« 平清盛「巨人の影」 | トップページ | 平清盛「殿下乗合事件」 »

2012年9月22日 (土)

分かりやすさと想像と

今更ですが、来年の大河ドラマは「八重の桜」。

同志社大学創設者の新島襄の妻、新島八重が主人公と。

元々来年は別の企画だったそうですが、東日本大震災が起こり、東方の応援の一環として会津出身者の人物として新島八重になったのだとか。確かに地域振興における大河ドラマ効果は正直どんな地域ブランド製品を作りだすよりも大きいのですよね。

しかし、同じ会津ゆかりの人物で自治体も巻き込んで要望があがってた保科正之にしなかったのが個人的には残念ですたい。

http://www.j-cast.com/2011/07/29102917.html?p=all

個人的には江戸時代の名君が見たいのですが。知名度でいうと、保科正之のほうがまだあるほうだと思うのは私だけでしょうか。

来年は主演が好感度の高い綾瀬はるか嬢で、清盛で逃げて行った(笑)大河視聴者を取り戻すべく、内容の検討が行われているような気がしてなりませんが。

朝ドラの梅ちゃん先生関連の記事で朝ドラ「ちりとてちん」の視聴率が悪かった理由がまさに今の平清盛にあるわけで。まあ同じ脚本家だから当たり前の話ですが、役者の演技がうまく、登場人物が多く、人間関係も複雑で集中して見ないとついていけない上、伏線が多く、見逃せないつくりになってるんですよね。

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120918/enn1209181142004-n1.htm

話が分かりやすく、人間関係も明快なものがよりもてはやされるようになってきて、どうも考えさせられるということがメディアからできなくなってしまっている気がします。まあたかが娯楽、といえばそれまでなんですが。池上彰さんが人気なのも分かりやすくニュースを説明してくれるからなのです。

先日、仕事で某俳人の講演を聞いてきまして、「日本人の美意識の良さは空白にある」との言葉が印象的でした。想像する余地、考える余地があるからこそ、そこに余韻があっていいんだと。

せわしない時代ではありますが、分かり易さばかりを求めるのではなく、自分なりに与えられた情報から自分なりの答えなり、解釈なりを出すことはおろそかにしてはいけないことだと思います。

|

« 平清盛「巨人の影」 | トップページ | 平清盛「殿下乗合事件」 »

コメント

子供に、「TVを見るなら、まっすぐ前を向いてちゃんと見る。見ないならつけっ放して寝そべってながら族するのはやめなさい」って言ってるんだが考えが古いのかなぁ・・。集中してみるような内容の番組じゃないとこれは成り立たないよね。
2chでも3行以上のレスは読まんとか・・。

投稿: TAKE | 2012年9月23日 (日) 07時57分

>ぎゃあああ~TAKEさーん
うーん、「ながら」が肯定されてる
世の中になっちゃいましたよね。
私もよく叱られましたが。
テレビのネタから外れますが、
それって結構忍耐とか我慢することが
できなくなってしまっているんかと
危惧しております。

投稿: rin2@tomitarin | 2012年9月23日 (日) 21時50分

>ちりとて
同じ脚本家さんだからこその期待と不安がはじめからありましたね~(ちりとてはDVD売上で名誉挽回できてよかったのですが・・・)

あ、まともな大河視聴者は『清盛』で逃げたんじゃなくて『江』で逃げたんだと固く信じています(笑)

見てないんで見当違いかもしれないですが海外ドラマ(ツインピークスやらXファイルやら24やらロストやら)って話数多いし登場人物もかなり多そうですが流行りましたよね。必ずしも分かりやすいものだけがもてはやされてるわけでもないと思いたいです。

投稿: らむね | 2012年9月24日 (月) 23時34分

>外国ドラマ
こちらのヒットはミステリー的な感じで
コナンみたいな(たとえが悪いか?笑)
ドキドキ感のほうが主じゃないかなと
思います。
確かに洋モノはそんなん多いですね。

>>江で逃げた
なるほどw確かに固定のおっさん層には
特にきついドラマだったと思います。

投稿: rin2@tomitarin | 2012年9月25日 (火) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/55719604

この記事へのトラックバック一覧です: 分かりやすさと想像と:

« 平清盛「巨人の影」 | トップページ | 平清盛「殿下乗合事件」 »