« 出張3連戦! | トップページ | 八重の桜「長崎からの贈り物」 »

2013年4月21日 (日)

八重の桜「遠ざかる背中」

1.火事

2.ほのらぶ

3.会議

4.ほのらぶ(アッー)

5.orz

まとめるとこんな感じです。超会議に向けて一部のお姉さんがたの萌え燃えポイントが色々あるとは思うのですが、まあそういうザンルには無関心なんですが。。。

まあそんな感じで。

会津の山本家のみなさんはほのぼのしてていいですね。うらさんの会津の教育ママっぷりもいいです。昔から時代劇だとけっこう長谷川京子さんの存在感はイイですな。功名が辻のときの細川ガラシャもよかったですたい。

そこへ登場する中野竹子サマ。長刀勝負で八重に勝っちゃいます。
江戸育ちの人は一味違います。そんな感じで八重のライバルとなっていくわけですよ。
なんかお蝶夫人と岡ひろみって感じ。
宗方コーチは尚之助さんかしらん。(年がバレるな。)
はげしくどうでもいい話で既出ですが、私の高校の母校、I高校ソフトボール部の部室には「エースをねらえ!」が全巻置いてありました。誰がおいてったのか謎のままでしたが。

一方京都では長州征伐をめぐる駆け引きが行われ、ここは徳川慶喜が一枚上手。勝海舟の提案する諸侯会議開催の約束を反故にして、朝廷に裏工作をして長州との戦争を避けにいったのです。慶喜の目的は幕府の権威を取り戻すこと。そして会津藩はそのためまだ会津にとどまることになりました。ようやく約束の時期の慶喜の将軍就任が成ったかと思えばなんと孝明天皇の崩御!
これあまりの急なので暗殺説がありますよね。会津藩が故郷に帰ることができるのはいつになるやら。
そしてこれが悲劇のはじまりでありました。

|

« 出張3連戦! | トップページ | 八重の桜「長崎からの贈り物」 »

コメント

ども

子供たちは順調に育ってるんですがそれに比例して大河追いつけてないっす(笑)セリフが泣き声にかき消され巻き戻しを繰り返す日々です
たまに見かける本編に断髪の人が増えてきて焦ってます

>孝明天皇崩御
(去年は超例外として)
会津視点のお陰で随分出番の多い帝でしたね。やたら御簾もあげまくりでしたし。お疲れ様です。


>竹子様
CD出たての頃のアナログレコード派の主張みたいなこと言ってましたね
刀は道具とちゃうんかいと言いたくなるdelicious

投稿: らむね | 2013年6月11日 (火) 05時06分

>らむねどの
お子がちっちゃいとどうしても集中
して見れませぬのがつらいですなあ。

>>御簾あげまくり
登場時はしょっちゅう巻き上げされて
おりましたなあ。
なんとなく天皇役は歌舞伎関係の人が
多いのは気のせい?
去年はそうでもなかったですが。

投稿: | 2013年6月15日 (土) 08時19分

>天皇役
気のせいじゃないと思います

てか後姿とか御簾ごしに座ってるだけで存在感出せるのはやっぱ能、歌舞伎関係の方々じゃないとできない芸当なのかと

投稿: らむね | 2013年6月29日 (土) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/57219963

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜「遠ざかる背中」:

« 出張3連戦! | トップページ | 八重の桜「長崎からの贈り物」 »