« 平清盛「鹿ケ谷の陰謀」 | トップページ | 花は咲く~ »

2012年11月 4日 (日)

平清盛「忠と考のはざまで」

戦前の道徳の教科書に、今回の重盛のセリフが教えられてたそうですね。

というわけで重盛板挟み、ストレスMAX↑の回でした。

だんだんブラックに権力のみを追い求める清盛。
もう悪役と言ってもいいぐらいの黒さ。それに合わせて画面もどんよりとしてきているのは仕様なんですかね。

前回の鹿ケ谷の続きで藤原成親さん流罪先で餓死させられるという悲惨な目に会ってしまいました。セミと牢屋の荒れ果て感がおどろおどろしく。
視聴率はあきらめてカルトドラマ化してきたと揶揄されておりますが、まさにその雰囲気が。
命ばかりはと願った重盛の願いはおそらく手をまわした清盛によって踏みにじられてしまったのでございました。

一方どんよりとした空気とは対照的に源氏パートは明るさが増してきます。
時政パパンに結婚の許しを得る頼朝と政子。
しかし、八重姫のときの悲劇を繰り返したくないパパは反対。そこへまさかの藤九郎が助け船を出します。まさかの野菜ネタ!まさかいつも大根かかえてたことが、ここに生きる伏線だったりするとはおもいませんでしたが(笑)
「荒れた土地も耕せばいい野菜ができる」
という藤九郎のナイスアシストに
「青白いのを育てるのは大変」
と言って許してもらえたのでしたが、それにしてもここまで弱そうな源頼朝って初めてみましたwそういうキャラ設定だから仕方ないのでしょうかね。親父の義朝が勇ましかっただけに。
そんな感じで歴史上のビッグカップル誕生。
中の人もどちらも背が高いのでガチでビッグですなw

さて、遮那王。
笛吹いてた前回の登場で心を決めたのか、必殺仕事人の紐技を習うため、
平氏打倒のため、奥州藤原氏を頼って旅立つ決意を常盤に伝えます。
常盤は清盛の恩を忘れたのかと反対しますが、決意は固く。
父が亡くなった終わりの地で元服し、義経と名乗ります。
キタ━(゚∀゚)━!
ですよ。
そしてその名こそ、反対していた常盤が弁慶に託したものだったのでした。
こちらは中の人同士が同い年なのに親子という設定ですが、意外とそれっぽく見えるのがNHKクオリティ。それでも無理は多少あるけどね。
次回で目張りバリバリの京様秀衡の再登場はありますでしょうかね。

まあとにかく先週から源氏の逆襲の芽が出てきています。
なんか最近続編製作の話が出ているスターウォーズのエピソード4~6と雰囲気が似てる気がして。源氏=ジェダイ、平氏=帝国側って感じ。
・・・キリがない妄想はこの辺で。

さて、平家に話を戻すと徳子に皇子が生まれ、次期天皇の外祖父となった清盛。
次の一手はジャマなゴッシーを平家側で監視するよう連行すること。
もう権力握ったら、とにかくそれを維持するために腐心してしまうのね。
しかし、命がけで止める重盛。それこそが、今回のサブタイトルでございました。
重盛の中の人の熱演にひきこまれましたよ。
しかし、一度倒れてもうHPは限りなくOに近い状態。
次回に退場となりそうです。

で、今回驚いたのは、
妖怪乙前も病気になるんかいw

でした。

|

« 平清盛「鹿ケ谷の陰謀」 | トップページ | 花は咲く~ »

コメント

>流罪
崇徳院、頼朝、時忠…流されてもみんな元気そうだったのでびびりました
後白河院は怒ってましたが「誰のせいだよ」と突っ込みたかったですね。大物二人の双六勝負が巻き込まれた者負けの様相を呈してきた感じですね。


>重盛
まさかここまでとは…本当に素晴らしかったです。けっこう古典文法のままセリフ言ってますけれど熱演でカバーheart01

「平氏倒れた」とかもですが名ゼリフを省略しないどころかしっかり血の通ったものにしてくれてるのが嬉しいです

>義経
いよいよ奥州に疫病神が舞い降りる(笑)
『炎立つ』以来そんな風にしか考えられないこのあたりのくだりcatface

投稿: らむね | 2012年11月13日 (火) 00時19分

人生は双六(遊びをせんとや)
もののけの血と武士の世

これらがテーマですなあ
流されてもいちばん元気は時忠かとw

古典のセリフはうまく使ってますね。
しかしネットでは親父ギャグと
つっこむ人たちがいてびっくりだす。
古典の様式美だい!

投稿: rin2@tomitarin | 2012年11月14日 (水) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/56044018

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛「忠と考のはざまで」:

« 平清盛「鹿ケ谷の陰謀」 | トップページ | 花は咲く~ »