっと薄着するとかいう涼しくする努力もしてもらいたいもんなんですが。。。
( ´・ω・`)

う~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

スプーンおばさん

どうも先週胃腸&頭の調子が悪くて仕事休んで病院逝き。

テレビをぼけーっと見てたらケーブルテレビでスプーンおばさんがやってました。

懐かしのNHKの名作アニメの一つですよ。

で、小さいころの記憶違いだったのか、おじさん(おばさんのダンナさん)はおばさんが小さくなってしまうことを知らないと思いこんでましたが、今回見た回では知ってる設定だったんですね。

小さい頃って設定とかってあんまりわかってなくてもそれなりに理解して見てたんですね。

あと、個人的に設定にワケがわかんなくもなんとなく好きで見てたアニメといえば

・未来警察ウラシマン
・巨人ゴーグ

・・・わかる人います?(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

平清盛「勝利の代償」

総合の本放送がサッカーのワールドカップ予選と丸かぶりなので、視聴率がさらに低くならないかと余計な心配をしてしまいまする。

で、乱後の処理。

信西・オン・ザ・ステージ!

ってな感じですよ。

清盛も義朝も互いの親族を敵にしてしまい、複雑な気持ちです。
しかし、勝ち戦により、武士の世が来ることを確信。
ツンデレな二人の友情?「髭切りの太刀」に泣けます。
余談ですが、この刀は頼朝に受け継がれるわけです。

そして尾張の長田忠致が父を失った鎌田政清とともに義朝の家来となりますが。この名前、覚えておきましょう!

そして哀れなのが藤原信頼です。矢で射られて父に助けを求めるも追い返されるという。
なんと舌を噛み切り絶命という末路。

信西が見つけた信頼の書物に、信頼なりの政道に対する正義が記されていました。信頼も信頼なりに国を思う心があったわけです。悪役、とは一概に言えないキャラクターでした。ヤマコーさんも退場でさびしいですねえ。

さて、忠正は捕えられ清盛のもとへ。表では清盛を否定する叔父ですが、その本心を分かっていた清盛。。
゚(゚´Д`゚)゚。

一族になくてはならぬ、と清盛は助けようとします。
清盛にはつらくあたりつつも、清盛の家族にはいいおじさんでした。子供たちはそれをわかっていたのですね。おじさんかっこいいよ。

しかし、ダースベイダーのテーマが似合う信西により、

死罪の命がくだされます。

うう・・・次週ですか。
。゚(゚´Д`゚)゚。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2012年6月 2日 (土)

総会3回

今月、職場がらみの総会が3回ありました。

二つは事務局仕事がらみと、一つは自分が理事やってる職員互助会の総会です。

しかも当日の事前打ち合わせでいきなり司会?を無茶ぶりされるという。

さて、土曜日の本日は天理まで仕事がらみで行ってきました。

車だと時間が読めなかったせいもあり、早めに出たら、早く着きすぎたので

「唐古・鍵遺跡」で寄り道。

昔の復元建造物がポツンと池のほとりに立ってるだけという・・・。
いや、博物館が近くにあるんですけどね。

Img_0139

なんか、もうちょっとできなかったんかいのう。
と思うことしきりでございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »