« お祭りシーズン | トップページ | 読み続けて数十年・・・ »

2012年10月21日 (日)

平清盛「賽の目の行方」

左大臣の風林火山の影の主役伝兵衛さん経宗さんのリアクションが最高です。
神輿に矢が射られたのを見たときの驚きぶりがステキでした。
彼が登場するたびに

+(0゚・∀・) + ワクテカ +

です。
いい役者さんですなあ。

さて、要はブラック清盛の本領発揮!
ってな感じです。
滋子亡きあと、平家を牽制する後白河院ことゴッシー。
数十年も前から始まる清盛との双六遊び=権力争いが佳境に入ってきたのでした。

まずは西光の子供たちを流罪にするべく、比叡山と影で結託する清盛。
余談ですが、ちなみにこの当時の寺社勢力は第三の権力として、君臨していたことは語られておりますが、戦国時代の織田信長の延暦寺攻めや石山本願寺攻めまで続くわけです。で、鎌倉時代に入っても寺社勢力との付き合いは重要で、北条執権体制になっても天台座主や鶴岡八幡宮の別当などの要職の人事は権力構造が顕著にみられるのであります。

「幕府と朝廷の緊張に満ちた協調関係」ってヤツですよ。(分かる人だけ分かってください。笑)

まあそんな流れでジャンプ漫画の悪役に登場してきそうな比叡山の明雲御一行様が再び強訴にやってきて、西光の息子二人の流罪を訴えます。射ってはいけない神輿に矢を放ってしまえば、もう叡山の要求を認めざるを得ない、ということに。
藤原ブラザーズが引きまで息ぴったりでこの決定をしてしまいます。このオッサンズの無駄な息の合ったコンビもところどころ笑えますなあ。
これは重盛の郎党がやってしまったことですが、むしろ被害は西光に。なんて腹黒い。(笑)
全ては清盛の

夜神月のごとき 計 画 通 り
(出典:Death Note)
だったわけです・・・※どうでもいいけど松山ケンイチ氏ってLの中の人でしたな。。。

親父のブラックな企みにさらに胃が痛くなる重盛でした。

一方伊豆では明雲と並ぶ少年漫画的人物、政子さまが頼朝を叱咤激励(?)していました。強い武士だった父の義朝を語る頼朝。目覚めのときは近そうな感じです。
政子の髭切を「爪切り」と勘違いと藤九郎をひっつかむバカ力にはワロタ。
ところどことにギャグを仕込んでくるのは侮りがたし。(・∀・)

しかし、伊豆の自治会会長(笑)時政パパが権力者清盛の話を聞き、平家の世で生き抜くため、政子に縁談を勧めます。ということはあの伝承の山木の館から逃げ出す、まさにダスティン・ホフマンの卒業の話にするんですかね?
このエピソード、史実ではないみたいですが、まじで漫画みたいな話なので、気になる方は調べてね。しかし、この典型的肉食女子と草食男子のやりとりはなんか楽しいっす。

一方弁慶と牛若が出会い、弁慶は牛若に出生の秘密を教えます。この義経はタッキー時代と同じく優等生ですなあ。源氏再興を、とこちらも鼓舞されますが、母の言いつけを守り断る牛若ですが、やはり気になるのでありました。

そしてとうとう鹿ケ谷にみなさん集まってまいりましたよ~。

|

« お祭りシーズン | トップページ | 読み続けて数十年・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/55943138

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛「賽の目の行方」:

« お祭りシーズン | トップページ | 読み続けて数十年・・・ »