« 小倉競馬場2と門司の旅 | トップページ | 八重の桜「西南戦争」「私たちの子ども」 »

2013年9月24日 (火)

早月尾根から剣岳登山

せっかくの天気のいい3連休と夏季休暇も残ってるしで行ってきました。一般登山道では最難関との呼び声高い剣岳。といっても北アルプスの大キレットとか北穂高~涸沢間のほうが危険度が高いそうですが。

剣岳の一般ルートは別山尾根という立山方面のルートがあるのですが、例年登山シーズンは混雑してて2時間待ちとかもありえるという話を聞いていたので、マイナーなほうの早月尾根から登ることにしました。そっちのほうが登山口にもいきやすいので。

なんでこっちがマイナーかというと、登山口から頂上まで標高差2200m以上、北アルプス三大急登とも言われることがある、かなりの体力勝負のルートなのです。別山尾根ルートはカニのタテバイ、ヨコバイという鎖場があるものの、比較的標高差や距離が短いので、そっちのほうが人が集まるのだとか。

基本、怖がりの私は鎖場より体力を選びます!

夜中の2時半に家を出て、うっかり高速を間違えて乗ったり、彦根付近で高速が復旧したのを知らずに下道を走ったりとモタモタしてしまい、登山口の馬場島に到着したのは9時半。着いてからも登山道が分からずうろうろして登り始めたのはなんと10時。泊まる予定の早月小屋まで6時間半とか書いてあったので、すでにこりゃやばいですねん。普通4時には着いとくもんですよねえ。

おなじみのこの石碑を登る前から体現しました。(苦笑)

Img_1996

とりあえず2200mの小屋まで標高差およそ1400m!のっけから樹林帯の急登。
ラピュタに出てきそうな杉の巨木などを見ながら登ります。出発時刻が遅いので結局登りの人には1人も会いませんでした。降りてきた人には何人か会って、小屋は一杯でテン場も一杯とのこと。あれ?こっちは人が少ないんじゃないんかいな。。。まあ3連休の初日だから、今日はマシなはず、と思いつつ。

Img_2001

200m毎にこんな標識があるので、目標にいいです。
ちなみにここで2時間くらい経過。うう、まだまだあるなあ。

さらにまた会った人に

「小屋は予約してるの?」って聞かれまして。

「いや、テントです。」というと、

「それなら大丈夫ね、小屋一杯よ。」

てなことで。どんだけ人多いねんってかんじですよ。南アルプスは人が少ないのをこういうときに実感しますねえ。この山域で小屋に泊まれんくらい人が多いのは7月の3連休くらいだそうです。

さて、へろへろしながら登ること4時間ちょい。

あれ?

着いちゃった。なんか思ってたより早く着いた。まだ3時にもなってないよっと。

Img_2003

それにしてもそんなに大きいほうでもないテン場はいっぱいだあ。手前で小屋のスタッフの人に会い、
「今日は昨日よりマシですよ。でも早くテントはってください。」
と言われ、場所を確保。

ここは登山道も小屋も水場がないのがつらいところ。こないだの南アルプスは水場があってよかったですたい・・・。しゃーないので2リッター800円の山料金で水を購入。ついでにビールも買ってしまう。
かーうめー!(´∀`)
山を肴に飲むビールは最高ですたい。

Img_2010

小屋から望む剣岳。つか、あそこまでどうやっていくのかドキドキですよ。

さて、ビール飲んで風景を堪能し、ご飯を食べたあとは寝るだけ。風がなく穏やかな夜でした。晴れてたので満点の星空でした。北斗七星とかカシオペヤがくっきりと見えます。山でしか見れませんなあ。が、寒い夜でした。9月下旬の山は真冬並み。吐く息が白かったです。

3時頃別のパーティーの準備の声で目が覚め、もうちょい寝るつもりが、ついでで起きる。
日の出が5時半くらいなので、それくらいに出発をと考えてましたが、もうしゃーなしで。調味油抜きのラーメンとコーヒーを朝食にし、5時前に出発。前方を行くパーティーの明かりを頼りにさせてもらい(というかヘッドランプ持ってないw)山頂へGO!

それにしても流石「岩と雪の殿堂」。

森林限界を超えた2600mあたりから、岩場と鎖場が登場。

Img_2033

ま、風もなく雨もないのでコンディションはよかったのが幸い。

Img_2080

こんなのとか。

Img_2042

楽なほうとはいえ、それでもなかなかハードですたい。

2時間半ほど登り、登頂!

で、

人 が 多 い

Img_2063

反対側からの人の多いこと多いこと。
写真撮るのも一苦労だす。。゚(゚´Д`゚)゚。
まあ槍ヶ岳、白馬岳、剣岳は登山する人ならとりあえず目指す山だそうで、しゃーないですよね。私もそのひとりだし。

Img_2047

人が立って3000m!

Img_2045

↑みんなが登るほう。

Img_2055

↑私が登ってきたほう。

Img_2079

岩ですなあ~。

Img_2061

ブロッケン現象!(写真真ん中あたり)

さて、30分ほど、どこのUSJやねんってくらいの登山客にまぎれて景色を堪能して下山。
意外と広い山頂ですが、身動きがつらいくらい人がいっぱい。
別に他人のメロンパンの写真なんか撮りたくないねん!(笑)

小屋に戻ってテントを回収し、11時前に馬場島まで下山開始。

・・・これがキツい。登りで4時間半ということは2時間くらいの見込みでしたが、剣山頂へのピストンのあと、多少軽くなったとはいえテントをかついであの急登をくだるのはかなりハードでした。膝ががくがくして、汗はだらだら。一歩一歩が重たいですたい。登るよりくだりのほうが体にきますなあ・・・。

結局3時間かかって下山。すでに足はパンパン。歩くのがとてもたいへんつらい。
・・・よく考えたら1週間前に競馬場マラソン走ってるから足が本調子ではないのでした。
忘れてました・・・。
最後の1kmがとてつもなく長く感じました。絶対1kmちゃうで!

Img_1997

そんなこんなで日本百名山34座目。

|

« 小倉競馬場2と門司の旅 | トップページ | 八重の桜「西南戦争」「私たちの子ども」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/58257025

この記事へのトラックバック一覧です: 早月尾根から剣岳登山:

« 小倉競馬場2と門司の旅 | トップページ | 八重の桜「西南戦争」「私たちの子ども」 »