« 鞆の浦の旅 | トップページ | 若狭熊川宿と小浜 »

2013年3月10日 (日)

八重の桜「池田屋事件」

SMプレイのうちで有名なロウソク攻めを拷問で行ったのは土方歳三さんだそうなw
てなわけで新撰組といえば有名な池田屋事件。

これで維新が何年も遅れた、とか言われますが実際のところはどうだったんでしょうかね。
長州が尊皇のもとの革命を起こそうとしていたのはそうでしょうが、京都を焼いてまで天皇を奪うという計画は千年王城においてそれはそれは無謀なとしか言えないのは後世の人間だからでしょうか。

政体を変える革命を起こすには起こす側に宗教に近い狂気のような信念と目的意識が必要だと思うのですが、その当時の長州藩にはあったのかな、とも思ったりして。

それを阻止したのが新撰組。秋月さんの憂慮叶わず先制攻撃で大いに長州藩の恨みを買うこととなります。それはすなわち会津の危機でもあるわけで。

その一方ほのぼの縁談話から、尚之助さんといい感じになってくる主人公の八重です。主人公がメインパートにからんでないから仕方がないですが、癒しとコメディーパート担当になってるのは綾瀬はるか嬢ならでは、なんでしょう。会津戦争あたりまでメインになってはこれないでしょうから、もうちょっとお待ち下さいって感じですね。

一方密航したのちの新島譲。池田屋事件の回に登場するとはw
中の人が新撰組の斎藤一だったことを考えるとわざとらしいぜよ!(笑)

そんな感じで十話まできましたね。
ところで3月になってからOPの映像ちょっと変わりました?
なんか自然描写の部分がガラス細工?に代わってるような。。。

|

« 鞆の浦の旅 | トップページ | 若狭熊川宿と小浜 »

コメント

ご無沙汰です
出産でペースを崩しやっとここまでみました

>池田屋
新撰組大河の時には最大の見せ場だったのに…立場が違うとこうも雰囲気が変わるのかと思いました
さりげなく沖田さんの吐血シーンがまじっており芸がこまかい

>OP
ガラス細工の前にも一回チェンジしてます
八重→水墨画→ガラス細工
なので自然描写パートを桜モチーフで毎月変えていく気なのかと楽しみにしています

>メインパートにからんでない
いえいえ、彼女が主人公ですからあのほのぼのコメディが実はメインパート(笑)
無理やり歴史に絡ませると一昨年の悪夢再来なのでそれでいいんじゃないかと

投稿: らむね | 2013年4月 5日 (金) 22時06分

>らむねどの
順調っすか?
八重ちゃん視聴率低いみたいっすね。
まだ去年ほどではないにしろ・・・。
知名度がやはり響いてるのかしらん。

池田屋の階段落ちもやってるし
結構見せ場を全部描いてたりと、
他にも色々芸が細かい大河ですよね。

>>めいんぱーと
なるほど!確かに絡んでないことが
正義だということを忘れておりましたw

投稿: rin2@tomitarin | 2013年4月 8日 (月) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/56929123

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜「池田屋事件」:

« 鞆の浦の旅 | トップページ | 若狭熊川宿と小浜 »