« 平清盛「双六が終わるとき」 | トップページ | 平清盛「遊びをせんとや生まれけむ」 »

2012年12月19日 (水)

平和に生きる権利

さて、衆議院選挙。

開票作業はかなり早く終わって日付が変わる頃には帰宅することができました。

AKBメンバーの名前が書いた票はなかったですたい。(笑)
総選挙違いだ!┐(´∀`)┌

ここまで自民の圧勝だとは思いませんでしたし、劣勢の民主もここまで議席を減らすとは思いませんでした。

まあよく言われているように、自民が勝ったんじゃなく民主が負けた、てな感じです。

自民党政権で一つ危惧してるのが憲法改正。

政治手続き的な部分で現状に合ってないところは変えてもいいとは思いますが、9条の改正だけは反対です。たとえ建前であっても、米国に押しつけられた内容であっても、「戦争しない」だけは変えてはいけないと思うのですよ。それは国民が平和に生きる権利を放棄することになりかねません。戦争を知る世代が政権からほぼいなくなっている今、平和憲法の重要性を再考してもらいたいものです。

対外問題は自衛権と、憲法の拡大解釈のみで対応してほしいと思ってます。

大した思想などない草莽の1人ですが、「戦争放棄の維持」は唯一主張したいことであります。

BGM:self control

|

« 平清盛「双六が終わるとき」 | トップページ | 平清盛「遊びをせんとや生まれけむ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/56353073

この記事へのトラックバック一覧です: 平和に生きる権利:

« 平清盛「双六が終わるとき」 | トップページ | 平清盛「遊びをせんとや生まれけむ」 »