« 謹賀新年2013年 | トップページ | 八重の桜「やむにやまれぬ心」 »

2013年1月 6日 (日)

八重の桜「ならぬことはならぬ」

BSフライングです。公式では「早咲」と読んでくれだそうでw
※ちなみに去年は「早盛」

大河ドラマを見続けて25年、私的には一番予備知識がない主人公です。
まあ、総合的に私は幕末は苦手ですたい。

いきなり南北戦争のゲティスバーグの戦いから始まったので一瞬チャンネル間違えたかと思いましたが。(ロケ地のラトビア共和国ってこのシーン?!)

見ての一言。

コ ー ン ス タ ー チ が な い!

去年の批判された点を全て改善しようとしている気さえしちゃいました。(笑)

一緒に見てるおかん曰く、男前と知ってる人ばっかりやわ~とのこと。

※ちなみにうちのおかんは比較的清盛は面白かったそうな。

さらにキャラの立ち位置の分かり易さといい、音楽の使い方、劇中音楽の分かりやすいメロディーなど、もうどんだけ挙げたらいいかと・・・。

まあ一番思ったのは

画 面 が 明 る く て 綺 麗

につきますね。

(`・∀・´)エッヘン!!

画面に関してはどこかの知事からクレームが入ることはないとは思いますが(笑)、マスコミが面白がって某知事に今年はご覧になられましたかとか尋ねそうですたい。
( ´Д`)

話のほうは大河ドラマの第一話にありがちな大規模な戦闘シーンのロケやほとんどの有名キャストの顔見せ登場やら、子役がかわいいとか、ラストに向かう伏線はりとか、と言った感じです。西田敏行さんが大河に出てくると抜群の画面の安定感。

鉄砲に興味を持つ子供の八重とか実は裏主人公の八重の兄・山本覚馬の江戸での学問修行など、幕末のお話によくある導入部分でした。
龍馬伝で吉田松陰だった生瀬さんが今度は勝海舟になって小栗くんの松陰と話してたりとループ的なキャストに大河マジックを感じましたが。

OP曲は坂本教授ってのがびっくりしましたが、ほとんど綾瀬はるか嬢のPVやんけ!(笑)
でも最後のピアノ部分と磐梯山と会津の子供たちによる傘開きは震災の復興支援を意識してるんでしょうね。そこだけはよかったですたい。

個人的には会津からみた戊辰戦争をどう描かれるかは興味があります。
10年ほど前に会津若松に行きまして、会津戦争の資料や、西郷頼母一家の集団自決を再現した武家屋敷などなかなかハードなもんを見てきたことを思い出しました。冒頭でもその様子が描かれてましたが白虎隊のこともあり、結構重たいですたい。

どうでもいいですがるろ剣ファンのみなさんは時尾が出てきたことにニヤリとしたことでしょうなあ。(゚∀゚)アヒャ

ただ一つクレームがあるとしたら

「方言が分かりにくい!」

に100tハンマー!(古いか・・・)

|

« 謹賀新年2013年 | トップページ | 八重の桜「やむにやまれぬ心」 »

コメント

最近の第一話って「時間長くするからそのかわり来週はもう大人役の人に交代よん」って方針ですね

>西田敏行 西郷どん
幕末に彼が「殿!殿っ!」と叫んでいると島津の殿様に何かあったのかと(笑)
ていうかあんた敵だろ?としか思えないですが福島の人だったとここ数年で知りました

>幕末によくある・・・
とりあえず黒船に驚愕しないといけないのでしょうかね
戦国によくある「信長に会いに行く」みたいに

>OP
別に文句はないんですが、もっと大河らしく幕末コスプレすればいいのに(でもって途中から明治大正コスプレにチェンジとか)と思いましたね


松平容保視点は興味があったので今回の大河はそれが楽しみです。(主人公にはならないけれど、幕末大河で誰を主人公にしても必ず登場するお人って印象なので)

そして今回はNHK教育で活躍の方々が出演なさっているのでちょっとおもしろいです。子供相手にコミカルに喋ってる印象が強かったですが「そうそう、こっちが本職でしたね」と再認識。ていうか徳川斉昭が伊吹さんなのはやっぱり水戸黄門つながり…?

投稿: らむね | 2013年1月13日 (日) 10時59分

>らむねどの
そういえば龍馬伝では1話目からもう本役登場だったような・・・。
昔は子役時代が長かったですよね。
北条時宗とか2カ月くらい空中モトヤチョップ(笑)が出て来なかったような。

>あるある幕末
他に思いつくのが新撰組は必ず悪役w
(三谷さんの大河以外)

>OP
ああ、衣装は確かにコスプレ度が足りませんなあ。あと、好みの問題ですが、
OP音楽は清盛のほうが軍配!
いや坂本教授だし。悪くはないんですが、
無難な仕上がりになったなあと。

>容保公
確かに幕末では登場率の高い人ですね。
どうも筒井道隆さんのイメージが強いです。
ちなみに同じ松平の春嶽公も興味あります。
あと、同じ大学創設者で福沢諭吉は
出てくるのかも気になるところです。

>みと
伊吹さんは私も同じこと思っちゃいましたw

投稿: rin2@tomitarin | 2013年1月13日 (日) 21時11分

>OP
せっかく衣装的に激動の時代をまたにかけるんだからコスプレ希望でしたが、考えてみたら戦国の姫様もなく大奥の女主人でもない庶民だから地味な仕上がりになってしまうのでしょうかね

しかし中盤はシャンプーのCMみたいとか思いました

音楽は…前回が似合いすぎてただけです
映像との表裏一体ぶりも含めて

でも二年連続でものがなしげな要素が多い音楽ですね

投稿: らむね | 2013年1月15日 (火) 01時11分

>中盤はシャンプーのCM
コーヒー吹いたw

震災復興支援だからもっとどーんと
明るい音楽にすればいいのにとは
思いますね。大往生したはずなのに。

投稿: rin2@tomitarin | 2013年1月17日 (木) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/56484147

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜「ならぬことはならぬ」:

« 謹賀新年2013年 | トップページ | 八重の桜「やむにやまれぬ心」 »