« スナフキン病・・・ | トップページ | 異動の季節。 »

2013年3月24日 (日)

八重の桜「守護職を討て」「蛤御門の変」

「蛤御門の変」ですが、色々呼び名が合って「禁門の変」、もしくは「甲子の戦い」、と読んだ本では書いてました。最近の通称は「蛤御門の変」なんでしょうか。余談ですが「大化の改新」も最近では「乙巳の変」と呼ぶのだとか。

そんな感じで緋村剣心のもでる、河上彦斎率いる攘夷派に暗殺されてしまった佐久間像山先生。奥田さんといえば、どうも大河では坊さんのイメージが強いのですが、今回は毛があったね、としょうむないシャレを思いついてしまいましたが。┐(´∀`)┌ハイハイ

そして厳しい取り締まりにより、敵視されてしまった会津藩。長州は攻めよせて参ります。

迎え撃つ会津藩。危機に陥る中、ジャンプマンガの主人公よろしく加勢に登場したモニカ、こと西郷吉之助。久々の再登場です。なんかカッコエエ西郷さんですねえ。そして危機を脱した山本覚馬兄ちゃんの活躍により砲術で相手を撃破。

真木和泉が帝都物語よろしく(古い映画でスミマセンw)超能力使うかヒヤヒヤしましたが。。。この中の人も大河では自害ばっかりしているイメージがありますね。

結局長州は敗北してしまいます。しかし。まさかここから薩長同盟になるとは誰も考えつかず。これが歴史の不思議ってやつですよ。

一方完全脇役の八重は、兄の手紙で尚之助さんとの縁談を持ちかけられます。7年もお兄ちゃんと思ってたからいまさら旦那様なんて呼べないわ、と断ります。なんかどこかで聞いたような話ry

尚之助さんも断るつもりだった、といい、ちょっと拍子抜けの八重タンwここが微妙な乙女心ってモンですたい!(笑)

まあそんなわけで激しい戦闘とラブコメモードの同時進行という最近の大河ドラマっぽくなってきましたよっと!

|

« スナフキン病・・・ | トップページ | 異動の季節。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/57025074

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜「守護職を討て」「蛤御門の変」:

« スナフキン病・・・ | トップページ | 異動の季節。 »