« 八重の桜「ままならぬ思い」 | トップページ | 鞆の浦の旅 »

2013年3月 3日 (日)

八重の桜「八月の政変」

七卿落ち、ですね。

薩摩と会津による長州派の排除です。

ここから池田屋事件やら禁門の変につながっていき、薩摩と長州の対立が深いものになっていくわけですが、そんな関係の二藩を国益のために同盟させた坂本竜馬がいかにすごいのがよくわかりますね、ハイ。

天皇から長州を退けた感謝状が会津に届けられ皆感銘。忠義の念が残っていた時代、みんな涙ぐんでいるのが、あとのことを考えるとこっちも泣けてきます。。゚(゚´Д`゚)゚。

さて一方女性陣はといいますと、会津の憧れの姫様、大奥の滝山にしか見えない照姫様のご来訪を受け、小競り合い。蟄居中の西郷の妻、クイズ女王千恵さんが登場。旦那が殿さまの怒りを買い蟄居してるのに慎むべきだという山川さんですが、私の旦那は何も恥ずべきことをしてません!会津のためにしたことです!と誇り高く言い切ります。そこへタイミング良く現れた滝山、もとい照姫さまに、会津の女たちの結束こそ大事と諭されます。

この西郷千恵さんの最後を再現した会津の資料館に行きましたが、いやあ誇り高い武士の妻でした。
どうでもいいですが宮崎さんをクイズ番組以外で見るの初めてですよ。(笑)

そんな照姫の祐筆への推薦のうわさが広まり八重さんか?と思いきや時尾さんになったときのがっかり感といったら・・・。ちょっとかわいそうですが、一緒に銃を作ってくれるのは八重さんしかいない、という川崎尚之助さんとのフラグが・・・。
ってフラグですよね、コレ。

さて京都は幕末の動乱まっただ中ですたい。

まとまりなくてすみません。

|

« 八重の桜「ままならぬ思い」 | トップページ | 鞆の浦の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/56881325

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜「八月の政変」:

» 八重の桜 第9回「八月の動乱」 [あしたまにあーな]
先週、奥さんが購入してきてくれたのが八重の桜にちなんだ商品で、「八重のこころざし」という桜ブッセです。 しっかりとNHKエンタープライズの承認シールが貼られている正規ものであり、さくらんぼのクリームが口の中でふわっと広がって非常においしく仕上がっています。4個入りで、その大半が子供達によって食べられてしまい、自分が食べることができたのは、その中で数切れ程度。それでもしっかりと桜を堪能することができるので、1個丸ごと食べることができたら、さぞかし最高でしょう。 そんな胃の中まで八重の桜に浸りながら迎え... [続きを読む]

受信: 2013年3月 3日 (日) 22時59分

« 八重の桜「ままならぬ思い」 | トップページ | 鞆の浦の旅 »