« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月26日 (月)

大阪マラソン

というわけで運よく抽選に当たり、走ってきました。

9時スタートで、手荷物預けが8時までだそうで、スタートの大阪城公園までの電車の都合もあり、家を出たのは真っ暗な朝6時。寒うございました。

着いたらそこは人・人・人。

40km以上を走りたいというドMな趣味(笑)をもつ3万近くの人で埋め尽くされておりました。これでも私と同じく抽選に当たった人だというのがすごいですね。マラソン人口の高さに改めて驚きました。

さて、スタートも人が多くて多くて更衣室は大阪城ホールと規模が違います。

そういえば小学生の頃、学校のリレー代表に選ばれてここのホールで走った思い出があります。まさか20年後、再び走りにここへ戻ってくるとは思いませんでした。

Img_0805

さて大人数のため、あらかじめ指定されているスタート地点には25分前に並ばないといけないんですが、これがまた寒かったですたい!
走るために薄着なので、この状態で10度以下の外気でじっとしているのはツラかったです。ちなみに私は短パン、長袖Tシャツに普通のスニーカーと完全にマラソンをなめてる格好でした。
なんか女の人はほぼみんなはいてるあの長いタイツ(スパッツ?)みたいなのがイヤですねん。いや、サポーターの役目をしてるのは分かるんですけどね。どうもいかにもって恰好が嫌いなひねくれ者ですたい。
物事を始めるときは絶対に形から入らないタチでして。

号砲が鳴ってから15分ほどでようやくスタートラインを通過。沿道の歓声のすごさにおどろきました。走る人もおおいけど応援もすげえ人でした。

大阪市内の名所をめぐる旅のはじまりです。上本町を抜けて御堂筋をゆきます。イチョウ並木が綺麗でした。
20kmくらいまでは天候もよく、傾斜も少ないのでけっこういいペースで景色を見てる余裕もあったんですが、25kmあたりから膝と足首が重くなり、30kmを過ぎたあたりで完全に膝が上がらなくなりました。いやもう痛くて痛くて。練習不足丸だし。
まあ10日前くらいからちょこっとランニングしたくらいで、フルマラソンに耐えられるとは無理な話で。35km以降はほぼ走れないうえ、歩くのもつらかったです。

それでもなんとかゴールできました。ここまで来たらもう気力の問題ですねえ。こういうところは登山と一緒です。
20kmまでは5時間切るくらいのペースだと思ってたのですが、この膝痛のせいで30分ほどロスでした。まあホノルルのときよりは30分ほど早かったので、練習してないうえに膝痛かかえてゴールできたのはひとえにみなさまの応援のおかげですたい。

Img_0808

いやー選手&応援一丸のお祭りって感じで、終わってみれば苦しかったと同時に楽しかったですたい。商店街の方々の和菓子などの接待(?)もおいしくいただきました。(しんどいわりに食べるもんは食べた私w)

まあまた気が向いたらマラソンに出ようかと思います。
そのときは膝が痛くならないとうれしいなあ。
そのためには少なくとも3か月前からはトレーニングが必要ですねえ。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

平清盛「頼朝挙兵」

公式twitterでも清盛はスターウォーズだとPの方がおっしゃっておりましたが。

まさに暗黒面に堕ちたダースベイダー清盛とそれに立ち向かうルーク頼朝の回でございました。ちなみに政子がレイア姫だそうです。

強引に福原遷都を進める清盛。そしてそれに逆らわない者は誰であろうと成敗するとまで言い切ります。

以仁王は源頼政とともに挙兵しますが、平家にそれが露見し、あえなく負けてしまいます。
同じ武士でも頼政に自分の理想を理解されなかった悲しみに激昂します。

誰にも理解されない自身の「国造り」。

さすがの一門も止めますが、それに拘泥する清盛自身が暗闇に堕ちていたのでした。

そしてとうとう西光にかつて突かれた朝廷への復讐を口にします。
いやいやここまで堕ちていいのかという松ケンの壊れっぷりに喝采を送りたいですよ。そして大河の主役でここまで暴君にするスタッフの(視聴率を捨てたw)冒険にも拍手ですたい。

親友で(久しぶりの登場!)西行にさえも理解されず、高倉上皇にも牽制されて暴君化した自分を拒否る仏御前にも矢を向けようとする清盛にふとよぎったのは実の母舞子の死の場面。実父の白河院と同じことをしそうになるのですが、すんでのところで盛国が止めます。とうとう今までイエスマンだった盛国が動いてくれたよ~。(´∀`)
一番近くにいるこそ、清盛の孤独を分かっているはず。そう、清盛すら自分の国造りを見失っていたのです。
「助けてくれ・・・」と絞る声の清盛。

そこへやってきた伊豆の頼朝挙兵の知らせ。
(一瞬で倒された山木さん、哀れ・・・。)

さあ、その知らせが届いたとき、頼朝とは武士としてのライバルだった義朝の忘れ形見。清盛は武士であったことを思い出したのでございました。そう、清盛にとっての救いとは頼朝による武士への回帰だったわけですね。声を上げて泣く清盛、それは(時代考証の人いわく)救いだったのかもしれません。

いやーそれにしても容赦ないわこのドラマ。
次回は富士川の戦いっぽいですね。

宇梶頼政さんの存在感と散り際はかっこええですなあ。流石元総長w
過去、今は亡き丹波御大の頼政の炎の中のニヤリもよかったですが。

アクアタルカスの使用頻度が上がってきて、終焉に向かってますなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

平清盛「以仁王の令旨」

選挙のせいで投票日の放送は19時15分からだそうです。@公式twitterより。てかたぶん選挙事務で見れねえですたい。さらに最終回はOPクレジット省略とのこと。龍馬伝の最終回みたいな感じを予想してるんですが。あれは映画みたいでよかったです。そういえば脚本家つながりでちりとてちんも最終回はOP省略だったなあ・・・。

さて、終わりの始まりです。

権力の頂点に上り詰め、どんどんダークサイドに落ちていくアナキン・スカイウォーカー清盛。とうとう孫である言仁親王を即位させます。

さらに白拍子姉妹をはべらしてと晩年の秀吉を思い起こさせますなあ。

一方長男重盛亡きあと後を継いだのは宗盛。

子煩悩ですが、どうもアホボン(w
母親の時子がたしなめますがどうも駄目ぽで延暦寺の強訴の噂をきくと、弟たちに落ちつけと言われる始末。まあ勘違いされるエリートヤンキーですからね!
(分かる人いるかな・・・)

そして八条院の後ろ盾を受け、不遇をかこっていた、やたらイケメンな以仁さんがとうとう平家打倒に動きだします。まずは元ブラックエンペラーの総帥、もとい源頼政に近づきますが、平家に逆らうなどと無理と一旦は断ります。さり気に鵺退治の話が出てくるあたり、ニヤリとしたそこのアナタは源平マニア。
しかし、息子の仲綱がジャイアン宗盛に名馬を「えいきゅうにかりておくだけ」なことをされてしまいまして、奢る平家に対して立ちあがることを決心します。
この馬のエピソードを、宗盛の息子の清宗が見つけた過去の忠正叔父との竹馬の約束にからませてくるのがウマい!(馬なだけに)
あのとき果たされなかった約束を満たすため、他人の馬をとってしまう宗盛の悲哀もあるのですね。
余談ですが日本史で皇室の領地が八条院領と長講堂領に分かれた話がでてきますが、それがここに出てくる八条院サマのことで、彼女は膨大な所領を持っていたということですねん。この時代の女性はなかなかみんな面白いですたい。

さて、日本一薄幸の似合う女優(笑)キムタエさん演じる仏御前もふらりと清盛の前に登場し、清盛は虜にされてしまいます。
もう権力者の堕落と言えばオ・ン・ナですね。
(;´Д`)

さて、大河史上もっともsageキャラにされている頼朝ですが、弓の名手だったということはあまり知られてません。今はヘロヘロで、嫁に指南を受けているという情けなさっぷりですが、まあ流人の身で武芸なんてできませんしね。笙吹いてるくらいで。
でもだんだんとかっこよくなってきた気がします。
さりげに政子に婚約破棄されてしまってお怒りの山木兼隆さんがイヤミな感じで登場してきました。そりゃ北条に対していい気はしないでしょうよう。時政パパのご苦労察します。
(´・ω・`)

頼朝とは対照的な奥州の義経。弓はバッチリでめきめき力を蓄えております。キンキラキンの奥州藤原氏のボス、京様、もとい藤原秀衡の庇護を受け、平家との対決にそなえておりました。どうでもいいですが弁慶と秀衡が同じ画面にいると、どうもちりとてちんがチラつきますなあ。。。(笑)
金の産地といっても服装まで金にするあたり・・・やたら充実している公式HPによると秀衡のイメージはエジプトのファラオだとか。もう好きなことやりまくってる製作陣がステキです。
(誉めてます)
http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/index.html

さて、アクアタルカスの高揚感とともに以仁王の令旨が全国の源氏に伝えられていきます。wktk感が半端ないですよ。
そして清盛が実の父白河法皇との重なり感も半端ないです。主役が悪に堕ちていく展開がたまりません。

それにしても諸行無常だなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

竹田城跡の旅

2年連続で職場旅行の幹事になってしまいまして。

幹事特権で自分の行きたいところをということで日本のマチュピチュと勝手に(笑)呼ばれる竹田城跡に行ってきました。雲海に浮かぶ城跡とかで最近テレビなどでもよく取材されるようになってまして、天気が悪かったにも関わらず土曜のこの日は人がいっぱい。ガイドさんも足りなくなってるみたいでテレビの力は強いですたい。

まずは腹ごしらえ。三田で松茸。

Img_0751

三田牛とともにおいしく頂きました。
珍しく贅沢です。

で、そこから豪雨の中移動して朝来市の竹田城跡まで。着いたらピタッと雨がやんだのがラッキーでした。

Img_0767

中腹から15分ほど歩いて登ります。山城なだけあって舗装道路とはいえけっこう急こう配。

Img_0780

紅葉の時期かつ雨上がりも加わってなかなかいい雰囲気。

Img_0782

確かにマチュピチュっぽい。

Img_0794

天守をのぞみます。

着いたのがかなり遅かったので、おりるときはほぼ真っ暗。でもそんな中登っていく女性二人組がいたとかの目撃情報が・・・。大丈夫だったんですかねえ。

それにしてもなかなか壮大で、展望が360度!ってのがよかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

俺たちの戦いはこれからだ!

ジャンプ漫画の打ち切りくらった漫画の最終回はいつもこんな感じですが。

おばちゃんのわたしがジャンプで今読めるのってこち亀くらいですが。

選挙の話になりますが、ほんとこの時期の日曜はやめてくれよ~ってな感じです。

ちょっと秘密にしてたのですが、某第三極の筆頭である某地域政党の塾の初期にこっそり通ってたりしてました。所要時間2時間で書いた論文で合格したようで。(笑)
まあ職をなくしてまで立候補する気もなかった上、お金もないので面談で落とされ、正式な塾生になる前に門前払いをくらっちゃいましたが。

志があっても政治家にはなれないってのを改めて思い知ったわけであります。

政党政治の世の中ですが、国民の代弁者であるべき国会議員が国会という狭い枠の中で椅子取りゲームをしているだけで、国民は置いてけぼりになってるわけです。

勢力争いに終始することで本当に必要な政策重視の国会運営がなされていないことは昔から言われているわけですが、それとともに政党政治の行き詰まりも露呈させているわけでして。

政党ではなく、改めて「議員個人」に投票するシステムではダメなんでしょうか。
政党の優遇措置、比例代表なんて制度は考え直す必要があるんじゃないかと思います。
集団でないと何もできない日本人の悪いクセが政党政治にも表れてる気がいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

平清盛「そこからの眺め」

なぜかBSフジで平清盛の魅力を語りつくすという番組がやってまして。ついつい見てしまいました。ゲストの方の趣向か、若干やおいネタに振られてしまった感がありますが、やはりこのドラマ好きな人は視点が同じだなあと思います。

・史実が分かってるからどうひねってくるのかが面白い。(史実をしらないとポカーン)
・清廉潔白な主人公じゃないのが素晴らしい。(でも視聴率は下がるw)
・視聴者が想像したり考えないといけない演出や描写が多い。(ながら見は無理w)
・今回は衣装や音楽など独自の世界観があり、大河の様式美から外れてしまっている。(年寄り離れる)

この辺ですかね。壇ノ浦で平氏が滅びることがネタバレとして怒られてしまう時代考証の先生が「もうちょっとみんな勉強してくれよ~」という嘆きが泣けます・・・。
もうひとつ「みんなテレビが全部説明してくれることに慣れてしまっているから自分で考えることができない」、ってのは一億白痴化と言われてしまうテレビによる功罪かなと妙に納得してしまいました。「視聴率とりたきゃ視聴者のレベルを幼稚園児までにしろ」、という言葉があるってのも納得。

さて、のっけから頼朝の娘、大姫登場の伊豆。
幸せそうな頼朝と政子ですが、この娘もやがての悲劇を考えると・・・(´Д⊂ヽ
さすがにそこまで描かれませんが・・・。
このだっこシーンがこの回のラストとの対比になってます。

で、HPが限りなく0に近い重盛に、後白河(めんどくさいのでゴッシーにしますね。)が見舞いにやってきます。もちろん重盛が清盛にダメージを与える「駒」なのです。
大昔に清盛が家族のことを歌った歌を引き合いに出すとは。執念深さは最強MAXのゴッシー。悪い顔になっています。

瀕死の重盛の託す平家の未来を、「双六に勝てば聞いてやる」という無茶ぶりに、応じる重盛。フラフラなのにそれでも必死に平氏を守ろうと双六する窪田氏の熱演に拍手を送りたいですよ。
そんな場面に清盛が現れ、かつて清盛と40年前重盛を賭けた双六勝負と重ねるゴッシー。まるで自分にも清盛にも言い聞かせるように、「一人で生きて死んでいくのだ」と言い放って立ち去ります。そして早く死なばやとの言葉でまもなく重盛は亡くなります。

そしてさっそくもう一人のロリファンに人気だった清盛の娘・盛子も亡くなり、重盛の分とともに知行国をゴッシーは強引に奪い去ります。その陰で藤原摂関家も巻き返しに必死。しかし、とうとう勘忍袋の緒が切れた清盛。もののけの血が爆発し、ゴッシーを幽閉して藤原基房親子を左遷、平家の意のままに官位と領地を動かし、とうとうゴッシーを鳥羽殿に幽閉します。そうされることを悟っていたかのゴッシーが不気味ですが、とにかく清盛は邪魔者を全て退け、この世の頂きに立ったのでした。

そんなわが世の春を謳歌する清盛の前に
出た!妖怪。∑(゜∀゜)

松田聖子様です。

クレジットで「乙前」ではなく「祇園女御」

だったことに注目。

天下をとった気分はいかがかと尋ねる女御に。すがすがしいと答える清盛。

それに対してもうお会いすることはないと言い放ち消え去る女御。

それは現か幻か・・・。

おそらく白河院のそばでその様を見てきた祇園女御。同じところに立ったその子の清盛を見て尋ねたところにその存在の意味があったわけです。諸行無常ですね。

孫の言仁親王(のちの安徳天皇)を抱きあげ喜ぶ清盛と時子。
親王のあけた障子の穴に喜び、その穴を覗き込む清盛が見たものは何だったのか。
それが闇であることと、親王を清盛から受け取って抱く時子。
何度もリフレインされる赤いスイトピー祇園女御の言葉。

壇ノ浦をまさに暗示するかの演出でございました。

いよいよ以仁王の令旨。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

源氏のターンです。
ちょっと前から微妙な動きを見せてくれてる旗揚げのキーパーソン源頼政が気になります。
いやもうほんと終盤にきてこの面白さは最高ですたい!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2012年11月 8日 (木)

花は咲く~

花は~花は花は咲く~♪

仕事のイベントで子ども合唱が歌ってくれてるのを聴いて、ずっと頭に回ってます。

あらためて歌うっていいなと思いました。

歌うのは上手くないのですが、いい歌を聴いてるとたまにすごく歌いたくなります。

みなさんもそんなことありますよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

平清盛「忠と考のはざまで」

戦前の道徳の教科書に、今回の重盛のセリフが教えられてたそうですね。

というわけで重盛板挟み、ストレスMAX↑の回でした。

だんだんブラックに権力のみを追い求める清盛。
もう悪役と言ってもいいぐらいの黒さ。それに合わせて画面もどんよりとしてきているのは仕様なんですかね。

前回の鹿ケ谷の続きで藤原成親さん流罪先で餓死させられるという悲惨な目に会ってしまいました。セミと牢屋の荒れ果て感がおどろおどろしく。
視聴率はあきらめてカルトドラマ化してきたと揶揄されておりますが、まさにその雰囲気が。
命ばかりはと願った重盛の願いはおそらく手をまわした清盛によって踏みにじられてしまったのでございました。

一方どんよりとした空気とは対照的に源氏パートは明るさが増してきます。
時政パパンに結婚の許しを得る頼朝と政子。
しかし、八重姫のときの悲劇を繰り返したくないパパは反対。そこへまさかの藤九郎が助け船を出します。まさかの野菜ネタ!まさかいつも大根かかえてたことが、ここに生きる伏線だったりするとはおもいませんでしたが(笑)
「荒れた土地も耕せばいい野菜ができる」
という藤九郎のナイスアシストに
「青白いのを育てるのは大変」
と言って許してもらえたのでしたが、それにしてもここまで弱そうな源頼朝って初めてみましたwそういうキャラ設定だから仕方ないのでしょうかね。親父の義朝が勇ましかっただけに。
そんな感じで歴史上のビッグカップル誕生。
中の人もどちらも背が高いのでガチでビッグですなw

さて、遮那王。
笛吹いてた前回の登場で心を決めたのか、必殺仕事人の紐技を習うため、
平氏打倒のため、奥州藤原氏を頼って旅立つ決意を常盤に伝えます。
常盤は清盛の恩を忘れたのかと反対しますが、決意は固く。
父が亡くなった終わりの地で元服し、義経と名乗ります。
キタ━(゚∀゚)━!
ですよ。
そしてその名こそ、反対していた常盤が弁慶に託したものだったのでした。
こちらは中の人同士が同い年なのに親子という設定ですが、意外とそれっぽく見えるのがNHKクオリティ。それでも無理は多少あるけどね。
次回で目張りバリバリの京様秀衡の再登場はありますでしょうかね。

まあとにかく先週から源氏の逆襲の芽が出てきています。
なんか最近続編製作の話が出ているスターウォーズのエピソード4~6と雰囲気が似てる気がして。源氏=ジェダイ、平氏=帝国側って感じ。
・・・キリがない妄想はこの辺で。

さて、平家に話を戻すと徳子に皇子が生まれ、次期天皇の外祖父となった清盛。
次の一手はジャマなゴッシーを平家側で監視するよう連行すること。
もう権力握ったら、とにかくそれを維持するために腐心してしまうのね。
しかし、命がけで止める重盛。それこそが、今回のサブタイトルでございました。
重盛の中の人の熱演にひきこまれましたよ。
しかし、一度倒れてもうHPは限りなくOに近い状態。
次回に退場となりそうです。

で、今回驚いたのは、
妖怪乙前も病気になるんかいw

でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »