« 八重の桜「開戦!鳥羽伏見」 | トップページ | 瑞牆山~金峰山登山 »

2013年5月27日 (月)

八重の桜「敗戦の責任」

戊辰戦争がはじまり、次々と会津の人が退場していきます。

そして今回は八重の弟・三郎の戦死、神保修理の切腹。

先週あたりからの分かりやすい死亡フラグは大河ドラマの常ですが。やはり退場となると泣けますのであります。。゚(゚´Д`゚)゚。

一方で徳川慶喜によるまさかの江戸へのエスケープ!で幕府軍は戦いをやめざるを得ず、恭順するしかない選択肢をとらされます。しかし朝廷のために京都を守った会津藩は何故ここで賊軍にされなければならないのか、その誇りを守るべく、戦う方向になっていきます。

そして容保公の悩めるお姿が大変くるしゅうてなりませぬ。慶喜に大阪からの脱出を進言し、幕府軍の士気を大いに貶めてしまって敗戦とした責任を取らされた神保修理。有能な人物だったのに残念でございます。

さて、会津は戦闘態勢にはいっていきます。

白虎隊など数々の悲劇のはじまりですよ。それにしてもこのドラマ、会津戦争がクライマックスになっていくのね、と今更ながらに思ったのであります。

|

« 八重の桜「開戦!鳥羽伏見」 | トップページ | 瑞牆山~金峰山登山 »

コメント

>三郎退場
泣ける話なのはよくわかるんですが、初陣とはいえ鉄砲の家の子が的になってどうすると突っ込まざるをえない面があります

>江戸エスケープ
その行動の歴史的な是非はともかく「慶喜は上司にもちたくない」今回の大河で痛感しました。

>悩める容保公
すごくいいです。この黙ってつらそうな表情を浮かべてる会津中将、最高です。なまじ容保公を主人公にしてたら無駄な独白・吐露が多かったと思うのでこんな形の大河でよかったなあと思ってます。

投稿: らむね | 2013年7月 9日 (火) 02時02分

>との
たしかに表情で語る殿は
脇役の主役ですたい。

>けいきさん
なんとなく中の人がそのお父様と
ダブって見えたりはしませんか(笑)
リーダーとしても上司としても
21世紀では
良くも悪くも印象に強いですが。

投稿: rin2@nara | 2013年7月10日 (水) 22時12分

>ケーキさん中の人
飄々とした行動をする時の表情の演技はお父様を参考になされたんでしょうか(笑)
中の人、平資盛の時はそこまでイケメンに見えなかったんですが今回はイケメンかつ役としても似合ってます


>ケーキさん
やっぱりがっつりと志を持って仲間と駆け上がってきた少年漫画のような薩長の皆様とは違うんですよね。志がないってのは言いすぎですが、巻き込まれた感が強い人生ゆえの執着のなさを感じます。

投稿: らむね | 2013年7月11日 (木) 00時53分

>小泉Jr
二世タレントですが
結構イケメンでいい俳優になったなあと
いう好印象っす。

>ケーキさん
そういえばここも結構イケメン枠ですよね。

投稿: rin2@nara | 2013年7月16日 (火) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/57468652

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜「敗戦の責任」:

« 八重の桜「開戦!鳥羽伏見」 | トップページ | 瑞牆山~金峰山登山 »