« 八重の桜「敗戦の責任」 | トップページ | 八重の桜「弟のかたき」 »

2013年5月27日 (月)

瑞牆山~金峰山登山

今年の日本百名山シリーズ第3弾!

ということで瑞牆山~金峰山の2座を登頂してまいりました。

金曜の夜に出発して土曜の朝に登り始めようと思ってたんですが、金曜の夜に久々に大阪に来た旧友や先輩としこたま酒を飲んでしまいまして。

朝起きたのは7時。orz

ということで予定を変更してそのままゆるゆると出発し、15時頃に山梨県の登山口、瑞牆山荘に到着。天気もいい土日なので車いっぱいだあ~。

そして大阪から山梨まで運転して行くのは疲れたあ~。

あんまり運転好きでもないので休憩はさんでも7時間の走行は体にこたえます。トラックの運ちゃんはすごいですたい。

Img_1555


で、テントをかついでキャンプ地の富士見平小屋まで40分ほど。

わんさかいるわいるわ、登山客。学生の合宿の集団も数組いましたとのことよ。

この時点ですでに16時。山では夕食の準備にとりかかる時間帯。最初の予定だと、今日はここから往復6時間かかる金峰山に登って、明日は往復3時間かかる瑞牆山に登るつもりでしたが、この時間帯ではねえ・・・。と思ってテントを設営。

しかし、よく考えたら5月末は夏至の前の一番日の長い時期。19時までは明るいんじゃね?という考えがひらめき、瑞牆山ならなんとか帰ってこれるんじゃ、と思い、出発。

テントははって荷物が軽くなったので、ハイペースで登りました。いやあ、なかなかそれでも体力的にキツかったですが、なんとか薄暗くなりはじめた18時半頃に登頂して帰ってこれました。登り途中まではけっこう人に会いましたが半分過ぎたあたりで誰にも会いませんでした。ま、クマさんにも会わなかったのよかったですが。

おそらくこの日瑞牆山に登頂した最後の人間でしょう、私は。

Img_1541

巨岩の塊の山頂で、けっこう登るのが楽しいですたい。お手軽ロッククライミングといったところですか。

ふらふら~だったのとのどが渇いたのでついついビールひと缶飲んじゃいまして。いやこれが地上で飲むよりおいしいんですよ。
山料金の500円ですけどね!

学生たちのにぎやかな声で若干眠れず、寝付いたかと思えば仕事の財務関係の夢にうなされ
゚(゚´Д`゚)゚。、
目覚めたのは3時頃。朝ごはんを食べて、今度は金峰山を目指します。

のんびりくらりと登ること3時間半、稜線に出ると岩場を縫って歩きます。

Img_1527


↑真ん中の連なる岩場のピークを何度も登下降するわけですよ。
なかなか怖いっす。

そしてようやくたどりついた山頂。
五丈岩という大きな岩の塊が!

Img_1515


そしてなんだか息苦しいと思ったら2599mもあったようです。2000mちょいと勘違いしていたら、そりゃしんどいわ。2500mを超すと酸素の薄さを感じますしねえ。

Img_1529


遠くに南アルプスの山々を見渡すいい景色でしたい!

そしてなんとか下山。アイスバーンがちょっと曲者でしたが。滑る滑る。

登山口から少し下りたところの増富温泉という天然ラジウム温泉がありまして。山小屋ではさも入れといわんばかりに割引券をくれました。(笑)源泉かけ流しで30度~37度までの湯船があります。温度が低いので長いこと浸かってられましたです。

そして中央道を7時間かけて戻ってきました。うーん疲れた!

|

« 八重の桜「敗戦の責任」 | トップページ | 八重の桜「弟のかたき」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/57468825

この記事へのトラックバック一覧です: 瑞牆山~金峰山登山:

« 八重の桜「敗戦の責任」 | トップページ | 八重の桜「弟のかたき」 »