« 教育とPTA | トップページ | ダイヤモンドトレール »

2012年7月16日 (月)

平清盛「友の子、友の妻」

義経役が神木隆之介くんということで発表されましたね。
小栗旬@石田三成以来の幼少期と成人役両方というキャスティングですなあ。
どうも神木くんはSPECの時間を止める特殊能力を持ってる悪役のイメージになってしまいましたが・・・。(見てない人には分からんか・・・。)
頼朝@岡田将生とのバランスを考えたらそうなっちゃうかなあとか思ったり。
半分を過ぎて、キャストが大分入れ替わってきました。
前半の濃い朝廷メンバーから武士のメンバーに移っております。

前置きは置いといて。

池禅尼の頼朝の助命嘆願は有名ですが、この話のために家盛の話があったんでしょうね。
そして義朝の最後。史実では(ry
長田さんあっさり裏切ってしまってましたがこの辺もうはしょってしまわれたような気がするのは私だけ?
とうとう退場になってしまいましたが、玉木さんかっこよかったです。
( ・∀・)イイ!!
どうも鹿男とかのだめのコメディー系イメージが強かったんですが、ワイルド系もイケますよ。また大河で会えるのを楽しみにしてます。

鬼若(のちの弁慶)が常盤御前をかくまっていた、というエピはどうでもいいとして。
っていうかるろ剣実写版がやってるときにこのからみだされたら同じ時代劇なだけに混乱しそうな気がしますが・・・。笑

そしてよき友でライバルである義朝を亡くしてしまった清盛の悲しさが泣けます。
頼朝を前にして髭切の太刀に語りかける姿がもう。
。゚(゚´Д`゚)゚。
。゚(゚´Д`゚)゚。

「俺が誠の武士として頂点に至る
様を指をくわえて見ておれ!」

そうして頼朝を助ける清盛。

平家物語では悪人扱いされてる清盛ですが、こういう情をかけたとこが、のちに一族の命とりになっていくということでした。

さて、次回からは権力争いになっていきそうです。

何気に信西の唐代になぞらえた諫言を覚えていて、藤原信頼を捕えた後白河がその大天狗の本性を出し始めたのが注目です。華麗にスルーじゃないのがすごい。
覚えていた人いました?ってくらいの伏線でしたよね。
余談ですが、実際後白河にも楊貴妃とあだ名されるブレーンがのちに登場しますが彼女の登場までは流石に描かれないですかね。

|

« 教育とPTA | トップページ | ダイヤモンドトレール »

コメント

>キャスト入れ替わり
公式サイトにも第三期相関図が登場してますが讃岐のあの方も出るみたいでちょっと楽しみです
ただ奥州の御館がいなかったのは心配です

あとは祇王&仏御前出てほしいんですが・・・あのエピソード好きなので

>はしょり
入浴シーンが無くて残念でしたが、はしょったなりにいい最期のシーンだと思いました。

なのに後から玉木さん出てきたから
私「二度と会わなかったんじゃ・・・」
夫「(頼朝)急に老けたね」
て感じで・・・

勿論たたみかける清盛のセリフには泣けました。清盛、孤独になっていきますね。しかし生みの母と育ての母のコラボであれだけ助命伏線張っておいて尚且つそれによりかかりすぎない脚本がすごいです。


>大天狗
何といってもroad to平幹二郎ですから(笑)波乱の人生で鍛えられてるんですね
>楊貴妃
夏木マリにはそんなあだ名が…

投稿: らむね | 2012年7月18日 (水) 01時23分

>みたち
流石にそこまでは登場できなさそうですね。
第3部のポスター見てると、
みたちクラスのベテランがおらず、
おそらく最年長は弁慶の人っぽいですが。
ベラ様と弁慶に期待してます。
家貞が退場したら、だれがクレジットの
トメになるのかなと・・・。過去に
主役やった盛国くらいかなあ・・・。

投稿: rin2@とみたりん | 2012年7月18日 (水) 20時20分

>みたちdespair
中央との駆け引きをブイブイやっている若き日のみたち見かったのですが…話題にのぼるくらいはしてほしいです
牛若丸の疎開先ですし

>家貞退場
てっきり忠正叔父さんと同じ頃に退場かと思いきや、その後まさかの大活躍(笑)

>トメ盛国
実績はともかくトメをするには若い気がしますが他にいなさそうですね

投稿: らむね | 2012年7月19日 (木) 16時51分

あー若き日のみたちは見てみたいですね。
英樹さんのみたちもよかったですが。

家貞と盛国ですが、毛利元就のときは
後継ぎとそれを支える家来だったんで、
立場が上司と部下みたいな今の
微妙な逆転はちょっと笑います。

投稿: rin2@tomitarin | 2012年7月20日 (金) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/55206477

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛「友の子、友の妻」:

« 教育とPTA | トップページ | ダイヤモンドトレール »