« 総会3回 | トップページ | スプーンおばさん »

2012年6月 3日 (日)

平清盛「勝利の代償」

総合の本放送がサッカーのワールドカップ予選と丸かぶりなので、視聴率がさらに低くならないかと余計な心配をしてしまいまする。

で、乱後の処理。

信西・オン・ザ・ステージ!

ってな感じですよ。

清盛も義朝も互いの親族を敵にしてしまい、複雑な気持ちです。
しかし、勝ち戦により、武士の世が来ることを確信。
ツンデレな二人の友情?「髭切りの太刀」に泣けます。
余談ですが、この刀は頼朝に受け継がれるわけです。

そして尾張の長田忠致が父を失った鎌田政清とともに義朝の家来となりますが。この名前、覚えておきましょう!

そして哀れなのが藤原信頼です。矢で射られて父に助けを求めるも追い返されるという。
なんと舌を噛み切り絶命という末路。

信西が見つけた信頼の書物に、信頼なりの政道に対する正義が記されていました。信頼も信頼なりに国を思う心があったわけです。悪役、とは一概に言えないキャラクターでした。ヤマコーさんも退場でさびしいですねえ。

さて、忠正は捕えられ清盛のもとへ。表では清盛を否定する叔父ですが、その本心を分かっていた清盛。。
゚(゚´Д`゚)゚。

一族になくてはならぬ、と清盛は助けようとします。
清盛にはつらくあたりつつも、清盛の家族にはいいおじさんでした。子供たちはそれをわかっていたのですね。おじさんかっこいいよ。

しかし、ダースベイダーのテーマが似合う信西により、

死罪の命がくだされます。

うう・・・次週ですか。
。゚(゚´Д`゚)゚。

|

« 総会3回 | トップページ | スプーンおばさん »

コメント

>頼長
中ボスの退場ですね
ペットの鳥さんにもお疲れ様といいたいです

>信西がみつけた
信西にとっては不遇の時代にその才能をかってくれてた人でもあるので袂をわかっても思うところはあったのだと思います

負け組の処分どうしましょ会議での世襲官僚の皆様への逆ギレお説教も、政道に対する熱意を持つ土方さんを斬って捨ててしまったことへの寂しさがこもっていたのかもしれないです
そしてここから帝・上皇は流されてなんぼの人生になるのですね

>ダースベイダー
後白河帝即位頃から清盛に対してだんだん他人行儀な口調になってきましたが…死罪申しわたし!ドキドキデス
てか予告に騙されました
次回持ち越しとは!!

投稿: らむね | 2012年6月 8日 (金) 02時52分

>頼長退場
中ボス
確かに。
そして
ドランクドラゴン塚地
藤原成親が入れ替わりって
ところですか。

ラスボス・・・は頼朝が後白河帝に
なるんでしょうかね。
とりあえず、壇ノ浦まで描くとか
のたまわれてるので、
弁慶が登場している以上、義経も
出てくるでしょうし。
いやー楽しみだ。

投稿: rin2@tomitarin | 2012年6月 9日 (土) 19時33分

>壇ノ浦まで
滅亡まで描くんですね
ではあの方はダイビングの練習中なのでしょうか

その割にはのんびり進行ですね
平治の乱以後の専横とか大不評の遷都部分は駆け足とか?誰かさんの朝鮮出兵のようにあまり触れたくない部分といったところですか?

>義経
いっそタッキーでもいいんですが(笑)
個人的に牛若丸パートは子供店長あたりにお願いしたいです

投稿: らむね | 2012年6月11日 (月) 21時34分

>あの方
宝剣と天皇と飛び込む方ですか?
それとも宗盛?あ、彼は泳ぐのか。(笑)

壇ノ浦までいったら主人公は
亡くなっているはずですがね。
駆け足になりそうな気はしますね。

>タッキー
清盛より義経の中の人のほうが
年上になるという事実・・・。

そういや、いつぞやかのNHKが
大河ベスト10みたいな企画をやってて
タッキー義経が1位でした。
ジャニ票強し!

投稿: rin2@tomitarin | 2012年6月12日 (火) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/54868771

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛「勝利の代償」:

» 平清盛 第22回「勝利の代償」 [あしたまにあーな]
前回で終了した保元の乱のその後についてが今回の内容となりました。自分のなかでは、ある程度予想通りの展開であり、それと共にその先の展開もある程度想像がついてしまったような気がします。 まずは、完全に不幸の象徴として常に悲しい顔をしている井浦新さん演じる崇徳上皇ですが、守る武将に逃げるようにいい、自分はこれまでのうまくいかない世の中に涙を流します。同様に藤原頼長も父親を頼って逃げるのですが、門に入れてくれずにその前で舌を切って自害することになります。最後の清盛紀行によると、最期を遂げたのは興福寺であった... [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 21時28分

» 『平清盛』 第22話「勝利の代償」 [英の放電日記]
 戦の終末、そして、それぞれの思惑、悲しみ、絆、愛などが盛りだくさんだった。しかも、それらが単なる羅列ではなく深いものだったので、見ごたえがあった。 頼長の最期  今回一番印象に残った。  頼長(山本耕史)が矢で首を射られたシーンでギクッとさせられ、父・...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 5日 (火) 18時25分

» 平清盛、義朝は大出世したのです!! [函館 Glass Life]
?宇治か近江国に退いて東国からの援軍を待つ。 ?崇徳上皇を奉じて東国に下り東国武士を招集する。 ?先手を打って皇居に夜討ちをかける。 為義が献じた三つの策がことごとく拒否されます 京都育ちのお坊ちゃま・頼長には京都から離れて戦う気などなかったの でしょう...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 7日 (木) 17時59分

« 総会3回 | トップページ | スプーンおばさん »