« ドラえもんたちに会いに行く | トップページ | 先週の出来事まとめ »

2013年10月20日 (日)

八重の桜「襄と行く会津」

回想回に近かったですが、それでもうらとみねちゃんの母子の再会は泣けました。

。゚(゚´Д`゚)゚。

昔の会津の面影がほとんどなくなった故郷。

しかし角場の跡がかすかに残り、在りし日を思い出す八重たちでありました。

焼け野原になった会津を、いつかは元に戻る、という希望の言葉は震災復興へのメッセージにつながる、今年のいちばん言いたかったことかと思います。

ところで自由民権運動の演説会での板垣退助の襲撃事件、大河ドラマで見たのは初めてかもしれません。

また、久々に山川家の皆さんが登場し、留学していた捨松が帰国。
英語ばっかりしゃべるから、
日本語を忘れてしまったの?と聞かれてしまって、
もちろん覚えてるわよなんて英語でいっちゃう捨松さん。
忘れとるやんけ!(笑)
彼女は次週の主役となりますが、前髪クネ男こと、東大教授の健次郎も輩出した山川家こそ元祖、華麗なる一族ですねえ。

鹿鳴館時代は華やかですたい。

そういえばもう残り、あと2カ月を切りました。

ここまで振り返ると、会津藩の人々を描いた群像劇の体でしたなあ。

|

« ドラえもんたちに会いに行く | トップページ | 先週の出来事まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/58422741

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜「襄と行く会津」:

« ドラえもんたちに会いに行く | トップページ | 先週の出来事まとめ »