« 梅雨の晴れ間の八ヶ岳 | トップページ | 最近の出来事 »

2012年6月19日 (火)

平清盛「叔父を斬る」「清盛の大一番」

どちらも親族をその手で処刑するよう命を受けた清盛と義朝。

忠正叔父の潔さ、為義の全てを悟ったかの様子。
どちらもおっさんかっこいいっす。
。゚(゚´Д`゚)゚。
どうでもいいですが、「妹よ」ってドラマで豊原さんはヒロインの和久井さんに意地悪するイヤミな男の役のイメージが強かったんですが、いい仕事でした。

そしてどちらも処刑に臨みますが、泣き叫びながら親族を斬った清盛と、結局は斬ることができなかった義朝。この差がのちの平治の乱、しいては源平合戦へと続いていくわけです。

叔父を斬り、信西と託生することで、清盛は目指す武士の世の実現のため邁進する覚悟を決めます。父の所業に疑問を持つ息子の重盛ですが、そんな重盛を一括(というかひと投げ?)した清盛。モーニング娘。との婚姻で藤原成親と姻戚になります。目的のためなら手段を選んでいられないそんな大きな存在となっていたのでありました。

まずは税の徴収に赴いた大宰府でその交易品に目をつけ、相撲節会の膳で宋伝来の料理をふるまいます。この清盛の行動を気に入った後白河天皇は鶴の一声で清盛を上の位につけてしまいます。

一方父を死なせてしまった罪悪感にさいなまれる義朝は清盛に出世で差をつけられ、そしてそのバックにいる信西に対する不信感をあらわにします。

また後白河も譲位を決め、こうして平治の乱への序章が始まるわけですが、まずは藤原信頼(ドランクドラゴン塚地)と義朝がどう接近するかが気になるところですたい。

|

« 梅雨の晴れ間の八ヶ岳 | トップページ | 最近の出来事 »

コメント

>平治の乱へ
早いなあと思っていたら本当に早い展開ですね

ところで「大一番」の回からOPが微妙にバージョンアップしてないですか?オーケストラ弦楽器が増えた感じに

投稿: らむね | 2012年6月24日 (日) 22時54分

>らむねどの
ここで半分きましたね。
オケの音は分かりませんでした。
酔っ払いながらみてたからなかなあ・・・

投稿: rin2@tomitarin | 2012年6月26日 (火) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/55004618

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛「叔父を斬る」「清盛の大一番」:

« 梅雨の晴れ間の八ヶ岳 | トップページ | 最近の出来事 »