« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月29日 (月)

八重の桜「長崎からの贈り物」

なんか幕末イケメンパラダイスだなあと思っていたら、プロデューサーの人が「天地人」と同じ人だったんですね。戦国イケメンパラダイスと揶揄された大河の流れは八重でも健在って感じですか。そういえば出てる人が何人かかぶってるような気がします。
でも個人的に天地人と江の2年間は突っ込みつかれる大河でしたなあ・・・。
僅差で天地人のほうがマシだったとはいえ。

孝明天皇の崩御により、薩長の動きが怪しいとみた徳川慶喜は帰国の方向で考えていた松平容保を再度都にとどめます。帰りの知らせを受けて喜んでいた会津のみなさんの残念さはいかばかりだったでしょうなあ。それにしても容保さんのライフはもうゼロよ!ってな感じで日に日に体調が芳しくないでござろう。

一方長崎に銃の買い付けおよび目の診察に行った覚馬さん一行。
どうしても失明を免れないことを宣告された覚馬はなんとしても会津の軍備をそろえたいと躍起になります。ようやく幼女大作戦のドイツの商人と取引をすることができ、友情のしるしに貴重なスペンサー銃を贈られます。それは八重に届けられ、やがて会津戦争で活躍することになるのでした。今でいうところのオートマティック銃の原型ですかね。

薩長には土佐の乾退助、のちの板垣退助も加わろうと登場。あくまでも坂本竜馬を大きく出さないつもりなのが新たな試みなんでしょうか。
坂本竜馬信者には申し訳ないですが、竜馬は薩摩の使いっ走りだった、という説を唱える人もいますし、幕末モノに大物扱いで登場させないのもいいかもしれません。会津側を描いたドラマですし。

お、来週はポイズン登場!今週の加藤雅也さんといいほんと、イケメンそろえてきますなあ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2013年4月21日 (日)

八重の桜「遠ざかる背中」

1.火事

2.ほのらぶ

3.会議

4.ほのらぶ(アッー)

5.orz

まとめるとこんな感じです。超会議に向けて一部のお姉さんがたの萌え燃えポイントが色々あるとは思うのですが、まあそういうザンルには無関心なんですが。。。

まあそんな感じで。

会津の山本家のみなさんはほのぼのしてていいですね。うらさんの会津の教育ママっぷりもいいです。昔から時代劇だとけっこう長谷川京子さんの存在感はイイですな。功名が辻のときの細川ガラシャもよかったですたい。

そこへ登場する中野竹子サマ。長刀勝負で八重に勝っちゃいます。
江戸育ちの人は一味違います。そんな感じで八重のライバルとなっていくわけですよ。
なんかお蝶夫人と岡ひろみって感じ。
宗方コーチは尚之助さんかしらん。(年がバレるな。)
はげしくどうでもいい話で既出ですが、私の高校の母校、I高校ソフトボール部の部室には「エースをねらえ!」が全巻置いてありました。誰がおいてったのか謎のままでしたが。

一方京都では長州征伐をめぐる駆け引きが行われ、ここは徳川慶喜が一枚上手。勝海舟の提案する諸侯会議開催の約束を反故にして、朝廷に裏工作をして長州との戦争を避けにいったのです。慶喜の目的は幕府の権威を取り戻すこと。そして会津藩はそのためまだ会津にとどまることになりました。ようやく約束の時期の慶喜の将軍就任が成ったかと思えばなんと孝明天皇の崩御!
これあまりの急なので暗殺説がありますよね。会津藩が故郷に帰ることができるのはいつになるやら。
そしてこれが悲劇のはじまりでありました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

出張3連戦!

今週はビジネスマンみたいな一週間でしたよ。

水曜日は東京に日帰り出張。

木曜日は天理に出張。

金曜日は堺に出張。

全部違う仕事なのが恐ろしい子・・・!(白目)
分かる人だけ分かって下さいw

で、FBでちょこっと触れてますが東京まで行って来て何してきたかというと出稼ぎ先のプロモーション動画のナレーション録音の立会いでした。業者さんのツテがあったようで、名前は出せませんが、声優ではおそらくトップクラスの大物の方にナレーションしてもらうことができました。大物なんで緊張しましたが、気さくでええ人でした。やっぱり長年この業界で頂点極めてる人は徳もいるんやなあと思いましたよ。それはさておき、録音を生で聞いて、すぐにキャラクターにしてしまうプロの技ってやっぱすごいわと思いました。前にも一度ベテラン声優さんのフォーラムに行った時も感動しましたが、ああいうの見ると声優になりたい人が多いのが分かります。

そして水曜日は高齢者大学の社会見学の随行で堺へ。
地元に近いところですが、改めて訪れることってまあないので新鮮でした。
まともに大仙公園付近を歩いたのって2回目のセンター試験以来ですたい。
与謝野晶子や千利休の生家跡や茶室など堺ってそういえば色々な史跡があるなあと今更ながらに思いました。

Img_1338


そして政令指定都市の庁舎の大きさと新築の綺麗さがうらやましいったら!

それにしてもこの日は4月中旬とも思えぬ寒さ!
北風ピープーどころじゃないですってったよ。

それにしても疲れました。けっこうハードスケジュールで残業続き。
数えたら5つ以上の仕事を同時進行している状況ですねん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

八重の桜「新しい日々へ」「薩長の密約」

視聴率が低いそうで。なんと下がり具合が去年の清盛を下回るペースとか。
個人的な好みで言うと去年のほうが好きですが、マニアック過ぎず、画面も綺麗で話も分かりやすく普通に見やすい作りだと思うんですがね。
大昔の吉田栄作全盛期(笑)みたいなジェットコースターのライブ感あふれるドラマはリアルタイム視聴に向いているとは思いますが、大河みたいなディティールまでこだわってるつくりのドラマは本来じっくりみたい人が増えてきてる気もしますしね。

まあそんな感じで尚之助さんと結婚した八重さん。お父さんの※女大学的教育はこの二人には通じなかったみたいです。あなたはあなたのままでよい、そう言ってくれるのはいいことです。それを聞いて、お父さん、白旗状態。
それにしても、お父さん癒しだすなあ。

※女大学とは三つ指ついて亭主の後ろを歩け、みたいな封建的な妻の役割を説いた書物でございます。これを否定した「新・女大学」を書いたのが福沢諭吉ですたい。

一方京都では長州征伐の動きが再び活発になっていきますが、勝さんの言葉で倒幕に傾いたモニカ、もとい西郷と大久保。後姿だけ登場の坂本竜馬の仲介で長州との同盟に踏み切ります。西郷と桂のミュージシャン同士の対面、ここに斎藤一が加われば素敵なライブができそうな気がしますね。あ、中の人の話です。(笑)

そうこうしているうちに将軍家茂が亡くなってしまい、慶喜が跡を継ぐことに。薩摩の動きが怪しいとみた慶喜は最初は討伐に意気軒昂に臨みますが、すぐに和睦に向かうように仕向け、振り回される会津でありました。それにしても演説するとお父さんに似てらっしゃるなあと思う孝太郎さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

竹原の旅。

青春18きっぷの旅@春シリーズ第4弾!

というわけで台風並みの低気圧の中行ってまいりました、広島の竹原!

塩の街で財をなした豪商の街。
重要伝統的建造物群保存地区を巡るシリーズでもあります。

朝の7時半頃に天王寺を出発し、到着したのはなんと14時前。6時間半もかかりました。
中国地方は比較的マシだったんですが、海沿いの呉線は風が強く、電車が安全のため停止。それで30分ほど遅れてしまい、三原で少し足止め。いやー4月だというに真冬みたいな寒さでそれはそれはステキな旅でした。

それにしても日本の主要な線路(~本線とか呼ばれる路線ね)はほぼすべて乗りつくしている私ですが、まだまだ他の地元の人しか乗らないような路線は乗っておらず、呉線は初めてです。瀬戸内海の海を間近に見ながら走るこの路線、乗り合わせてしまったどっかのシルバーツアーの方々が大歓声を上げるほど(笑)景色がよかですたい。

Img_1301

で、海沿いを走ること30分ほどで竹原に到着。
有名な戦国大名小早川家の本拠でもありまして、テンションが上がります!

で街並みはこんな感じ。

Img_1241

さすが重伝建だけあって整備も完璧!日本唯一の塩の街ってことで土産に手作りの塩まで買ってしまいましたYO!
ところでこないだの鞆の浦でも雛巡りがやってましたが、ここもやってました。古い町並みに雛巡りというのはもはやデフォルトなんすかねえ。ちなみにうちの地元の富田林でもやっておられます。ま、古き良きもののマッチングという意味ではこれ以上ない組み合わせですたい。

Img_1284

数年前に行った本島と似てますね。雰囲気が。

この全国的な悪天候の中、比較的天気がよかったので観光客もちらほらと。こないだの熊川宿のように私くらいしかいねえ、ってことはなかったです・・・。

まあ駅から徒歩で来れる距離なんで比較的訪れやすいところですたい。

さて、帰り。

電車が運休で三原でまたも足止め・・orz

そして岡山に着くも、姫路方面への接続電車は1時間半近くないとのこと。
ローカル線 キタ━(゚∀゚)━!

てなわけですYO!

鈍行での帰還をあきらめようかと新幹線乗り場に向かい、運賃を確かめるも5000円ちょい也。

青春18切符は途中で特急に乗る時は乗車券も買わないといけないルールなんです。2000円ちょいで広島と往復できるこのお得感が水の泡に。しかし、帰りつくのは深夜・・・。

金か時間か?の選択を迫られ、とったのは

金。(笑)いやね、ケチなんすよ・・・

ということで家に帰りついたのは日付が変わる頃。

8時間くらいかかっちゃいました。
大阪から西は広島が鈍行日帰りの限度ですたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »