« 早月尾根から剣岳登山 | トップページ | 八重の桜「妻のはったり」 »

2013年9月29日 (日)

八重の桜「西南戦争」「私たちの子ども」

二週分まとめて感想です。実は諸々の故障により、テレビの録画手段がいまのところないので、リアルタイムで見るしかないのでございます。よって日曜8時までに帰宅できない場合、土曜日の再放送しかなく、それも見逃せばネットで探すしかないという。。。HDD買おうかなあと思っております。

さて、西南戦争。西郷さんの決起です。不平士族の受け皿となった西郷さんは自分で彼らに最後の戦の場を与えるために戦争を起こしたのかもしれません。

会津の名誉を回復すべく、佐川官兵衛や山川浩に斎藤一は奮迅の戦いをします。しかし、十段に倒れた佐川です。武士らしく戦場で死ぬのいう望みが叶ったといいます。最後まで会津の体育会系を貫いてくれました。

佐川らの決死の活躍により、薩摩軍を破り、西郷さんは自決。
途中、山川とぱったり会い、何故会津を攻めたのか、問いただされます。それは旧勢力を滅ぼすことこそ、必要だったと語る西郷。維新は会津の犠牲の上に成り立ったのだと本心をぶつける山川。戦った二人が今度は逆の立場で向かい合う、時代の流れとはときに残酷なものです。

日本史上、最後の内乱を前後して大久保利通、木戸孝允も相次いで亡くなります。維新三傑と呼ばれた全員が亡くなってしまうのも不思議です。

一方、今回(も)主役から外された新島夫妻。同志社女学校も設立します。関東の人は知らんと思いますが、今も関西を代表する名門女子大です!

そこへ入学してきたのは八重も顔負けの男勝りなオネエチャンばっかりでした。
そのうちの一人薩摩出身のリツは戊辰の戦で父を失くしたたため会津を恨み、会津出身の八重の教えは受けたくないとダダをこねやがります。病気なのに八重の看病も受けません。ハンストです。
うっわ、ベタな展開。

余談ですが、アメリカで女性参政権の獲得に動いたアリス・ポールという人はハンストを行ったそうで、これがきっかけで女性参政権が認められたのでありんす。

国は違えど意思を通す手段はハンストですな。

まあそんなこんなですが、最初は悪かったと土下座までする八重ですが、ハンストにまで至る彼女に八重は言います。

「体を治さないと私に復讐できませんで!」

いやーこういふヒロインいいですね~。

(´∀`)

襄から八重も父と弟を失くしていることを聞き、ようやく八重の心を理解したのでありました。それにしてもリツ役の大後寿々花ちゃんは大きくなったですなあ。
松山ケンイチの相棒やってたときからいい役者になるでと思ったら。

まあそんなこんなで。
もうすぐ撮影終了らしいですね。

|

« 早月尾根から剣岳登山 | トップページ | 八重の桜「妻のはったり」 »

コメント

>「西南戦争」
維新三傑、自己管理が甘いですね。
そして政局シーンのバトンを受け取るべくこっそりちゃっかり伊藤閣下登場heart01この四年の大河で三回も出演て凄いですね四草さん

>ベタな展開
朝ドラちっくにありがちなドラマが展開中。
なんか「西南」回を除いてここ三回くらいOPに【脚本】てのが入ってきるんですよ。その影響かなと思ってます。

でもやはりハンストというと一昨年のGO!ですぜ。同じハンストなのにこの違いcrying本当に「おなごのいくさは生きること」って今年の大河のセリフにすればよかったのに・・・

投稿: らむね | 2013年10月 4日 (金) 02時21分

四草さんと草々さんのNHKでの
優遇っぷりはやはりちりとて効果が
まだ続いてる感じでしょうかw

脚本、どうしたんでしょうかね?
同志社編になってからよく見ます。

GO!のハンスト
ベタすぎて突っ込みつかれたことを
思い出しましたYO!
結構初期でしたっけ。

あれは今思えば役者はそんなに
悪くないのに脚本と演出が最悪でした。

投稿: rin2@nara | 2013年10月 6日 (日) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/58290108

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜「西南戦争」「私たちの子ども」:

« 早月尾根から剣岳登山 | トップページ | 八重の桜「妻のはったり」 »