« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月23日 (日)

平清盛「殿下乗合事件」

「でんか」とかいて「電化」と変換になってしまったのに、今回の主役の1人、藤原基房サマとの奇妙な縁を感じてしまいますがw(中の人が家電マニア)

そしてなんで森田剛氏が平時忠役だったのかがよくわかりました。前半は出番が少なかったので、わざわざ天下のジャニの人をキャスティングするほどの人物かと思ってたんですが。ここにきてようやく本領発揮ということで。汚れ役を一手に引き受けるということだったようです。
※北条時宗におけるハチみたいなポジションですかねw
それにしても今回初登場の目張りが濃いゴージャス藤原秀衡といい、時忠に盛国といい、退場した家貞といい、毛利元就に出てた人が多い気がするのは厳島つながりなのか偶然なのか。ちなみに京本さんは毛利~では「人生は双六じゃー!」と叫んで退場になってしまいましたが。

さて、過去作のマニアックな話は置いといて。
平家物語と史実の折衷の展開にした、という前情報でしたが。
※ちなみに義経では平家物語を採用
要は基房いじめられた重盛の子供の仕返しをだれがするか、という内容です、重盛は道理を通して仕返しまでせず、清盛(と時忠)が陰で動いて結局は仕返しをした、と。
結局は基房に仕返しをしたことにされた、まじめな重盛の苦悩なわけで。胃が痛くてストレス加重なんじゃないかと心配してしまいます。

さらにあの有名な”禿”がビジュアル系よろしく登場し、まさによく知る平家物語の部分になっていくわけでした。

見どころは、仕返しない重盛をナメきってた基房が

(´З`)♪

から

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

となっちゃうくだりが最高でした。

いやー基房の中の細川さん最高でしたYO!
7年前は平家の重衡だったのにw

他の公家ズの反応も面白かったです。

他にあたらしもの好きの後白河院はゴキゲンに宋人と面会し、清盛の日宋貿易の実現の片棒を知らずのうちに担ぐことに。

あと、ワロタのが時政さんの
頼朝の前で源氏の落ちぶれた話をするおっさんたちに
「ダイコンいかがっすか?」
話題をそらせようとするいい人っぷりがのちの鎌倉幕府乗っ取りする人とは思えません。そこまでは描かれないと思うので北条は田舎のいい人路線でいくんですかね。

色々小道具とかも出てきて、見逃せませんのう。
さり気に時子もブラック化しています。
あの琵琶を弾いてた表情から、ことのあらましが分かっていた模様。
最後に清盛の宋剣をどうするかが気にかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年9月22日 (土)

分かりやすさと想像と

今更ですが、来年の大河ドラマは「八重の桜」。

同志社大学創設者の新島襄の妻、新島八重が主人公と。

元々来年は別の企画だったそうですが、東日本大震災が起こり、東方の応援の一環として会津出身者の人物として新島八重になったのだとか。確かに地域振興における大河ドラマ効果は正直どんな地域ブランド製品を作りだすよりも大きいのですよね。

しかし、同じ会津ゆかりの人物で自治体も巻き込んで要望があがってた保科正之にしなかったのが個人的には残念ですたい。

http://www.j-cast.com/2011/07/29102917.html?p=all

個人的には江戸時代の名君が見たいのですが。知名度でいうと、保科正之のほうがまだあるほうだと思うのは私だけでしょうか。

来年は主演が好感度の高い綾瀬はるか嬢で、清盛で逃げて行った(笑)大河視聴者を取り戻すべく、内容の検討が行われているような気がしてなりませんが。

朝ドラの梅ちゃん先生関連の記事で朝ドラ「ちりとてちん」の視聴率が悪かった理由がまさに今の平清盛にあるわけで。まあ同じ脚本家だから当たり前の話ですが、役者の演技がうまく、登場人物が多く、人間関係も複雑で集中して見ないとついていけない上、伏線が多く、見逃せないつくりになってるんですよね。

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120918/enn1209181142004-n1.htm

話が分かりやすく、人間関係も明快なものがよりもてはやされるようになってきて、どうも考えさせられるということがメディアからできなくなってしまっている気がします。まあたかが娯楽、といえばそれまでなんですが。池上彰さんが人気なのも分かりやすくニュースを説明してくれるからなのです。

先日、仕事で某俳人の講演を聞いてきまして、「日本人の美意識の良さは空白にある」との言葉が印象的でした。想像する余地、考える余地があるからこそ、そこに余韻があっていいんだと。

せわしない時代ではありますが、分かり易さばかりを求めるのではなく、自分なりに与えられた情報から自分なりの答えなり、解釈なりを出すことはおろそかにしてはいけないことだと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

平清盛「巨人の影」

音楽担当の吉松隆さんのブログが面白いです。色々と制作過程のすったもんだなど裏側がちょっとのぞける感じです。すったもんだで通して作ったらしいOP曲ですが、クラッシックの割に音の重なりとリズムの主張が強いなあと思ったらプログレッシブロックをオーケストラ編曲するような方だとあとで知って納得しました。いやでもこれ普通の人が聴いたらなんじゃこりゃが第一印象の曲ですわな。

さて、本編のみどころ。

要は嘉応の強訴(※こんなん教科書に載ってません!)を背景に胃に穴が開く重盛。

ってな感じでしょうか。

棟梁として福原に引っ込んだ清盛に任されたものの、まじめな性格が災いして父と朝廷との板挟みになっちゃう重盛さん。

山法師率いる眉毛大王明雲と出家して延暦寺を牽制する後白河法皇と坊主祭りでした。

そして適当な裁断をしまくりの後白河法皇のでたらめさが最高です。そしてそれに振り回される平家と本性を出し始めた動物のお医者さんな藤原成親。おろろ感が素敵です。鹿ケ谷事件が楽しみになってまいりました。

この事件は最終的に清盛がドヤ顔で登場してなんとか納めてしまうというオチでしたが。偉大な父親をもつ重盛の立場がとてもしんどいと。のちの平家滅亡へのほころびがどんどんと出てしまうわけですね。

で、他にみどころ。

・高倉帝がカワイイ。
・徳子役の人がやたらニセ宮崎あおいと言われるのがワロタ
・さすがのもののけ政子もメンタルヘルス全開の頼朝にドン引き
・SPECを発動させたかの動きのニノマエ、もとい遮那王

こんな感じですたい。坊主ネタでけっこうひっぱるのは珍しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

うどん競馬と原画の旅。

今年は三連休が少ないですね。祝日の多くが土曜とかぶっているのがつらいところです。

さて、希少な三連休、西日本の旅に出てました。

初日は高松へ。仕事です。いってびっくりしたのは参加者の平均年齢の高さ!これじゃ老人会だよ・・・と。若い人がいないのが切実な問題だと痛感いたしました。まあ若い世代は働いて子育てやって自分の生きてくことで精いっぱい。こういうボランティア的な事業になかなか参加するのは難しいですもんね。

さて高松といえばうどん!

行こうと思ってあらかじめ下調べしていた店が定休日で凹みましたが。

(´・ω・`)ショボーン

別のセルフの店で堪能。

Img_0449

さて、仕事のあとは九州の小倉まで。

日本初?らしい競馬場をコースにしたリレーマラソンに出場するためでござんす。

他の人と合流して、酒を飲んだ翌日、天気は大荒れ(笑)
しかし、豪雨の中、主催者側の英断(?)により開催されることに。一周2kmほどのコースを20周してフルマラソンの距離にし、それを4人以上でつないで5時間以内にゴールするというルール。開会式から雨がすごく、すでにダートは季節外れの海岸物語を演出するには十分の状態。要は

ぐっちゃんぐっちゃん

でして。水たまりはコースにできるわ、雨粒がひたすら全身を叩きつけるわ、そして風が強い強いわ。
最高のコンディションとはこういうことを言うんですね。
もう重重馬場。
靴に水なんてもんじゃないっすよ!
。゚(゚´Д`゚)゚。

まあでも競馬場を走るという貴重な体験でした。

4人で参加したので私も5周走りました。で、足場のおかしいところを長距離走ったせいか只今膝がおかしいです。階段が下れませんねん。

Kokura

よたよたしながらなんとか制限時間内にゴール。
もう参加者全員頭から水かぶった状態でしたよ。
9月だというに寒かった・・・。へっくし!

その後は小倉駅前に8月開館した北九州市漫画ミュージアムに行ってきました。
いやあ、これでもかというオタク的な店舗が入ってるあるあるCityというビルにありまして。もうね、一目でそれと分かる人がいっぱいでしたわ。

基本は北九州市を代表する漫画家、著作権に優しい松本零士氏をメインとする漫画博物館です。メーテルの格好をしたお姉さんたちが受け付けにいらっしゃいました。はっきりいって微妙。(笑)

(´∀`;)

北九州市出身の漫画家の原画展示と松本氏の生い立ちから作品展まで、そして全国から寄贈を呼び掛けて集めたという漫画の読める図書館という内容でした。
同じ行政主導で建設された川崎市の藤子Fミュージアムと比べると、どうもこじんまりしてる印象です。もうちょっとなんとかならんかったんかなあと。まあ松本氏はじめここで展示されてる漫画家さんのキャラは、藤子キャラと比べてキャラクターグッズとか作りにくそうな人ばっかりなのも、イマイチ色々展開できない理由かもしれませんが。

でも個人的には北条司氏やわたせせいぞう氏の原画を見ることができたのは良かったです。北条司氏はやっぱりダントツに絵が上手い、と他の漫画の原画と比べて思いました。線が何を使って描いているのかと思うくらいすごく繊細で、画面が全体的に躍動感がありました。絵全体の迫力がずば抜けていて、綺麗なのはすごいです。にも関わらず人情もの好きなのがホントにもったいない漫画家ですなあ・・・。


Captain

唯一撮影OKだったキャプテンハーロック。
駅前にもメーテルと鉄郎の像などありました。そしらぬ顔でその像のとなりのベンチでビジネス話をしているおっちゃんたちのアンバランスさがおかしかったですよ。

他にはわたせせいぞうさんのイラストの色遣いがとても好きなので、それもじっくり見ることができましたのですよ。
あとは漫画の歴史や表現方法の展示などありまして、読書コーナーでなぜかスケバン刑事の1巻を読んで時間つぶしをして、新門司からフェリーで台風の中(笑)大阪まで帰還いたしました。

フェリーは風が強くて強くて。外へ出ないでくださいの放送が。
それが流れる前にデッキに出たらもう立ってられないくらいの暴風。こんな中しれっと出航するフェリーがステキでした。
関西帰ってきたらいい天気なんですもの。

そんなこんなで、大河の感想は明日にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

第5回かしはらコスモスうたまつり開催します

10月13日(土)橿原文化会館にて13時から開催します。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/hisapon/music/

本年度からダンスもOKということにしたら、なんと2組から応募が。

ますます何が飛び出すか分からない手作り音楽祭ですが、飽きないことは保証します。もう5回もやることになるとは自分でも驚いてます。

出演してくださる皆さんありがとうございます。

ちなみに私もまた出ますが、秋だけなんちゃってミュージシャンではなかなか演奏技術も上がりません。今月だけ猛特訓中です。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

平清盛「わが都、福原」

福原の現在は語らないでおきましょう。(苦笑)

松ケンのリアル剃髪の心意気が立派です。

ってなことで出家した清盛。
夢で会った白河院を越えて見せると宣言し、自分の理想の実現に向けて動きだします。

てなわけでやっと教科書に載っている姿になりました。
長かったですねえ~。

ところで白河院在命中に有名な三不如意が出てこなかったのはここの布石だったわけですね。

一方清盛の弟頼盛の問題が出てきます。正室の子でありながら冷遇されており、出世もままなりません。そしてそれにつけこむどう見ても悪そうな(笑)八条院と以仁王。
しかし、清盛は一族の結束のため、貿易によって富を得る世をつくりたいという、千年後の日本の姿を分かってたかのような(?)己の理想を頼盛に語り、平家にとって欠かせない人物であるということを諭します。
まあ三分の二まできてやっと清盛の思い描く「武士の世」のビジョンが示されたわけです。
叔父の忠正がかつて言ったセリフと同じことを言いながら、平家にいることを選んだ頼盛でした。
セリフのシンクロとか長い時間をかけての伏線回収など、見逃した視聴者を容赦なく置いてけぼりにしていくのが低視聴率の由縁でしょうが。
ほんと、橋田スガコ氏の脚本とは対照的です。

一方伊豆では先週の予告詐欺で一瞬の登場だった政子さんがようやく本格的に登場。まあ年齢は11~2歳のはずなんですが。初期の清盛並みの汚さ。(笑)
野山を駆けずり回る姿は、過去、岩下志麻様の演じられた乙女チック政子様とは正反対でございます。原作者の永井御大がお怒りになられないか心配ですわ。(笑)
挙句の果てに親父を射殺しそうになるわ、イノシシを捕まえておっさん連中を唖然とさせて縁談は一瞬で破談になるわ。まさにもののけ姫。
元気の塊みたいな野性児です。

私の中でキワモノ役が似合う女優は仲間由紀恵嬢と深キョンだと思ってましたが、杏さんをここに加えたいですw

徘徊する頼朝を見て

「もののけ?」

とつぶやいたとき、

「アンタのほうがもののけだよ!」

(゚Д゚)

と突っ込んだ視聴者は私だけではあるまい。

そしてまたまた予告詐欺の遮那王義経登場!しかも数秒。しかも7年ぶりにまた神木くんという大河ファンを喜ばせる配役!母親役の武井咲と同じ年だということは突っ込まないw
義経のときは、水から上がったらタッキーに変わってたので、今回もそれを期待していましたが。流石にそれはなかったっすね。(^^;

頼朝をリアルに捕獲してしまった政子とのちの義経が登場し、東国武士もチラ見せ登場と源平合戦の役者は揃いました!
+(0゚・∀・) + ワクテカ +

個人的に政子の弟、小四郎クンが登場したのがうれしかったです。お姉ちゃんにいいようにあしらわれながらも、もののけからはさっさと逃げるという要領の良さはのちを暗示してますんかねえ。

それにしても頼朝の躁うつ病&徘徊はいつまでひっぱりますのやら。

さて、次回は山法師との闘いですよ。
清盛の得度に立ち会った明雲さんの眉毛がステキでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

実写版 るろうに剣心

何度も言ってますが、私、原作の大ファンでございまして。名探偵コナンに置き場所がとられて多くの本がブックオフ行きになる中、未だに漫画は全部保管しております。

で、レディースデーにおそるおそる見に行ってきました。

できるだけネタバレしない大まかな感想として

・これ、龍馬伝外伝ですやん
・コーンスターチが少ないわ
・チャンバラアクション
・外印がジジイじゃねえ!?
・香川さん悪役楽しそう
・PG-12くらいつくんじゃね?

原作の1巻~4巻あたりを再編成した内容で、以降に登場するはずの斎藤一や人誅編のキャラが何人か出てくる感じです。
おっきなお姉さんたちが大好きな(笑)京都編に出てくるメンバーや、お庭番衆にノータッチなところをみると、評判よかったら京都編もやる気ですかな?でもホウタイ男はどうする気なんでしょうか・・・。
スターウォーズのC3POみたいになったりして・・・。

私らみたいな原作世代の人ばっかりかなと思ったら、結構5~60代くらいの年配の人も多く見にこられてまして、むしろ原作知らない人のほうがちょっと新感覚のアクション時代劇として先入観なしにより楽しめるかもと思いました。あのアクロバット飛天御剣流を映像で表現できているのは称賛モノです。

後藤象二郎と岡田以蔵がコンビを組んで戦ってたり、常盤と弁慶がしゃべってたりと、大河ドラマ見てる人にはなんか既視感のある組み合わせが多かったですが。(笑)

全体的に各キャラがはまってて、殺人剣と活人剣そして人斬りとしての贖罪という原作のテーマもうまく盛り込まれており、最近の漫画の実写化はイマイチなのが多い中、一本の映画としての完成度が高く、評判がいいのもうなずけます。

ここまで書いてて結構原作も少年漫画の域を出てる内容だなあと思い返してみましたが。

龍馬伝の監督なので、あの世界観にアクションが加わったってな感じでした。でもコーンスターチがないのは、人物デザインの人は大河ドラマに回ってるからなのねw

かなりハードル下げて見に行ったんで、「話が原作どおりではないのは映画だからしゃーないなあ」、と納得できる人には、けっこうお勧めですたい!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

平清盛「後白河院の伝言」

BSフライングです。

久々に登場したタフマン白河法皇とフッキー舞子。

回想シーンが少ない今年の大河ですが、回想と新撮を交えて第一回の清盛が生まれた前後の話が病に倒れた清盛の夢の中で明かされます。

その一方で清盛が不在の平家一門に、後継ぎの問題が出始めます。先妻の子で長男の重盛と三男の宗盛。時忠としては実の姉の子の宗盛に継がせたい、という思いから宗盛にお前が棟梁になれと囁きます。それを全否定して後継ぎは重盛という時子ですが、清盛も正妻の子ではなく、池禅尼との確執があったことと、重盛とは同じ境遇なんですよね。時子自身もそれを弟に言われ、全く気にしないこともない様子。微妙なのちの綻びの伏線が張られて行きます。

そして夢の中の白河法皇との対峙。

人生を双六遊びと見立て、必死で生きる、という第一回で提示されたテーマがここにきて再確認されたような気がします。

そして病に倒れたときき、ボロボロでやってきた後白河上皇。相変わらず清盛にツンデレなキャラがステキです。義朝亡きあと、清盛の双六の相手であるのは後白河上皇。このあとの長い戦いが始まるわけですね。

さて、伊豆では武家と朝廷の戦いにおける最終勝者が登場します。そう、日本史上、朝廷に勝てた唯一の人物、ムチではなく刀を振り回していた妖怪人間ベラ様の登場です。キャラが思いっきりそのまんまの雰囲気やん。ワイルドだぜえ~。(笑)
今度は静岡県からクレームがこないか心配w

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »